太陽パネルがついた家

August 06 [Tue], 2013, 10:30
近年、太陽光発電を設置する家庭が増えてきています。その理由としては2012年7月に施行された再エネ法が大きく影響していると言われています。

この法律は再生可能エネルギーで発電された電力を電力会社が買い取るという制度です。魅力は固定価格での買取が決まっていることに加え、単価が高いという点にあります。

また、価格は10年間固定というのも魅力の一つです。

しかし、多くの業者が大型の太陽光発電システムを作り始めたことにより状況は変わってきました。今後、一般での太陽光発電が増加していくことで電気料金の値上げが起こってきます。

設置できる家と設置できない家での格差が広がっていくと考えられています。そのため、今のうちに設置を考えられる家庭が増えています。

再エネや補助金のように魅力的な点も多いので設置すること自体はメリットが大きくなっています。太陽光発電を考えられる際には今後の状況を理解した上で設置することが必要になります。

メリットの多い太陽光発電パネルを屋根に設置した新築の一戸建てもここにきて非常に多く建てられております。やはり、住宅購入後に電気料金が非常に抑えられるのが魅了でとっても人気があります。

停電等が起こった場合でも、役に立ちますし。

鬼頭不動産はこういった太陽光発電パネル付き住宅を多く販売している会社です。WEBサイト上から広告を見ることが出来たり、簡単なローンシュミレーションが出来たりと非常に便利です。

住宅を検討の方は参考にされると宜しいかと思います。