平間とチェリーバルブ

August 27 [Sat], 2016, 12:47
株式投資には多様な手段がありますが、その手だての一つがスキャルピングです。スキャルピングは、株を購入してから売却するまでを、数秒から数十秒のかなりの短時間の間に決済してしまう投資方法です。スキャルピングのメリットといえるところは、株の保有期間をごくごく短く限定することで、株価が値下がりするリスクを最小限のものにすることができるということにあります。株式投資をする人の大半は買っている株をどのタイミングで売り抜けるかという点に苦悩するかもしれません。



けれども、天井付近で株式を売り抜けるのはだいぶ難しいことなので、「頭と尻尾はくれてやれ」の意気込みで売り抜けられればいいと考えられます。

自分は最近株を始めたばかりの初心者で、株投資ビギナー用の本を購入し、勉強中です。

参考になった本も多いのですが、「あれ?この本と書いてあることが違うきがするな?」と多少疑問をもってしまうような本もありましたが、良い箇所も悪い箇所も全て学んでいきたいです。どのくらい上下するのかを時系列に追って、確認するものとしてチャートを活用している投資家は少なくありません。例を挙げると、長く上髭がついている場合、株のローソク足はこれから、下降するのではないかと考えることができますし、ローソク足を分析することで、売買のタイミングを判断するのに役立ちます。皆そうじゃないかと思うのですが、私は株の投資を始めたころ、新米でチャートの見方が判然としませんでした。
依然として完璧にわかるというわけではないのですが、「たぶんこうだろう」という見方があり、それなりに参考にしています。それでも、今でもたまに誤ってしまう時もあります。

株取引に慣れていないのならあらかじめ確定申告のことを考えて、取引口座を必ず源泉徴収ありの特定口座としておくことをオススメいたします。手間のかかる確定申告の申告作業やわからないことを調べる時間をできるだけ減らして、かわりに、株式投資のための情報をかき集めることに労力を使うことができるからです。


株式投資をやる際には単元株式ではない、ミニ株式を買い入れる方法もあるのです。

単元株では、投資金額が高すぎて買うことができない株式を手に入れたい時には、ミニ株でいくらかずつ買い取ることによって、一度に大金を準備しなくても手に入れたい銘柄を購入できます。
株に投資をする際は、いくら値動きが大きく動くからといっても、出来高が少ない小型株式に資金を入れる事は推奨できません。理由を説明すると、普段から売買高の少ない株式は投資した株式が売却したい価格で売ることができないからです。
株投資をしているサラリーマンは職場で勤務している時は相場をチェックすることはできないので、基本、デイトレードのようなことはできないです。ですから、多くのサラリーマンの投資家たちは決算書を十分に読み、割安の株を探し出して、投資しているらしいです。


株式投資において時間が取れるということは必須な要素です。日本で一番大きい市場である東証が開いている時間は午前9時より午後3時までなので更に良い値段で株を売買するためにはこの時間に、時間を確保できることが望ましいのです。

この点で専業主婦の人は、新米であっても有利な立場で株への出資が可能だと言えるでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ショウ
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/aieiyllshlatsp/index1_0.rdf