昼飯 

2006年01月13日(金) 11時59分
ちんちんの味がした

心機一転とはまた違うが 

2006年01月12日(木) 22時05分
とりあえず疲れた
いろいろ疲れた
今の状況は嫁の存在と、ネットの知り合い全てに支えられとると思う
ちょっとでも気が紛れることがしたい

話は変わるがブログ更新は一日最低一回と決めよう
溜めずに書いてちょっとでも発散させていこうと思う
そのために一回ブログのアド変更します
手続きは明日します
これからもこんな汚い落書き帳ではございますが暇があればまた覗いてやってください
そこで感じたこと思ったことはまたコメントしていただくとうれしく思います
よろしくお願いします

詩書けるスペース作ろうか 

2006年01月08日(日) 4時08分
今日星の雫を見ました
ゆっくりと滴りました
素敵な夢の余韻に浸るのはまだ早いかななんてね
こんなにも黒く染めあげたのに
地を這う気分も慣れたかな
そして僕は死にました
今日僕は死にました
黒い影に見守られながら
その影は星の雫を滴らせました

(無題) 

2006年01月06日(金) 1時24分
まさし君シルバーに髪を染めあげている最中です
チョケた顔プレゼント

(無題) 

2006年01月04日(水) 13時40分
お金っていいよね

(無題) 

2006年01月01日(日) 20時54分
細木数子の番組見てたやつ
日本の未来のとこ見てたやつ詳しい内容教えてくれろ

(無題) 

2006年01月01日(日) 1時08分
母親のほうに親父からメールきたらしい
まぁ一応落ち着いとるみたいやけど
新年早々だりぃな
心配してくれてありがとな真衣

親父3 

2005年12月31日(土) 22時08分
親父は俺に愛花は悪くない
別にお前が悪いとも言わん
ただ男なら責任もって面倒見て子供も大きくしろと言った
なんやおっさん
本気で離婚する気かと想った
親父は起きたら冷たい水を一杯くんできてくれと言いそれを飲み干すと急に一人で姫路に帰ると言い出したらしい
母親も俺も妹も好きにしたらいいと
母親はなんでやと問いかけると疲れたと答えたらしい
何に疲れたのかと聞くと全部に疲れた
まるでガキだ
俺のことでじいちゃんに言われたこと
親父も好きで俺に文句を言ってるわけじゃないのもわかっている
親父が考え込むほどにまで追いやったのは俺だ
母親の件から親父は母親のために今までの自分を捨てて母親のために変わろうとしていた
今までの親父では考えられないことだ
ただそれも楽ではないことはわかっている
余計に俺は罪悪感でいっぱいだ
親父は帰って一人で考え込んでるんだろうか
親父のこともっと考えてやらんとあかんな
何を言っても親父は親父ってこういうことなのかもな
この先どうなっちまうんだろう
俺は俺でやらなきゃいけね〜ことはもうわかってる
頑張らね〜とな
って言っても憂鬱感でいっぱいだわ
俺はもう考えられる頭あるんだし
大人相手でも話はできる
家族でもっかい話し合おう

親父2 

2005年12月31日(土) 21時59分
親父はいつもより量が少し多かったようだ
母親が運転して帰る途中から何か様子がおかしかった
母親方のばあちゃんちについても親父は車から降りなかった
俺と愛花はすぐに2階に上がりテレビを見ていた
晩飯の用意ができて下へ降りるとまだ父親の姿はなかった
食い終わった後親父が車の中で寝てると言うので母親が毛布を持っていこうとしたとき親父は家の中に入ってきた
親父はすぐに横になり眠りについた
俺と愛花は部屋へ戻りしばらくテレビを見ていた
トイレに降りようとした時妹の部屋に呼ばれた
妹は親父が姫路に帰るって言うとると言い出した
わけもわからず下に降りようとすると親父が部屋から出てきてそそくさと家を出て行った
母親が後ろを追いかけて行った
すぐに俺も後を追いかけた
どない言うとんと俺が親父につっかかるように言うと
疲れたで帰ると親父は言った
わざわざ正月の今から何を言い出すんだと思いながら親父と会話を続けた
最近母親と何回か離婚話をしていた
俺は愛花のこと、子供のこと、仕事のこと
いろいろ重なっていて全部に疲れたと言うのは本音なんだろうと想った
親父らしくない
酒も入ってるせいもあるだろう
ただその親父を見て俺は罪悪感でいっぱいになった

親父1 

2005年12月31日(土) 21時47分
昨日から母親方のばあちゃんちに帰ってきてる
親父方のじいちゃんちにPCがあると聞いて今日はそっちに俺と愛花だけ泊まるつもりだった
俺と愛花を送っていく車の中で親父はじいちゃんに電話をした
じいちゃんは結婚もしてない誰かもわからんやつは泊まらせんと昔の人間らしい堅い考えだった
家について俺の顔を見た瞬間にじいちゃんは何か言いたそうな顔をしていた
俺は平然とした顔で家に上がり込んだ
しばらく雑談をして晩飯はどうするのかと話になった時に親父が泊まらさんつもりなら別にええしと答えた
じいちゃんはその話だが〜親が責任もって話さんならんでと親父に言った
俺と愛花はじいちゃんちにあるカラオケを見に行き母親も途中まで一緒に居た
母親が親父の元に戻り話を聞いていたのを後で聞いたが内容は俺がいつも親父に言われてることだった
親父はそのことは俺に何度も話してるし俺自身もよくわかっとると答えたらしいがしつこく何度も同じことを言われ続けたらしい
俺はPC部屋に移動し大方3時間PCをしてから帰ることになった
家を出るまでじいちゃんは俺にしつこく言い続けた
俺は笑いながら聞き流していた
親父はそれを見て笑いながらわかっとるか〜?といい雰囲気で酔っていた
P R
2006年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像みゅらぁ
» 心機一転とはまた違うが (2006年01月18日)
アイコン画像エステル
» 心機一転とはまた違うが (2006年01月17日)
アイコン画像はるか
» 心機一転とはまた違うが (2006年01月14日)
アイコン画像マイ
» 心機一転とはまた違うが (2006年01月13日)
アイコン画像ほた
» 心機一転とはまた違うが (2006年01月13日)
アイコン画像吉野
» 詩書けるスペース作ろうか (2006年01月10日)
アイコン画像はるか
» (無題) (2006年01月07日)
アイコン画像ハナポン
» (無題) (2006年01月06日)
アイコン画像吉雄777
» (無題) (2006年01月05日)
アイコン画像はるか
» (無題) (2006年01月01日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:aika-gama
読者になる
Yapme!一覧
読者になる