わかっては…いたけれど…@ 

2010年06月28日(月) 3時28分
授業中に…ボクは一度死んだ

それは

「教育相談」という教職課程の授業中のコトだ…


心理カウンセラーがどういうものか?

ということについて学んでいる最中…


ボクはかつて

6年間の…

長い…長い…

片思いをしていた

僕を救ってくれた大好きなヒト…

あの人だけがボクの

生きる希望だった


あの人の笑った顔が好き
声が好き
ちょっと寝癖のついた髪が好き
大きくて細い指の手が好き
匂いが好き
真剣に見つめるきれいな瞳が好き

ハニカンだ
悲しそうな
怒ってる
優しい

表情が好き

心が暖かくなって…
すごく安心する
思い出すだけで胸がドキドキする…

ボクはどんなに辛いことがあっても

あの人に会えばどんなことでも耐えられた

もぅ頑張らなくていいよ
一人じゃないよ
俺が一緒にいるよって

言ってくれた…

初めての人・・・ボクを必要としてくれた。

心から愛されてるって感じさせてくれた

ありのままを受け入れてくれた

ボクを理解してくれた…

たった…一人の人。


ボクはずっとストレスのせいで体調不良で

病院に通っていて

その人はボクの主治医の先生だ。

今考えてみれば鬱状態だったようだ。


先生は治すために心理的治療を行おうとした。

はじめの頃は全く他人を信用できずに

ずっと自分の殻に閉じこもっていたボクを

外の世界に連れ出してくれた

いろいろなことに触れた

色が溢れて音が鳴って

心から笑える日が来た…

あの人が見せてくれたんだ。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:saki
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1990年10月20日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:山梨県
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
読者になる
2010年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる