蕗谷虹児記念館「乙女たちの夢とあこがれ 蕗谷虹児・中原淳一・松本かつぢ展」

June 13 [Tue], 2017, 20:53
新潟県新発田市 蕗谷虹児記念館で開催中の「乙女たちの夢とあこがれ 蕗谷虹児・中原淳一・松本かつぢ展」へ行ってきました。
普段は新発田市出身の蕗谷虹児の作品および功績を紹介するこちらの記念館。
本展は、新発田市市制70周年事業のひとつとして企画されたものです。
蕗谷虹児・中原淳一・松本かつぢの3人展は意外にも史上初とのこと。
昭和の少女文化を牽引した3人の作品を、こーんな地方都市で(!)一同に観ることができます。

中原淳一の展示について
『少女の友』『ひまわり』『それいゆ』、そしてその繊細な付録の数々と表紙原画を中心とした展示。
中原淳一を語る上で欠かせないベーシックな作品群ではありますが、やはり何度見ても素敵です。
東京・日本橋での生誕100周年記念の中原淳一展を「まあ、懐かしいわあ」と鑑賞した都会的なおばあちゃま達に対し、
新潟県北の農作業に勤しんだおばあちゃま達は「まあ、憧れの!」という感激の仕方をするのかしら。
会場ではおばあちゃま世代の方とは出会えなかったので、勝手な想像です。
せっかくのまたとない機会なのだから、その層への広報をもっとしてくれたらいいのになー、と思いつつ。
初公開の蕗谷虹児への書簡は、病床に伏した淳一の元へ虹児がお見舞いに訪れたお礼をするもの。
自らの作風に虹児の影響が色濃くあることを改めて伝える内容となっています。

松本かつぢの展示について
「くるくるクルミちゃん」のアニメーション制作プロジェクトでも話題の松本かつぢ。
かの有名なコンビ社のベビー食器の実物や、アニメーションの不思議の国のアリスの原画(メアリー・ブレアのようなパステルカラーの世界観がとっても可愛らしい!)、ロマンチックな少女雑誌の挿絵など、商業作家としてのかつぢの作風の幅広さに触れることができます。
蕗谷虹児の妻・龍子は松本かつぢの妹であり、その馴れ初めや家族写真等が虹児との繋がりとして展示されていました。
なお、クルミちゃんパネルは写真撮影可です、とお声がけ頂いたので息子と記念に収まるなどしました。

蕗谷虹児の作品について
常設している虹児の主だった作品群は、記念館入ってすぐの小部屋や階段を登ったさきの2階に展示されています。
入場してすぐのところで迎えてくれる「花嫁人形」の美しさはやはり一線を画すもの。この存在感が記念館そのものを牽引しています。
少年期の作品や、東映動画のアニメーション「酒呑童子」、魯迅や三島由紀夫らとの交流も紹介されています。
中原淳一・松本かつぢの作品と対比すると、蕗谷虹児はやはり日本画の人だなあと。
流線の美しさ、そして流し目。
デザイナーとしても大変優秀です。詩集『花嫁人形』の復刻版、やはり買えばよかった…。
アールヌーヴォー的なモノクロームの作品も素敵ですし、「虹児」のサインがいちいち凝っているのでそこも見どころです。

新発田市と蕗谷虹児
さて、そもそもこのブログ記事を執筆したのは、わざわざ観に行きたい、とおっしゃる新潟県外の方がいらっしゃったから。
史上初の3人展!偉大な3人の作品がたくさん観られる!と思って勇んでやってくると、少し拍子抜けしてしまうかもしれません。
あくまで美術館ではなく、記念館なので。そのこじんまりとした雰囲気を味わっていただきたく存じます。
とはいえ、記念館そのものも可愛らしく建築物として見応えがあります。
外観はすこし暗い印象ですが、中に入るとまるで教会のような静謐なうつくしさ。
ここでコンサート等も開かれているようなので、ぜひ聴いてみたいです。
記念館以外では、新発田市内を走る蕗谷虹児のラッピングバスがあります。
また、月岡温泉ホテル摩周では蕗谷虹児デザインの浴衣を借りることができ、こちらは企画展で展示もされていました。

それにしても、ある日消えて無くなった蕗谷虹児記念館の公式ホームページはもう復活しないのかしら…。
展示の情報だけでなく、作品も観ることができる立派なものだったのだけれど。
このような事情でなかなか情報が得にくい企画展ではありますが、乙女の皆様にも、そうでない皆様にもぜひご覧になってもらいたいものです。

2015年の女の子といっしょに見てきたもの*茜

January 10 [Sun], 2016, 21:27
生活の拠点をカントリー・サイドに移したものの、レンタルビデオショップ、本屋さん、そして愛するインターネットがあれば文化に触れることはできるのだと知った2015年。アーバンギャルドのライヴには行けなかったし、リアルタイムで試聴できたアニメはプリンセスプリキュアくらいのものだったけれど、そのぶんマイペースに趣味として少女文化研究を進めることができたように思います。生活も落ち着いてきたし、来年は趣味としてだけでなくアウトプットする少女論クラスタに返り咲きたいところ。藍色茜色もゆっくり再始動です。
ということで、2015年を三大現代少女文化(なーんだ?)で振り返ります。わたしとあなたの覚書。

***

・プリンセスプリキュア

通称ひめぷりちゃん。第一話試聴時に感じた「これはすごいプリキュアが始まったぞ・・・!」というドキドキ感が最終局面を迎えたここまで薄れないのは本当にすごいと思います。派手さと淑やかさを兼ねそろえたキャラクターデザイン、かっこよくもあり麗しさもある戦闘シーン、ドキッとさせる演出・・・賞賛すべき点はたくさんあるのですが、なによりもまずストーリーがいい。力を合わせて悪を倒すこと、これまでのプリキュアたち同様ひめぷりちゃんたちももちろんそれを望むけれど、でも、それだけじゃない。それのみを目的とせず、彼女たちは自分のかなえたい夢を、自分の信念でもってかなえようとしている。その心理描写の丁寧なこと!「少女に寄り添う」とはまさにこのような脚本のことを言うのだわ、と思い知らされます。それでいて、みんな大好き「少女革命ウテナ」を思わせるような、ヘヴィーなシーンもしっかり用意されている。序盤ではありますが、闇のプリンセス・トワイライトと主人公・キュアフローラの戦いは必見です。(捨て回ないんだけどね・・・)
ちなみに2016年は「魔法つかいプリキュア」がはじまります。手と手を繋ぐ少女鏡像プリキュア、期待しています。

・プリパラ
2015年はわたしが遂にプリパラおばさんになっ(てしまっ)た年ともいえましょう。なんとなく試聴を始めたのがまさかの囲碁パンダ回だったこともあり、最初はジュエルペットサンシャインみたいなへんてこ女児アニメだなーという印象だったのですが、ファルル復活の流れでまんまと感情を揺さぶられ、気づいたら毎週の楽しみになっていました。にぎやかでおバカなアイドルちゃんたち、それぞれに癖があるけれど、みんな純粋でカラフルでほんとうにかわいらしい。スタートから追うことができた2期は、悪魔系アイドル・あろまちゃんと天使系アイドル・みかんちゃんのユニット、その名も「アロマゲドン」の存在が大きく、少女鏡像考および少女双像考も大いに示唆を受けました。また、まさにいま渦中のひびき様。ひびき王子様とふわりお姫様のペアかと思っていたら男装の麗人オチで、「突然の百合」の可能性についても考えさせられました。ふわりちゃん、気を確かにね。
オリジナルコーデをつくれる3DSを経て、最近ついに筺体デビューも果たしてしまい、歯止めが利かなくなりそうで恐ろしい。音ゲー出身の身としては、コ○ミがしっかり仕事をしてくれてたらここで女児ゲーに嵌らなくて済んだものを…と思わざるを得ません。

・アイカツ
そう、2015年はわたしが遂にアイカツおばさんになっ(てしまっ)た年でもあるのです。アイカツとプリパラの違いも分からずに両作品同時に録画を始め、プリパラのたたみかけるような物語展開にのめりこんだ一方、ゆるふわ一話完結なアイカツはそこまで一生懸命視聴できませんでした。ところが、アイカツ世界を理解すればするほど気づくことができる小ネタの数々を発見できるようになると、どんどんおもしろくなる。ちらっと登場する先輩アイドル達のことをすこし調べただけで、そのバックグラウンドをもっともっと知りたくなる。プリパラはユニットの縛りが強固で、少女同士のきずなもその分強く、だからこそメンバーチェンジの都度ドラマがおこるのですが、アイカツの少女たちの関係性はふわふわと移り変わります。とはいえ、本編で掘り下げられなくても、キャラクターそれぞれに物語はあり、視聴者もそれを分かっている。そこを補完する楽しみがあるな、と思って、まだまだ初心者ながらトップアイドルロードをまい進中です。
好きなキャラクターは不憫系金色の異端児、服部ユウちゃん。北海道出身のなまらめんこいののリサも完璧な少女鏡像です。1期からすべて見るのは辛いだろうけれど、あかりちゃんがいちごちゃんの模倣を脱却するあたりは見たいなあ。

***

2016年の予定としては、まず上記3作品を見続けることと、古典として「プリンセスチュチュ」「明日のナージャ」を全部見終わるつもりです。
新年早々自己満足な記事でしたが、2016年の女の子ともども、今年もよろしくおねがいします。

少女鏡像論

October 30 [Fri], 2015, 11:33
女の子のこころのなかの、小さな小さな、でも美しく鋭い、鏡についてのおはなし。

女の子はみんな、こころのなかに小さな鏡を持っている。

わたしはあの子を見ている、あの子はわたしを見ている。
わたしがあの子を思うように、あの子はわたしを思う。
どんなふうに?どのように?わたしはどんなわたしなの?
わたしはわたしを見つめることができないから、わたしはあの子を通じてわたしを見つめる。
そう、鏡に映すように。

鏡を覗き込んで、わたしはわたしを想像する。
わたしはこんなわたし。わたしはわたし。誰のものでもないわたし。
わたしはわたしを想像して、わたしはわたしを創造する。
そうして、わたしはわたしになる。
だけど、鏡は問いかける。
わたしは"あの子に比べて"どんなわたしなの?
ーーわたしはあんなわたしになりたい、そう、あの子みたいに。
ーーわたしはあんなわたしになりたい、そう、あの子と違って。

わたしとあの子のこころのなかの鏡に映るわたしとあの子。
その鏡は、わたしをただひとりのわたしにもするし、わたしをあの子に対してのわたしと位置づけもする。
鏡は像を映してくれるだけで、わたしの思考にまでは作用しない。
だから、意地悪。
わたしはあの子に、あの子を通じたわたしに、囚われてしまうから。

少女鏡像は、こころのなかの鏡に映し、映される女の子の像のこと。
女の子が自己を形成するにあたっての一番の武器であり障害。

鏡像はわたし自身のありかたに反映される。
わたしはあの子に対してのわたしになろう、そう、あの子とは違ってーー
それが、少女反像(リバーシブル・ガーリィ)。
わたしはあの子に対してのわたしになろう、そう、あの子みたいにーー
それが、少女双像(シンメトリィ・ガーリィ)。

少女反像と少女鏡像については、具体例をみながらお話しましょう。

「大正ロマン昭和モダン展」記念講演会まとめA

May 30 [Sat], 2015, 22:46
みなさまごきげんよう。
間が空いてしまいましたが、弥生美術館学芸員・内田静枝先生の「大正ロマン昭和モダン展」記念講演「大正〜昭和初期の少女雑誌の世界――淳一、かつぢ、村岡花子など」のレポート第二回です。
第一回はこちら

イントロダクションののち、「大正〜昭和初期の少女雑誌の世界」ということで、明治時代後期に発刊された『少女界』に始まる少女雑誌の歴史や、人気を博した雑誌の特徴、構成内容や活躍した画家たちについてお話しいただきました。
「人気のあった雑誌4選」として挙げられていたのは、おなじみですが

『少女倶楽部』(大日本雄弁会講談社)
『少女画報』(東京社→新泉社)
『少女の友』(実業之日本社)
『令女界』(宝文社)

たとえば『倶楽部』は小学校高学年から女学校低学年を読み手に想定した教育的で真面目な雰囲気で、『画報』は編集方針が揺れ動きがちではあるけれど昭和5~6年はハイセンス。
『令女界』は女学校高学年から結婚前の女性向けで、恋愛に関しての記事も見られます。
『友』については…言わずもがな、という感じ。やはり内田先生の思い入れの強さは他の雑誌とは一線を画すようでしたね。
なお、少女雑誌史については今田絵里香『「少女」の社会史』にも詳しいので、ご興味のある方はぜひ一度お読みくださいね。

次に、雑誌の構成について。
表紙/口絵/写真グラビア/少女詩/小説/まんが/実用記事/読者投稿欄/ふろく――と、順に写真資料を交えてご説明いただきました。

今でこそ雑誌はフルカラーですが、当時はカラーページなんてほんのわずか。
その希少で美麗な口絵を切り抜いてとっておいていたおばあちゃま方が多々いらっしゃるそうです。
「わたしにもしものことがあったらきっと捨てられてしまうから…」と弥生美術館で寄贈を受けることもあり、NHK朝の連続テレビ小説「おひさま」の小道具として使われたのもそのコレクションの一部だとか。
井上真央ちゃん演じる主人公・陽子の支えになるものとしてお部屋に飾られた淳一グッズは、そんな背景があったのですね。
また、明治41年の『少女の友』のはじめてのグラビア写真は、柳原白蓮の姪御さんであったことが最近わかったそうです。
「花子とアン」でいうと、蓮さまをいじめていたお兄さんの娘さん、ということになります。


ふろくについては、『「少女の友」中原淳一昭和の付録お宝セット』の復刻版実物を提示しながらのお話。
いまは雑誌の付録というと、バッグ、文房具、化粧品等々なんでもあり状態ですが、当時は紙しか使えないという出版上の規制がありました。
そこで『少女倶楽部』は、ふろくのサイズをどんどん大きくすることで他誌に対抗。
背丈ほどもある紙でできた羽子板…なんてものもあったそうです。
そんななか、我らが淳一先生の『少女の友』は、少女には少女らしい実用的で美しいものを、と紙での表現を追求。
その思想から、細かく形が切り取られたカードや、バースデイ・ブック、啄木かるた等々の伝説的なふろくたちが生まれたのでした。


企画展で展示もされていた、『少女の友』昭和14年1月号のふろく「ランド・ゲーム」は、日中戦争のさなかの発行で軍部からの圧力も高まる中、世界各国の文化を覚える遊びとしてつくられたものです。
一見軍国少女教育的なふろくではありますが、淳一は世界の言葉の文例として「友情」を選びます。
それは、戦時中であっても少女同士はいがみ合うことなく友情を育んでくれたら、という淳一の願いが込められたもの。
内田先生は「雑誌としての意地」とおっしゃいました。

続いて、少女雑誌で活躍した画家たちとして、竹久夢二、高畠華宵、蕗谷虹児、加藤まさを、中原淳一、松本かつぢが数々の作品とともに紹介されました。
中原淳一の代表作としてスライドに映しだされたのは、「セルのころ」。
わたしも(アイコンにするほど)大好きな作品なので、内田先生もそのようにおっしゃっていてうれしく思いました。
敬愛してやまない内田先生ですが、あの場でお話を聞けて、当たり前なのだけれどわたしとおなじ淳一ファンなんだ!と親近感を覚えてしまいました。
まだまとめは続きますが、今回の講演で、引き続き内田先生のご活躍をしっかりと、しつこく!追わせていただこうと思いました。
お姉さま、おふるいあそばせ。


次回は松本かつぢや信子先生、康成先生、花子先生のお話です。

「大正ロマン昭和モダン展」記念講演会まとめ@

May 17 [Sun], 2015, 23:04
平成27年5月10日、新潟県立歴史博物館「大正ロマン昭和モダン展」の記念講演会で、弥生美術館学芸員の内田静枝先生のお話を聴いてきました。
せっかくの貴重なお話でしたので、ここでご紹介させていただきます。

※関係者の皆様、もしも問題がありましたらご連絡下さいませ。早急に対処いたします。



***

講演会の題目は、展覧会の内容にあわせ「大正〜昭和初期の少女雑誌の世界――淳一、かつぢ、村岡花子など」というもの。
配布されたレジュメに沿ってお話しいただきましたので、ここでもその形式をとりましょう。

まずイントロダクションとして、内田先生が弥生美術館の学芸員になり、なぜ昭和初期の少女雑誌に魅かれたのか。
1998年に仕事として参加した『少女の友』・内山主筆を語る会において、当時の読者であったおばあちゃま方(※1)が生き生きと当時のことをおしゃべりしていて、数十年経過した今なおそれほどのパワーを持つ少女雑誌に興味を持ったそうです。
翌年99年には弥生美術館で『少女の友』展を開催。『少女の友』の復刊署名運動も展開し、なんと紙の量が10cmほどにもなる名簿を集めましたが、版元である実業之日本社では残念ながら門前払いだったとのこと。
しかしながら、10年後の2009年には創刊100周年記念号として無事に発刊し、大反響を受けることとなります。
NHKで10分の特集番組が放送され、弥生美術館では再び『少女の友』展を開催。併せて100年目の友ちゃん会(※2)も開かれました。

ここでは実際にそれぞれの会の写真をスライドで見ることができました。
内田先生がおっしゃるように、当時の読者であったおばあちゃま方は本当に楽しそうで、どの写真でもみなさんはじけるような笑顔でした。
「少女の友の歌」を歌う写真なんてもう、一生懸命に「あの頃」へ向かって歌いかけている様子が伝わってきて、わたしまで胸がいっぱいになりました。

読者のおばあちゃま方が集う会の熱量についてはさまざまな資料で伝えられていますが、実際にお写真を拝見できてようやく実感できたところがありました。
みなさま、良い意味でほんとうに普通のおばあちゃんなのだもの。
でも、わたしたちの先輩。同じ文化をいとしく思える、少女の大先輩たちです。

***

予定以上に詳細に書き記してしまいました…。続きはまた後日にさせていただきますね。引き続き気長にお待ちいただけたら幸いです。


※1 内田先生が「おばあちゃま方」と可愛らしく呼んでおられたのです。わたしもまねっこして使っていきたい言葉。

※2 『少女の友』の読者投稿欄は「友ちゃんクラブ」という名前でした。そこによく掲載される、いわば常連さんたちが実際に集う会が「友ちゃん会」。読者の少女たちによって自主的に企画運営されていました。詳しくは、内田先生の御本や100周年記念号をお読みくださいね。藍色茜色でもいいよ。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:あいあか
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる
藍です。茜です。
なかよしのふたりによる少女的活動「藍色茜色」のブログです。

カテゴリアーカイブ
最新コメント
アイコン画像(3)
» もしもわたしの薔薇が咲いたら(仮) (2012年09月30日)
アイコン画像(2)
» もしもわたしの薔薇が咲いたら(仮) (2012年09月30日)
アイコン画像茜(1)
» もしもわたしの薔薇が咲いたら(仮) (2012年09月30日)
アイコン画像
» いつも答えは鏡の中の女の子の中に (2012年08月06日)
アイコン画像
» いつも答えは鏡の中の女の子の中に (2012年07月13日)
アイコン画像
» いつも答えは鏡の中の女の子の中に (2012年07月12日)
アイコン画像あいあか
» いつも答えは鏡の中の女の子の中に (2012年06月12日)
アイコン画像
» いつも答えは鏡の中の女の子の中に (2012年06月11日)
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

http://yaplog.jp/aiaka/index1_0.rdf