自分をみつめる。 

October 17 [Tue], 2017, 7:17
こんにちは〜あいです

自分を見つめるって、みんな得意なようで
実は全然できてないよね。
本当に、むずかしい。

そんな話を旦那ちゃんとしていました。

「僕は、こんな耳の形をしているんだって気付くのに、20年もかかったんだよ!」

耳占いのできる旦那ちゃんは言う。

耳だけじゃなく、手、足、後ろ姿、目の付き方、顔の形・・・
手相が当たるように、私たちの持つカラダは、私たちが何者であるかを示すヒントのかたまりなんです。
スピに走らなくても、物理的に、誰でも見えるかたちで存在している。

自分の声すらどのように聞こえているか知らないでしょ。
自分を知ることと並行して、
次は自分と社会を隔てる皮膚という境界線を意識してみる。
どのような影響を与えているのか
どのような影響を受け取っているのか

けれど、自分だけでいい。
他の人がどうこうとか、どーでもいいの。
究極の意味であなたに関係しないから。

自分という小さな宇宙を知るだけで、自然と他人の理解もできるようになる。

自分を知れば知るほど、ミラクルの塊だと気付く。
自分の受ける影響を見ていると、自分を越えた存在を確信せずにはいられなくなる。

それで、自然とひれ伏してしまう。降参。

結局はかみさま(というより宇宙人)の企図があって
生かされている超高性能ロボットなんじゃないか。
映画のマトリックスやアジャストメントにあるように
善き計らいに満ちた養殖場だよ、地球は〜!

というわけで、大丈夫なの。
ただ、生かされているから。

生かされているということは
どんなにダメダメでも、
ずっと期待し続けてくれる
大活躍を待ち望んでくれている、ということ。
大いなる存在は、いつもある

だから毎日、行動あるのみです!
今日も善い日になりますように

恥はかき捨て♪ 

October 16 [Mon], 2017, 7:17
飛ぶように過ぎた10月前半でした。
先日はお知らせを読んでくださってありがとうございましたヽ(^。^)ノ
そのつもりで、お誕生日で一旦おしまい、とさせて頂きます。



久しぶりに日本で大学に通っています。
するとね、なんだか、私この1年で変わったなぁと気付いたの。

以前は、特に外国人の同僚たちの
あまりの散らかし具合とか、
話し声の大きさとか、
彼らが繰り出す様々なカオスに
静かにムキー!とする
”日本人らしい日本人”だったのですが
それが、気にならなくなってね。

まぁまぁ、お元気なことで。
今日もゴキゲンでやってるのね〜ほっほ。

どうでもよくなった(笑)。

どこで身に付けたのかわからない。
もしかしてイスラエルかしら?
他人と自分の線引きをもっと明確にして
いろんなひとがいるもんだと認める
、というか。

他人と自分の線引きと言うと、
反対に聞こえるけれど、
きっと自我が減ったんです。

たくさん失敗して、たくさん恥をかいた気がする。
つまりそのぶん沢山行動した。
笑うしかない結果が出ることもわかりながらも、やり抜く。
そういうかっこわるい思いを何度もすると、
いろんな執着心が吹き飛ぶんです。

それで今になって思うのは、「恥をかいた気がする」程度。
それ以上にやりきった、という事実が記憶と記録に残っているのです。
いい感じに忘れっぽくてよかったよヽ(^。^)ノ
それなら、恥はかき捨て、でOKだし
これからは、数撃ちゃ当たる、の魂で生きていけそうな気がするの。
松下幸之助やスティーブジョブズ、大物たちは皆通って来た道。

これと同じ原理で、
思ったことをすとんと話すことが
以前より心地よくなってきた。

私、実はパーティって苦手なふりして(?)得意でね。
最近一層得意になったかも。
いつもお話する人を見つけはてニコニコと話せるのです。
去年の冬、エルサレムでドイツ人紳士が主催したパーティでは
ドイツ人やイスラエル人、パレスチナ人など
沢山の人とお話ししてお友達になった。
後に「あの日本人よかった!」とみんな言ってたよーと
ホストだった紳士は大喜びで伝えてくれた。
先日の研究会では、偉い人だからちょっと寂しそうにしていた
ドイツの政治家さんとすっかり打ち解けちゃったし。

日本でも、日本人より外国人の多い環境にいる私。
彼らとグループワークなんてしようもんなら
本当に意見も態度も方向性も様々でカオスなの。
例えば、国際機関で働いたらこれが日常なわけですよね。
この3年間で、私そういうのすっかりお手のものなの。
”あたりまえ”の概念が通用しない人たちが集まって、
ひとつのプロジェクトを仕上げること。

変な人なんて、いっぱいいるんです。

だから、私は私なりの常識で述べたことが
もしかしたら相手にとったら宇宙圏外のことかもしれない。
相手がどう受け取るかをコントロールするのは不可能だし
予知できるなんて、傲慢だとすら思う。

だから、素直に、すとんと話す。

たとえ「変なこと」を言って「変な人」だと思われても
翌日から無視されるわけでもない(笑)。
笑顔と挨拶があって「元気〜?」って聞いとけば、
誰も変な人だなんて思わないし、
うまくやっていけるのだ。

自分と相手の線引き、は
自分の分だけやることに徹底すること。
相手がどう受け止めるかは、
相手の問題なの。干渉しない。

自分の出すものが、全て完璧である必要もない。
ただ善意から、できる限りをアウトプットしていく。
それだけで十分がんばって生きてるの。

不要な他人の分まで抱え込みすぎないで。

お知らせ 

September 26 [Tue], 2017, 7:17
長らく続けてきたとっても私的なブログですが、来月の私のお誕生日でやめます!

理由は、大人になったから、かな。
大人になるまでの沢山の気付きと学びをシェアする場として
今までずっと何も考えず使ってきた場だけれど
そろそろ卒業だなって、今年に入って特に感じていました。

今まで生存確認に読んでくれてたお友達たち、ありがとう
そしてこのブログを通して私に興味をもってくれた新しいお友達たち、ありがとう

皆さまの今日そして前途がワクワクと充実したものでありますように!

働きすぎて明け方5時に就寝した私たち。
まだ眠い朝方に旦那ちゃんが優しく顔に沢山のキスをくれる。
彼の方に向き直って抱き付くと、気付いたの。
私の目覚ましが鳴っている!
すぐオフして一安心・・・。

そういうえばスナフキンも同じことをする。
休日なのに私が目覚ましをかけてると
彼が先に気付いて爆睡している私をキスで起こしてくれる。
私の男たちは、私に慌てて声を掛けたりつっついたりしない。
ただ、顔や髪にキスをくれて、さりげなく知らせてくれるのです。

なんか幸せだな。うん。
私のことを愛してくれる人が大好きだし
私も愛したいと思う。

ハグとキス 

September 20 [Wed], 2017, 7:17
旦那がドイツ出張の間、思っていたのは
無作為に、スナフキンのこと。
作為に、旦那にいかに優しくするか、ということ。
意識しないと続かない、そんな関係な気がしてきたので、
そもそも良妻ってどんな像だっけ?と考え直した。

こんなことを考えなきゃいけない関係って何?
と思いながら、他方では
あれこれ試してみたくてワクワクしている私。
こうやってだましだまし、続くといいな。

スナフキンの毎朝のいってきますのキスが恋しい。
8割がた寝ている私の唇にちゅっとしていく。下を向いてたら頬に。
半分起きていて気付く日もあれば、すっかり寝ていて気付かない日もある。
それでもキスして出掛けているんだろうなと思うと、ときめく。
その嬉しさで、お寝坊せずに素敵な一日を送れるの。

今回はお仕事がどうしても休めなくて、タクシーで空港まで送ってくれた。
出発までの1時間、するっと仕事を抜け出して、家に戻ってきてくれて。
ハグ。お互い何も言えなくて、ただずうっとハグ。
飽き足らず、何分も、何十分も、ハグ。
好きで好きで愛おしすぎて、別れがつらい。
外でも、迎えの車が目の前に停まる5秒前まで、ずぅっと。

こんなに幸せで切ないハグはもう一生ないのかも。
思い出すだけでハートがキリキリ痛む。

勝手な私は、怒りすら覚える。
どれだけ感情を込めてくれようと、苦しくてガチガチのハグしかできない旦那。
子どもがぬいぐるみを抱えるような、こちらがつんのめるハグなんです。
身長の関係もあるでしょう。
でも一方で、あのハグだけで10年幸せに生きていけるわ
という情緒深いハグがあって
もう一方で、私は愛玩動物か、というハグだとね。
ハグされている私の方が
「はいはい、よかったね〜、帰ってきましたよ。」
と宥めることになるんです(笑)。私が楽しむ隙がない。

スナフキンは恋人で、旦那は子ども。
決して全般に、とは言いませんが(がまん)
少なくともハグだけで、それが語れてしまう・・・。
つまり、「主人は不在」の状況、なのかもしれません。

好きの次元が違うから 

September 19 [Tue], 2017, 7:17
生理がきた。
とうとう天罰が下されるかと内心戦々恐々としていたけれど、
満月と同時に到来。なんと素直な身体なのでしょう。

今度こそ妊娠したと思った。
血をこの目で確認しても、信じられなくて
これは生理じゃなくて妊娠に関わる他の出血なんじゃないかと思った。
むしろそっちの印なんじゃないかと信じて、
頭の中真っ白で、汚したシーツを洗っていた。

スナフキンさまにも話してたの。「私たち、妊娠しないね?」って。
妊娠しない方がおかしいくらい。
「そりゃ、気を付けてるから」って、ちょっと悔しそうに言う彼。
彼の能力を疑っているわけじゃなくって・・・
(実際今まで妊娠させてるし)
「私が妊娠しにくい身体なのかもっ」
とフォローを入れとく。

日本に帰ってからの「諸事情」のゆえだと思うけれど、
いつもと全く違う生理だったから、一層恐ろしくてね。
久しぶりに登場、妊娠チェッカー。
その化学にNOと言われる。そっか、NOか。
神さまはいつも旦那の味方だ。

日本に帰って来て、スナフキンさまに恋い焦がれるような時はなかった。
旦那が200%甲斐甲斐しく愛してくれて暇がなかった。
旦那に数ヵ月ぶりに会うたび、彼のフェミニン度の高さにはびっくりするが
それもすぐ慣れる。そして彼の白くてツヤツヤなお肌を見て嬉しくなる。

そして「格」なんだよね。格が違うなって思う。
同じ土俵では比べられない、旦那とスナフキン。
アジアの端同士にあるふたつの国を渡るのと同時に
完全なるふたつの別世界を渡る。
それで光の権化のような旦那を選ぶ、というわけ。
なんでって、上だから。
それ以上の理由って、女性が男性を選ぶシーンでありえる?
残酷だけど。それに「好き」が比例しなくても「上」を選ぶものでしょう。

収入とか身長とか学歴とか、そういうものじゃなくて
視点とか心構えとか考えとか、もっというとスピリットの面で「上」の旦那。
正直に正直に言うと、好きなのはスナフキンだよ。
認めたくないし、切ないけれど、感情だもの。
理性が立ち入る隙がない、ありのままの気持ち。

前の記事でも言ったように、
私の中の神さまは旦那が好きで、
現世の私はスナフキンさまが好き。
私の中で巻き起こる激しい対立。

それでも、彼のセフレの子との疑似家族状態を筆頭に
家族になると辛そう、うん、そうかもね、スナフキン。
幸せな家族になれそうだから旦那といるの。
それ以外理由はない。だから早く子が欲しい。
現世の私は黙っていなさい、ということかな。
Google
WWW を検索 YOURSITE.CO.JP を検索
♥about あいぼん♥
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:あいぼん
読者になる
Ai am...
ハピハピ現実主義者!
自由に気ままに♪
のびのびと♪
日々を送っています:)

海外が好き☆
旅行が好き☆
ピュアなものが好き☆
エネルギッシュな人が好き☆
まっすぐな人が好き☆
出る杭系の人が好き☆
頭のいい人が好き☆
本物じゃなきゃやだ!


どなたでも
のびのびとコメントしてくださると
とーってもうれしいです!


yapme!はコメント欄で
交流のある方に限定しています♪

手相鑑定のご依頼はこちらから
※しばらく受付停止中
あいの手相日記
2017年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
♥過去記事♥
♥メールはこちらから♥

TITLE


MESSAGE

http://yaplog.jp/aibon-life/index1_0.rdf