プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:aibeekjsiztuzr
読者になる
2010年07月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
石油大手4社が原油流出事故再発に備え緊急対応チーム創設 / 2010年07月23日(金)
 英石油大手BPのメキシコ湾深海油田での原油流出事故を受けて、米エクソン・モービルなど世界の大手石油会社4社が、メキシコ湾で同様の事故が再発した場合に備えて、緊急対応チームを創設することが明らかになった。23日に発表される見込み。

 参加するのはエクソンのほか、米シェブロン、英蘭系ロイヤル・ダッチシェル、米コノコフィリップス。4社は合弁で非営利のマリーン・ウェル・コンテインメント社を設立して、原油回収船数隻、海中回収装置などを装備したチームを編成する。水深3000メートルの海底で噴出する原油を、最高10万バレル回収し封じ込めることを目指す。

 参加各社は、初期投資として総額10億ドル(約870億円)を拠出する。チームの立ち上げや長期にわたり即応体制を維持するために、数十億ドルはかかるとみられている。体制づくりは、今後1年半以内に完了する見込み。

 メキシコ湾での原油の流出阻止・回収作業を続けているBPは同チームへの参加を要請されなかったが、新会社の設立を主導しているエクソンのティラーソン最高経営責任者(CEO)は「BPをわずらわせたくない」と述べ、現在行っている作業に集中するよう要望した。BPは、この緊急対応チームを利用できるとみられる。

 緊急対応チーム編成の責任者を努めるエクソン・モービル・デベロップメント社のサラ・オートウェン副社長は、原油流出事故が発生すれば24時間以内に動員が掛けられ、数週間以内にフル作業に入れるようにすると述べた。

 同チームの創設は、政府や一般国民から高まっている石油業界への非難を鎮めるための試みだ。

 大手石油会社の首脳は6月に議会の公聴会で、大規模な原油流出対策が出来ていないと批判を浴びた。また業界の強い反発にもかかわらず、今月12日には、米政府が深海の新規油田掘削を凍結する措置を発表した。

【7月22日10時58分配信 ウォール・ストリート・ジャーナル
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100722-00000015-wsj-int
 
   
Posted at 01:36/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!