「心」の関係 

April 15 [Tue], 2008, 19:53
2006年11月にテレビ放送された、

「TVチャンピオン【ダメ犬しつけ王選手権】」で優勝した

森田誠さんの話です。


しつけをがんばってもうまくいかないのは、

その方法が間違っているからです。

そんな生活から抜け出し、愛犬と夢見た生活のために、一歩踏み出してください。



おやつやオモチャを使ったしつけ方法では、

犬は「待ちたくないけれど、おやつがもらえるから待つ」というふうに

「我慢」をしている状態です。



それに比べて、私が行っているしつけ方法では、

犬に「人間に従うのがうれしい」

という気持ちが育っているので、

「我慢」ではなく、

飼い主の言うことをよろこんで聞いて、待っている状態なのです。



そのため、どんなに長い時間でも待っていることができるのです。



犬をしつけることを、「しつけをするとかわいそう」という人がいますが、

それは、しつけとは我慢をさせることだと思っているからではないでしょうか。



私がやっているしつけ方法は、

飼い主と愛犬との信頼関係を築くこと

目的としていますので、かわいそうということはありません。



それどころか、犬と人間が心と心でつながり、

犬が人間社会で豊かに暮らせるようになります。



犬と人間がともに幸せな生活をしていくために、

正しいしつけは必要なのです。

正しいしつけとは・・・?


P R
最新記事