なんとなく 

November 20 [Mon], 2006, 2:48
すこしでも会員のかたと仲良くなれたらなあとおもって先輩方のまねをしてみました。

日常からいろんなことまで私をしってもらえたらなあとおもって書いてみます。どうぞよろしくね!

namida 

May 30 [Tue], 2006, 4:39
なんでだろう

あなたの言葉は わたしの胸に突き刺さる

たわいない会話も しぐさも すべて

涙色にかわっていく


なんでだろう こんなに愛しいのに

あなたは手に入らない


わかっていることなのに namida 流れていく

幾度となく 経験したことでさえも

今はもう まぼろしにかわっていく


なんでだろう こんなに愛しいのに

君のことがみえないよ


明日があるのなら 早く過ぎてしまえばいいのに

しゃぼんのように あわいささやきだけ残して


なんでだろう こんなに愛しいのに

離れることが幸せとおもうなんて


namida かわくまで あわれなピエロ演じるだけ

あきらめられなくて。。。 

May 14 [Sun], 2006, 8:16
燃えるような恋も
もう忘れたけど

携帯をみながらそっとつぶやく

あんたなんか忘れてやる

そう自分にいいきかせ

むなしい気持ちと戦うんだ

もう恋なんてめんどくさいけど

思い出だけがよみがえってくる

やだやだ もう恋愛なんてしない

傷つくのも疲れたよ

求めるのも疲れたよ

くやしいから忘れてあげる

だけど あきらめられなくて

この気持ちどうやったらいいの?

求めるものはちがっても

ぬくもりだけは欲しいのかもしれない

矛盾している私の心

メモリー 

May 12 [Fri], 2006, 16:18
見つめ続けること

今の私にできること

心に雨が降ってる日にも

希望にみちた光がさしこむときも

わたしにはただ見つめていることしかできないけど

名もない花が咲くように

静かに 色を描いていく

そういう日がくるかもしれない

時が流れてく あざわらうかのように

それも必要な事

意味のないことなどない

きっと君にも必要な事

偶然があるとしたら

それも めぐりあわせられたこと

思い出になる前に

記憶に焼き付けたいよ

たとえ かなわない愛だとしても

見つめ続けることが

わたしのできることだから

描き出した 自分色のクレヨンで

心にきざみつけておくの

出会えたこと 見つめていくこと

自分色のメモリー・・・・

大切なもの 

May 11 [Thu], 2006, 19:42
あのころはまだ

愛の意味さえわからずに

ただそばにいたいと 願っていた

どうしてあの時君の手を

離してしまったのだろう

それが愛だと気づいたときには

遠く離れてしまっていたね

雲がながれていく あたりまえのように

心だけ残して この場所から

もう一度 愛を感じることができるのだろうか

すれちがった人ごみの中に

君の影を追い求める

もう一度 愛を感じられるのなら

二度と離れることを選ばない

君はもうここにはいないけど

あたらしく いとしさを求めていくよ

キャンドルの火のように ちいさなぬくもりでも

大切にできるとおもうから。。。。

ヒカリ 

May 09 [Tue], 2006, 21:23
つらかった日々も
今思えばあなたに会うためだったのかな

迷いながら さまよった 

泣きながらながめたあの風景も

心に焼き付いて離れないけど

消えてしまいたかったことさえも

今は記憶の片隅にあるだけ


そして出会ったね 何も思ってなかったけど

苦しみからにげていたあのころ

苦しかったわたしの君はヒカリ

つよさもなくて弱かったわたしの

癒しになったのは 君だった

求めるものはちがうけど

それでも 雲の隙間からさしこむ光のように

わたしの心は照らされた

いつもそばにいてくれた

いつもやさしく包んでくれた

いないと何でか 落ち込むけど

ヒカリ 雲がかくしても

きっと 照らしてくれる

進む道はちがっても

一瞬でも君はわたしのヒカリだった。。。。

場所 

May 07 [Sun], 2006, 11:22
こんな時間にどうしたの

君からの信号 心配だよ

ふりむかず遠ざかろうとしていた私の

手をつかんだのは君

だけどねえ 透明な なにかわからないものがあって

私の心を傷つける

忘れたくて 忘れられなくて

このままの気持ちせつないよ

あなたがいてくれたらそれだけでいい

そうおもうしか 私には方法がみつからない

記憶の中のきみは 私に笑いかける

だけど 君には だれかいるんだね

このままで このままでいられたらどれくらい

そばにいることができるんだろう

きこえる 

May 07 [Sun], 2006, 11:12
毎日が忙しすぎて
休む暇もないけど

ふりむいて気がついた

わたしは何を求めていたんだろう

手に入れたものは大事な 宝物

そしてわたしはゼロから始める

だけど ときどきいいしれない不安がおそう

口元からあふれてくる言葉

誰に聞こえるんだろう・・・・

きっと いつか。。。 

May 06 [Sat], 2006, 13:17
この空のように

この海のように

ひろくひろく もっと自由に

見つめることができたなら

もっともっと深く深く

秘密だけ もっておくの

癒し 

May 06 [Sat], 2006, 11:22
幻のなかに
癒しをみつける

時からにげて

つかまえたものは

水色のちいさなかけら

それは きっと

心のなかの

小さな涙。。。
2006年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:aikagi_00
読者になる
Yapme!一覧
読者になる