おわかれ 

May 17 [Tue], 2011, 22:45
彼と出会ったのは4年前。先輩の紹介だった。


見た目は ちょっといかつくて

みんなにヤンキーって呼ばれていたけど、


私にとっては、

大きくて包容力があって

力強さと穏やかさを兼ね備えた

もの静かで、頼れるジェントルだった。



そんな彼を 心から愛していたけど



おなかがすいたと言う彼を、無視して気絶寸前まで働かせるのは 日常茶飯事。

今まで2度ほど、ろっ骨あたりをボコボコにしたし、

顔もお尻も 傷だらけ


仕事で使った灯油をぶちまけてしまい、

匂いがとれなかった彼は

半年ぐらいずっと  


臭かった。







そんな ダグラスさん。



 (のワインレッド)


いざお別れとなると寂しいもので、

ダグラスとの思い出を反芻している今現在。


ちゃんとお別れしたかったけども、

洗車してあげる時間もなく、

いざお別れの場面も、ワタワタと過ぎてしまい、

なんだかあっけなく終わってしまった。


今は次の本命の彼がやって来るまでの「つなぎのオトコ」に乗っています。

打ち解けるには まだまだかかりそう。



とりあえず今は、本命の彼が私のもとにやってくるのを

ささやかな楽しみとして


私は生きているのです。








おとなげないおとな 

February 17 [Thu], 2011, 23:29
移動の車中でふと耳にした

森田さんのお天気コーナーでの、お天気クイズ。

それに正解して 大喜びの少年に対する、


「あてずっぽうでも、正解するとうれしいね…」


という森田さんのコメントに、 ゾッとした加藤です。


私の週明けは木曜なので、

休み明けの憂鬱な一日。

今週はなんか怒濤。

しかも半分はネガティブな仕事。


ちょっと(すごく)大変なお客さまの着工前の山場に、

いくら理不尽な要求をされてるからって、

設計も工事担当も、

すべて私に丸投げてくるのは、本当に勘弁してほしい。



どうでもいいけど、

昨日ボケっとテレビをみていたら、

「変な歌の流れる不動産屋」として

紹介されていた不動産屋さんが

かなりお世話になっている不動産屋さんで


それにも相当 

ゾッとした。







mac デビュー 

February 03 [Thu], 2011, 21:05
私がこのブログをほったらかしにしている間にも

世の中はどんどん変わっていて、

スマートフォンやら、ツイッターやら、KARAやら、渡部陽一やら…

文化や流行りもめまぐるしく変化している。


昔から何も変わってないのはこの私と、

政治家と相撲界ぐらいだと思う。


今日こうしてブログを更新しようと思ったのも、

壊れてしまった8年来のパソコンを買い替えて、それにあたってネットをやっと家に引いたから。


町田にきて4年。

意外にネットのない環境でも、携帯やら、いざとなったらネットカフェやらで事足りていたので、

めんどうがってインターネットの工事もしていなかったけど、

週5のルーティン以外の時間を、

何かクリエイティブな時間にしたかったので、

その可能性を広げるためにも、無精な私がネットを敷くに至ったのです。


昔よりは早く帰れるようにもなっていたし、なるべくこのブログも更新して行こうと思っています。

今は。


あとは、地味に最近やってる趣味のことで、ゆくゆくはちょっとしたネット商売をしてみようかとか…

目論んでいます。



どうでもいい近況報告としては、

最近のマイブームは 有吉弘行とスガシカオ。

近所の長浜ラーメンと、隣のファミマのおでんうどん。

人生で初めてのインフルエンザ体験。

そして、初めての振り込め詐欺体験。










現状 

September 09 [Wed], 2009, 0:54
家 つくってます。

かれこれ3年目。

バカな私には、この仕事の全貌は、まだ全く見えないのですが

私なりに、いわゆるやりがい的なものも、感じられる余裕も少し出てきたところです。


「営業」ではあるので、あくまで受注することが仕事で、

受注というのは、「うちのメーカーで建てるという約束を取り付ける」ということ。

その先の「どんな住まい心地の家にするか」という、顧客が一番重視している打ち合わせは、

仕事内容としては、単なる「作業」だったりする。

でも家が完成して施主が喜んでいるところを見れば、素直に喜びも分かち合えるから

「作業」であっても力も入れたいし、そこの部分こそやりがいを感じられるところではあったりする。

でも、受注が仕事。

施主に喜んでもらうための過程で得た知識とか、喜んで貰えた事実が、結果次の受注につながったりするので、関係なくはないけれど、

「やるべきこと」と「やりがい」が直接イコールにならないところは、

モチベーションの保ち方の難しい部分なようなきがする。



ありがたいことに、「いい商品」ではあるから、

求めている理想と合致さえすれば、

顧客に対しては自信をもって薦められる。


あとは、いいものだという事実をいかに薦めるか、というところと

家自体の知識だったり、土地・ローン・税金・保険などなどの引き出しを

いかに増やし続けて、アドバイザー的な信頼を得るか。

ってとこなんだろうなーと思いつつ、

がんばろーって思っています。



そんな現状。


不器用な私としては、仕事にいっぱいいっぱいでプライベートのこととか全く考えられなかったこの2年半だったけど、

ふと振り返ると、なんかちょっとまずい方向に流れ着いてしまっていることに気づいて、

どうしよっかなみたいな。



以上、久々の戯言でした。

魚釣 

October 21 [Tue], 2008, 2:32
「つれづれなるまゝに、
日くらし、硯にむかひて、心に移りゆくよしなし事を、
そこはかとなく書きつく」る余裕などなく、
一年半近くブログというものを放置していたものの、
時々こうして日々の思うことを文字に起こしてみたくなったりするので、
パソコンに向かってみたのですが、
いざとなると何を書いたらいいのかよくわからないものだなぁ

と今思っています。

こんにちは。押せないネクラ営業マン加藤です。


この一年半はといえば、
公私共にまぁいろいろあったのですが、
とかく社会とは厳しいものですね。

「周りの人の良さだけで続けていける仕事だ」
という先輩の名言通り、
ありがたいことに先輩方は本当にみんないい人で、
すごく楽しい環境なのですが、
仕事内容自体はかなりきつい。

といっても仕事なんてどの業種・職種も厳しいもんだとは思いますが、
労働時間の異常さだけに関して言えば、
どこにも負けない自信があります。

毎日帰りに寄るコンビニに12時半くらいに行った時、
店員に「今日は早いですね!!!」と本気で驚かれたのは、
いつも2時3時に行く羽目になっているからに他なりません。
ちなみに残業手当は実質ありません。

とは言ってもいいこともいっぱいあります。

面白い人がいっぱいいるし、
車も買ってくれるし、
家賃補助もでるし、
給料はたぶんそこそこいいんだと思うし、
家建ったらなんだかんだで嬉しいし。


平日休みでなかなか皆さんとはお会いできなくて寂しいですが
今期はワケあって頑張ると決めたので、頑張ります。


そんな私の最近のビッグニュースは、
その苗字から、勝手にねじりハチマキにゴム製の長靴を履いている男気あふれるおじさんに違いないと、
ここに越して以来ずっと想像を膨らましていた不思議な苗字の隣人の正体が
ふっつーの格好した心優しいおばちゃんだったことが判明したことです。

でも出身はきっと漁港沿いだと信じてやまない。
というか、そう信じたい。

報告 

May 02 [Wed], 2007, 9:59
研修を7時に終え、研修資料を持ちそのまま横浜から川越まで帰ってきたら、

腕が内出血していた加藤です。

配属先は、町田になりました。

とは言ってもエリアは神奈川営業本部で、

忙しさは半端ないと名高いエリアなのです。

モチベーションの低さでは誰にも負けない私としては

大変困った事態なのですが

まぁ捨て身で頑張ります。


ちなみに皆さん何連休だか知らないけど

私のGWは3日間のみです。

自分にご愁傷。

暢気生活最終日 

March 31 [Sat], 2007, 22:20
バイトのビンゴ大会でもらったタ○プロンと書いてある圧縮袋が

まさか活躍するときがこようとは夢にも思わなかったが、

研修合宿のための荷造りを何とかギリギリ済ませた次第であります。

グループの本社は宮崎なので

最初はとりあえず宮崎へ行くらしい。

入社式にあのお騒がせ県知事来ないかなと

淡くもどうでもいい期待を抱いていたけど

彼はインフルエンザでダウン中とのこと。

厄介な病気にかかってしまったものだ。

私はインフルエンザにかかったことはないけど、

インフルエンザ並びにそれに付随するアレのおかげで、

私も散々な思いをさせられた。

先生、あのときは本当に申し訳なかったです。


というわけでみんなより1日早く、明日社会人になります。

髪の毛も真っ黒のショートボブに一変させたので

心機一転、頑張りますよーだ。

卒業 

March 28 [Wed], 2007, 1:25
ジャニーズの登竜門的存在になりつつある某M大を

何とか無事卒業致しました。

こんばんは、5日間限定ニート中の加藤です。

地域行政学科という類まれな学科に所属しながらも

4年間で学んだことと言えば

「地方分権を進めたほうがいいらしい」ということのみで、

あとは課外学習の毎日だった気がする。

大学内での行動範囲はかなり狭かったが、

それなりに思い出もあり、

卒業式では、ジャンプを熟読する相方の傍らで

一人物思いに耽っていたりした。

あんなことやこんなことや。

恐らく相当不器用なんだと思う。

たくさんの人たちを広く愛するよりも

一つ一つのコミュニティを集中的に溺愛してしまう。

それが私の悪いクセなんだろうな。

まぁサークルやら何やらしてたら、大切なバイト仲間とも

あれだけ仲良しにはなれなかったわけだし。

それはそれで大きな利点はあるけども。

でもそんな私とも卒業したいと思う今日この頃。

あとは、卒業式の一週間前に袴レンタルの予約をするような

やること何でもギリギリな私ともお別れしたい。

とは言え、現に入社までにやる課題は手付かずだし

4月1日から1ヶ月間の研修合宿の準備もまだまだしてない。

まぁギリ子卒業は4月からということで。

とにかく卒業式でクラスのみんなと話せたこと、その他いろいろな場面で出会った友達とも会えたこと、

そして、わけあって崩壊しかけていたチームマイノリティの面々と笑顔で写真取れたことを

大変光栄に思う次第でございます。


これからあまり会えなくなるけど

寂しくなったら全員にテレビ電話かけるので

充電満タン、電源ON、ばっちりメイクで待っていなさい。





敢えてこの写真。全く交流なかったのにいかにも仲良さそうにしているクラスの人々の一部。
ちなみにこの中で私が仲良しなのは4人だけ。
そしていかにもギリギリで借りたような赤い袴姿の女が私。


加藤のドタバタ卒業劇 

February 01 [Thu], 2007, 23:25
前回までのあらすじ
10月初旬、某授業で毎回提出する参加レポートを友達に代筆させ、暢気に京都旅行へ行っていた加藤であったが、1月中頃、同授業で配られたプリントに「参加レポートを他の生徒に代筆させる行為は、試験における替玉受験と同等であり、不合格とする」との件が。慌てた加藤は、泣きそうになりながら、会って謝罪させて欲しいという旨のメールを教授に送ったのであった。
とは言え、意外にまともに育ってきてしまったため、「大人の謝り方」がわからない。「謝るときに持参する菓子折りには、バウムクーヘンが適している」とネットのQAサイトから情報を手に入れたが、果たしてバウムクーヘンを持っていくべきか否か。無印のバナナバウムはおいしいけど、持って行くとしたらやっぱり、ユーハイムあたりのが妥当なのだろうか。そして土下座はどのタイミングですべきか。と頭の中で謝罪シュミレーションをしながらアルバイトに励む加藤なのであった。



お菓子を持っていっては、やはりモノでつってるみたいでおかしい気もするし。

でも大人として謝罪するときは手ぶらでは行けないような。

意図的じゃなくても、せっぱつまりすぎて泣いちゃう気がするから、

それで土下座して謝り倒して、ある程度許してくれたらバウムクーヘン出せばいいんだろか。

そしたら一応モノで釣ったことにはならないし。

あぁでもない、こうでもないと、謝罪案を練ること3日間。ついに教授からの返信が。

「お気持ちは理解しましたので、会っていただく必要はありません。反省文を郵送してください。そうすれば不正ぶんを除くレポートは通常に評価します。」

とのこと。

ありがたや。バウムクーヘンも一緒に郵送しようかしら。

そうは言っても反省文の書き方もよくわからないので、ネットの力を少々拝借し、何とか反省文を郵送。

と卒業に一歩近づいた加藤だったが、喜びもつかの間、再び事件が襲い掛かる。


他の授業のテスト当日。そのテストは授業で配られるプリント持込可という楽勝科目。

しかし半分しか授業に出なかった上、その授業には誰も知り合いがいなかったため、

プリントが半分しかない。

その状態でテスト会場に行くと、

隣に座っていたいかにもいい人そうなおばちゃん(たぶん二部生)が私に話しかけてきた。

まだテスト開始まで20分はある。これはチャンスと思い、ダメもとで聞いてみる

「10分で絶対戻るので、プリントコピらせてもらっていいですか?」

すると、あっさり快諾。

10分あるとはいえ、そこは7階。

しかも2階のコピー機は混んでるから、最寄のコンビ二まで行かなければならない。

「ありがとうございます」と彼女のプリントを手に、エスカレーターを駆け下り、

少し離れたコンビニまで猛ダッシュ。

しかし、先客3組。

仕方がないので、そこから300メートルほど離れた別の校舎までまた走る。

階段を駆け上ると、運よくコピー機には誰もいない。

道行く学生たちの冷ややかな視線を感じながら、

一人息切れをしながら必死にコピー。

そしてまたダッシュで校舎に戻り、7階に到着。

彼女にお礼を言って着席し、息を整える。

しかし、一向に治まらない。しかもなんか気持ち悪い。

教授が受験の注意点を言っているが、全く頭に入らない。

そんな状態でテスト開始の合図が聞こえたので、解答用紙に名前を書こうとするが

シャーペンがうまく握れない。

つーか手が真っ白。

この感じはまさか…と気づいた時、すでに遅し。

徐々に目の前が暗くなり、

ついに気絶。



と言っても何とか意識は戻ってくれたので、テスト再開。

ぼけた頭では問題の意味も全く理解できないので、プリントの該当しそうな箇所をほぼ丸写しして何とか提出。

終了後、例のおばちゃんに改めてお礼を言うと、

「コピる必要ないぐらい簡単だったわね〜」と笑顔で言われる。

そうだったんですか。


そんなこんなで他のテストも終え、卒業通知を待つのみとあいなったわけですが。

もしどれか2つ落として救済措置の再試験になったら、

海外旅行から途中帰国しなければならないという最悪の事態に。

果たして加藤は卒業できるのだろうか。


とにかく悪いことはしちゃいけないと痛感した4年最後の冬なのでした。

酒は飲んだら飲まれるから飲むな 後編 

November 22 [Wed], 2006, 1:35
エクセルを開いた時に出てくる

ヘルプのイルカちゃんをドラッグして、

画面上で一人イルカショーをしていたのは私。

ネクラ部長加藤です。

こんばんは。


引き続きここで11月の私を振り返ってみようと思います。

    
1日 四万温泉旅行2日目。
   比較的小規模な温泉街のため、これ以上楽しめそうになかったので、
   宿を後にし、相方一押しの伊香保へ。
   到着後10分たらずで、相方の記憶は当てにならないと気づかされ、ノリで草津までドライブ。
   湯畑に純粋に感動。タダで入れる温泉があったので、どっぷり浸かる。
   隣にいたオバサンに、いきなり
   「あなたはぬるいお湯でちょうどかもしれないけど、私は熱いお湯じゃないとダメなの」
   とよくわからない見得を張られる。

2日 バイト。

3日 先生とあきちゃんと3人で飲む。
   池袋時代を懐かしみ、話に花を咲かせすぎて終電を逃す。
   姉の家に厄介になり、先日買ったというDSで脳年齢をはかったところ
   50歳とのこと。
   納得のいく結果。

4・5日 バイト。

6日 Kちゃんと相方ご対面会。
   先輩と4人で飲みに行く。
   議員で社長の息子の商社マンは、
   いつになくハイテンションでした。
   その後カラオケ大会で、先輩を暗黒時代へと誘う。

7日 卒論の中間発表のため、朝からパソコンへ向かうも、
   こうゆう時こそ余計なことをしたくなるものである。
   youtubeを見続けてしまい、
   さらに、セーターを手洗いし、
   炭酸ガスのバブでまったりバスタイム。
   最終的にどうでもよくなり、適当な形でレジュメ作成終了。

8日 卒論発表を終え、その後カフェバイトの送別会へ。
   当初、私の送別会だったはずなのに、
   この短期間で送別会の主役が3人に増えていたのは若干問題かと。
   しかも社員さん含め。
   まぁ楽しかったのでよし。

9日 2A番長の相澤様とサクシード畠山氏のツンデレ3人組で久々に飲み。
   当時は、ルーズをだらつかせてオプティフリー片手に教室中を徘徊していたのに
   今はすっかりキレーめ社会人になっていた畠だが、
   基本的には中身が変わってなくて安心。
   2Aは居心地がいい。

10日 クアアイナのアボカドバーガーのボリュームに苦戦しながらも完食。
    結果お腹をこわす。でもバイト。

11日 またバイト。厄介な業務終わる。お疲れ様でした。
    もう2度とやりたくない。   

12日 朝10時頃、マーライオンになる。

13日 丸山真男著「日本の思想」を暇つぶしに購入。
    脳年齢50歳、3ページ目で眠くなる。

14日 ヤフオクでスノボジャケットを落札(してもらう)。
    そしてバイト。

15日 K氏と、好きでもない山崎まさよしのライブにノリだけで行く。
    まともに知ってるone more time, one more chanceだけを聴きにいったのに
    歌ってくれなかった。
    ので、とりあえずキャーキャー言ってみた。
    さらにノリで、鳥肌実の公演にいく約束をする。

16日 バイトあがりの友達を待ち伏せするために、久々に代々木上陸。
    思い出の喫煙所で一服。様々な思い出が反芻される中、
    なぜか「おぃさん」のことも思い出す。

    その後、私のお誕生日会もといパーリィを開いていただく。
    K城さんの息子さん(中2)に1年ぶりに会ったら、
    結構大差で身長追い越されていたが、
    それより悔しいのは、何もしゃべらなかったくせに最後の最後での
    兄の一言「パーリィ」にMVPをもっていかれたことである。

17日 ディズニーシーにて360°回転するアレを克服。
    が、センターオブジアースにより魂を吸い取られる。
    タワーオブテラーに関しては前までは行ってみたものの、
    キャストに「40m落ちます」と笑顔で言われ、
「無理!!」とだけ吐いて退散。
    ブラックペッパー味のポップコーンは美味しい。

18日 スノボのウエアを買いに御茶ノ水へ。
    5件ほどで疲れきり、スタバに逃げ込む。
    ちゃんと誕生日に使わせていただきましたよ、あのカード。
    夕食は念願のchanko dining 若に行きたかったのに満席だったので、
    銀兎に行く。シャンディーガフで控えめに。無事マーライオン化せず。

19日 またバイト。

20日 再び御茶ノ水でウエア探し。
    かわいいパンツを見つけてしまったため、勢いで購入。
    手持ちがなかったため、未来の自分に払わせる。
    カードって素晴らしい。
    でバイト。



とは言え、そんなことよりネクラ部長としては、

就職先が突然倒産して、ニートに転身した副部長の動向が

そろそろ気になるところであります。
P R
2011年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ひとりごつ
I'm fed up with …
はぁ〜
☆コメンツありがとぅ☆
アイコン画像bluetree1116
» おわかれ (2013年01月20日)
アイコン画像加藤
» mac デビュー (2011年02月11日)
アイコン画像えり
» mac デビュー (2011年02月05日)
アイコン画像にもだよ
» 現状 (2009年09月11日)
アイコン画像とよ
» 現状 (2009年09月10日)
アイコン画像あんじゆ
» 現状 (2009年09月09日)
アイコン画像ピラ
» 現状 (2009年09月09日)
アイコン画像加藤
» 魚釣 (2008年11月26日)
アイコン画像めい
» 魚釣 (2008年10月23日)
アイコン画像さゆり
» 魚釣 (2008年10月22日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:aiko3
読者になる
Yapme!一覧
読者になる