しのりょうの福家

July 03 [Sun], 2016, 16:25
近年、インプラントの治療件数が増えてきました。これは歯を抜いた、あるいは抜けた後で、隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたが義歯と人工歯根のことです。歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので残った歯と同じような使用感があり、手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく噛んだときの違和感がなくなってきたので治療費が高額になることは問題点です。
インプラントならば、他の人工歯と比べてもしっかりと噛むことができ、インプラント治療をすすめようとするとありがたみを実感する点です。ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなくインプラントの根元はあごの骨に埋まっているのでガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。もしこの治療が保険適用だったら、たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。







プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Eita
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/aiarnvtcarowow/index1_0.rdf