スペイン旅行・バルセロナ(最終編)
2017.04.28 [Fri] 12:54

ガウディと海のバルセロナ。
シティツアーバスのおかげで、バルセロナをぐるっとまわれました。
とても明るくて、アートで、キレイでおしゃれで、見所たくさん。
いっそここに住みたいと思いました!


バルセロナのホテル「Grupotel Gravina」に到着して部屋に入ると、こんなステキなメッセージカードとお菓子が!



そして、CAVAが!!
きっと、H.I.Sの担当者さんが、新婚旅行な旨を事前に知らせてくれたのだと思います。
本当に感謝!!
ありがたくいただきました!



内装、かわいい。



バスローブも!



夜ゴハンは、スペイン通のじゅんちゃんに教えてもらったレストラン「La Flauta」。
指差しであれとかこれとかオーダーしたもの、ぜーんぶおいしかった!!



近くにいたスペイン人男性が、「僕、少し日本語を習ってるんだ」と言って、いろいろ話して、おいしいものを教えてくれました。
こんな出会いが楽しい!





この、小さなそら豆、すごくおいしかったんだけど、日本では見かけたことないな〜



えび、おいしいー!



ここから食材を選んでグリルしてもらったり。



「ウナ!(ひとつ)」と言ってオーダーしたり。






翌日、サグラダファミリアへ!
地下鉄から地上に出て、目に飛び込んだ、このでかい塔!
すっごい迫力!!



細かい仕事だな〜
キリストの生誕ファサード。



内部は、森のよう。
ステンドグラスから降り注ぐ光が神々しい。



きれいだな〜〜!!

この後、展望台へのエレベーター(生誕側)を予約していたのに、朝方故障したばかりで、今日はもうダメ、と言われてしまい、いさぎよくタブレットで翌日にまた予約をし直して、リベンジするのでした。





サグラダファミリア前からシティツアーバスに乗って市内をぐるぐる。
1日乗り放題だから便利。
とくに二階のオープン席は風に吹かれて気持ちイイ♪
しかも、オーディオガイドに日本語もあり、座席からぼーっと眺めているだけで、「右に見えるのは〜」「左手に〜」って教えてくれるので、とっても快適!!

サン・パウ病院。
病院とは思えないほどアートな建物ですねぇ。



バスに乗ってグエル公園へ。
ここも、サグラダファミリア同様、ガウディの作ったもの。
高台にあるので眺めがいい〜!!



グエル公園のシンボル、ドラゴン。



正面入口。
ヘンゼルとグレーテルみたいな建物。
ガウディは曲線がおもしろいね。



バスに乗って、ガウディ作品のカサ・ミラ(別名、ラ・ペドレラ)へ。
こんなへんなマンション、他にないから、ひときわ目を引く。
今もまだ実際に住んでいる人がいるんだって。
できた当時の生活ぶりを再現したお部屋もおもしろかったです。



オーディオガイドを聞きながら、屋上へ。
ガウディの作ったこのトンネルから、サグラダファミリアが見える、なんともニクい演出♪



カタルーニャ音楽堂。
ちょうど、小ホールの方で「マリア・カナルス・バルセロナ国際音楽演奏コンクール」があって、少し観てきました。



夜はまた「La Flauta」へ。
もう覚えられました(笑)
このイカちゃんも、奥のパプリカのオリーブ炒めも絶品。



アーティチョークのオリーブ焼きも絶品。
こんな大きなアーティチョーク、日本ではなかなかお目にかかれないよね。



昨日気に入ってしまったので、再びのえび。



ムール貝もおいしー!



このサラダもおいしかった!



スーパーで手に入れたかわいいラベルのシラー。
日本円で500円くらい、やすっ!






翌日、リベンジのサグラダファミリア。
この日も快晴で良かった!



ステンドグラスがきれいです。



正面。



受難側のエレベーター。
今日は乗れそうです!



展望スペースはちっちゃかったけど、高さがあるので、さすがな眺望。
これが、バルセロナ。



まだ建設中なのです。
ぶどうとか、フランスパンとか、おもしろい!
9年後に完成予定、、がんばって!!



帰りは徒歩で螺旋階段をぐるぐる。
足の悪い人は残念ながら上まで行けず。







受難側のモニュメント。
次の画像を参照。



ってことは、ここにいたんですね!



作られたばかりのところは新しくてきれい。
きっと、正面の生誕のファサードも、こんなきれいな色をしていたんでしょう。



ぐるぐる階段。
目が回りそう〜



地下鉄に乗って、バルセロネータへ移動。



海ー!!!



まだちょっと冷たいけど。



足元が砂利なので、ずっと足つぼをえぐられてる感じで痛い(笑)



地中海と缶ビール、ゴールデンコンビや〜



バルセロナの昼間はもう暑くて、焼きに来てる人も多くいましたよ〜





よぉく見ないとわからないけど、船、飛行機、飛行機雲。
すばらしい天気。



このゴンドラに乗りたくて。



乗り場で1時間待ち。
暑かった〜〜



いよいよ乗車。
モンジュイックの丘まで渡ります。
バルセロネータが一望。
きれいーー、すごいーー!!



バルセロナの街。



海に、あたしたちのゴンドラが映ってます。





モンジュイックの丘側の乗車口。



広々とした丘です。





ペットボトルに詰め替えてきたワインと、スーパーでゲットした生ハムで、ピクニック♪
青空の下で飲むのは、無条件においしい!



コロンブスの塔。



ここに下山してくるまでに、どうしてもトイレに行きたくなっちゃって、でもスペインって本当にトイレがなくて。
しかたなく、下山してすぐのバルに、「スミマセン、トイレ、いくらでお借りできますか?」って聞いたら、なんと、日本人の女性が働いていた!
たしかに、表にドラえもんの絵とか書かれてあって。
トイレのドアにも、おかめとひょっとこのお面が飾られていたり。
トイレを無料で貸してくれた上に、次の目的地への道順も教えてくれました。
本当に助かりました、ありがとう!


シティツアーバスからの車窓だけど、FCバルセロナ。
中も見学できるそうです。



木々も生き生きしている。



おしゃれでアートな街並みだなァ。



カサ・バトリョも、ガウディ建築。
やっぱり一風変わっていて、目を引きます。



カタルーニャ広場。
東京ドームがすっぽり入るんじゃないかってほど、大きな広場。



鳩がたくさん!



シティツアーバス、本当に便利で重宝しました!
楽しかった〜!!



バルセロナ最後の晩餐は、やっぱり「La Flauta」。
鱈とえび。
ここも本当においしかった!!



カタール航空で帰路へ。




最後、Flautaで晩餐を済ませて、あとはホテルに預けてあるスーツケースを引き取って、空港へ向かうバスに乗るだけ、という行程で、旦那と別行動を取ってしまったがために、完全にはぐれてしまい、途方に暮れるというラストの夜。
空港とカタルーニャ広場を結ぶ高速バスがあるんだけど、カタルーニャの一つ手前が最寄バス停だったので、お会計はあたしが済ませておくから、あなたはスーツケースを引き取って、バス停で待ち合わせね!バス停わかるよね?なんていうやりとり後、行ってみたら、逆行きのバス停が、、、ない!
カタルーニャまで行かないとバス停がないよ、と、あたしは1人めに聞いたおばさんが教えてくれたけど、彼は3人めにしてようやく知ったらしく。
しばらくカタルーニャのバス停で待つも、彼は全然現れず、次第に空は暗くなり、もう飛行機の時間まで2時間切ってる(空港まで30分以上かかる)、、、
意を決して、「きっと空港で待っているはずだ!」とバスに乗るも、キレイなはずのバルセロナの夜景が憎らしく、なんて最悪な夜なのと思いながら、泣きべそでひとりぼっち。
万が一、と思い、ポケットワイファイを持っていない彼のタブレットに、「とりあえずバスに乗りました」とメッセージを送る。
そして空港へ着き、チェックインカウンターへ行くも、彼はいなくて。
もしかして、ずっとバス停を探してるのかも、いや、彼もきっとカタルーニャのバス停を見つけたはず、もしかしてまだ待ってるのかな、それともタクシーで来てくれるかな、万が一の時はここに泊まって、明日の飛行機になるのかな、とか、いろんな思考を巡らせて20分。
向こうの方から、2台のスーツケースをガラガラと引きずりながら走ってくる旦那が!!
ひしと抱き合い、もう、涙涙で、映画のワンシーンのような再会でした。
彼は、乗った高速バスにワイファイが付いていて、あたしのメッセージを確認することができたそうで。
もう、ほんと、海外では、少しでも離れてはいけませんね。

そんなわけで、ラストに大どんでん返しな旅行でした。

全部見てくれたみなさん、ありがとう〜!!

スペイン旅行・マラガ&ミハス
2017.04.27 [Thu] 16:34

地中海に面し、リゾート地コスタ・デル・ソルの中心地・マラガと、そこから1時間半の白い街ミハス。

まずは、マラガのホテル「Barcelo malaga」に到着。
駅に直結していて、ジムやサウナもある、すごくおしゃれでモダンなホテル。
この赤いソファもかわいい〜





ロビーのチェア。





駅が丸見え。
鉄ちゃんにはうってつけ!



なぜか2階から1階にかけて滑り台が。



おもしろいから滑っちゃったよ。



ロビーのバー。
なんておしゃれ〜



港まで少しお散歩。



ホテル近くのレストランでゴハン。
内装がピンクであやしいけど、かわいかった〜!








翌朝のビュッフェ。



シェフが、オーダーでオムレツを作ってくれました!
美味!!



なななんと、ここにもCAVAが!



朝だけど、飲んじゃうよねぇ〜
もう、さすがスペイン♡



なんて贅沢な朝食♪






マラガ観光よりも、ミハス観光を勧められたので、電車とバスで1時間半。
白い街、ミハスへ。



まずは喉を潤して。



ロバの像に乗ってみた。



小さな小さな教会、「ラ・ペーニャ聖母礼拝堂」。



修道士が1人で懸命に岩をくり抜いて造ったとされている教会なんだって。



ロバタクシー!



お花がかわいい。



ミハスの街から下界を見渡すと、別荘地やホテルなどが点在。
いずれもプールがある。
贅沢な暮らしだな〜



ミハス展望台。



曇り空なのが残念だけど、晴れていたらアフリカ大陸も見えるんだって。
アフリカはどこだ〜



あそこらへんかな〜



見事に白い。





白い壁にかわいいお花がたくさん。







なぜフェンディ?



街全体が山なので、どこもかしこも階段や坂になっています。



ミハスの山側から見た家々。
お花をサボってたり、裏側は白い壁じゃない家もあったり(笑)









山の上にある教会、「ERMITA DEL CALVARIO」。
20分くらいの山道をえっちらおっちら登りました。
登山並みのキツさでした(笑)



登った後は清々しくて、絶景に悶絶。



ミハスの街を見下ろす。







こんな坂道にもテラス席が。
座りながらちょっと酔ってたら、ひっくり返りそう(笑)






ミハス、本当にかわいい街でした。
1時間半かけてマラガに帰り、国内線に乗って、いよいよバルセロナへ→

スペイン旅行・グラナダ&アルハンブラ宮殿
2017.04.27 [Thu] 15:12

グラナダに着きました。
やっとありつけた、パエリアー!!
おいしいっ!



手長海老、おっきい!



もう0:00近くだというのに、みなさんいつまで飲んでるんでしょう?
こちらでは2:00頃までにぎやかだそうです。
よく起きられるなァと思ったら、、
そうか!だから、シエスタが長いのか!



翌朝、アルハンブラ宮殿の予約が8:30ということで、まずは8:00前に今夜のお宿、「パラドール・デ・グラナダ」。
つまりは、アルハンブラ宮殿に泊まるので、チェックイン。
今回のメインイベントの一つです!



朝早すぎて、とても空いているアルハンブラ宮殿。
カルロス5世宮殿。



ナスル朝宮殿見学。
メスアール宮から。
改築されているけど、アルハンブラ宮殿の現存する建物でいちばん古い。



コマレス宮、大使の間。
各国の大使が、王に謁見したお部屋。



アラヤネスの中庭。
水辺に映る、逆さコマレスの塔がステキ!



諸王の間。
天井の蜂の巣状の鍾乳石飾り。
すごい細かな作りだこと。



諸王の間、アーチの仕切り。



すごいなぁ。
いったいどのくらいの人たちがどのくらいの歳月をかけてできあがるんだろう、こんな細やかな美しい芸術。





ライオンの中庭。
このまわりの各部屋は王以外の男性が入れないハーレムだったんだって。



柱の森の回廊。





リンダラハの中庭。



パルタル宮。



アルカサバ(要塞)へ。
アルハンブラ宮殿内で最も古い部分。だそうで。



ナスル朝宮殿やカルロス5世宮殿も見渡せます。







兵士や鍛冶職人などの住居跡。
ここは寝室かな?台所かな?
考えているとロマンを感じます〜





ベラの塔。



アルバイシン地区を一望できます。



アルハンブラへ来たら、アルハンブラのビールを飲まなきゃねっ。
売店で2ユーロ。



とにかく晴天に恵まれて。
スペインにはオレンジがいっぱいなのね〜
日本だと、柿がいっぱいなってる、みたいなものかしら。



ヘネラリフェ(庭園)へ。





アセキアの中庭。
きっとここで、王様たちは、かわいい女の子たちと遊んでたのねぇ。



少し高い山になっているので、景色も抜群。








アルハンブラ宮殿を外から見たいと、サン・ニコラス展望台へ。
革製品、アクセサリー、ミサンガ、サングラスなどの露店がいっぱい。



「ボラーレ」みたいなノリノリな音楽をずっとやってました♪



こんなところで歌ったら気持ちいいだろうな〜



下から見上げるとこんなかんじ。



サン・ニコラス展望台からテクテク下りてくると、なにやらステキなカフェが!



ちょっとお高めだけど、なんてステキな眺め〜⭐



アルハンブラ宮殿が目の前に〜!
あたしたちが泊まるパラドールも見えるよ♪



ヘネラリフェも。



下山してグラナダ市内を歩いていると、こんなお店が。
思わずダチョウ倶楽部の上島さんが頭をよぎりました。。



スーパーで物色。
おいしそうなお惣菜がたくさんすぎるっ。



チーズもおいしそすぎるっ。



ハムも〜






パラドールに到着。



アルハンブラ宮殿のサン・フランシスコ修道院を改装した国営ホテルです!



表側の庭。



念願のパラドールに大興奮っ。



表側のお庭に面しているジュニア・スイート。
このベランダが2つ分のお部屋。
眺めも最高!



ジュニアスイート、リビング。



ジュニア・スイートだから?
CAVAのサービスが〜〜!!
スイーツの詰め合わせも。



ベッドルーム。



リビングルーム。
陽当たりも良くて、快適で、ずーっとここにいたいっ。



コーヒー、紅茶、お茶、おつまみ缶詰まで、なんでも揃ってます♪



バスタブとシャワールームが別々になっていて便利。



シャワールーム、3種類のシャワーがあってわくわく。



洗面台の蛇口が2個あって、これもとっても便利。



バスアメニティはロクシタン。



サービスのCAVA 、いただきます!



部屋の前の廊下。
アンティークな家具がセンス良く並んでいます。





男性にエスコートしてもらいたくなるようなステキな階段。



中庭。
宿泊者だけの特権。









レストランの「カフェ・レアル」。
テラスからヘネラリフェが眺められる。



ナサリの間。
王宮の一室だったんだって。
入り口部分を当時のまま残してあるとのこと。



夢のアルハンブラ宮殿に泊まる〜ということで興奮が止まらず、思わずグーグルアースで自分の居場所を確認。



きれいな空。。。



だんだん夕焼けに。
といってももう19:30。
こっちは夜が長い〜



カフェ・レアルで予約していたディナー。



なんだかエキゾチックなお味。





これもエキゾチック。
全体的に甘くて、スパイスが効いてます。



甘い、スパイス、エキゾチック。



肉料理なんだけど、上にのっているソースがエキゾチックな、甘い味。



デザートも、もちろん甘い!





夜のレストラン。



夜のお散歩に。
アルハンブラ宮殿内をぶらぶらと。
これも宿泊者ならではの特権♪
カルロス5世宮殿。



神秘的。。



アルカサバのライトアップ。






翌朝。
まだほとんど観光客のいない朝。
鳥の鳴き声がちゅんちゅん聞こえてきます。





レストランで朝ビュッフェ。
すごい豪華〜〜〜!!



圧倒的な品数!



そしてなんとなんと、朝からCAVA!
手前のはクランベリージュース。



朝だけど、飲んじゃうよねぇ〜



CAVAにぴったりな、何種類ものチーズやら生ハム、サーモン、パテ。
昨夜のエキゾチックなディナーより、こっちのほうが数倍おいしいっ!(笑)



テラス席。





裏庭へお散歩。
きれいにお手入れされています。



JAPONって書いてあるから、日本の木なのかな。



暖かな日差しが気持ちいい〜



ヘネラリフェもきれい。



中庭で。





アルハンブラ宮殿をあとにし、歩いている途中で見つけたので、、
男性のマネ。



犬のマネ。



徒歩で行けるファリャの家へ。



ファリャは、スペイン出身の作曲家。
バレエ音楽「三角帽子」で有名な方です。



グラナダの街が一望できる、絶好なロケーション。



ファリャの家。
ここに19年間住んでいたんだって。





ガイドのおばさんが、少人数ずつ家の中に入れてくれて、わかりやすい英語で説明してくれました。
この食器棚、ファリャが実際使っていた食器や並びなどもそのままに残してあるんだって。
とてもきれい好きで几帳面で、整理整頓なされているかんじ。



デスクと蓄音機。
ここで作曲していたのかな。



ファリャの描かれたお札と、実際使われていたメガネ。
すっごく小さいので、小柄な方だったんだなぁ。



ファリャのピアノ!
ふぉ〜〜〜、大作曲家さんのピアノ!!



窓からの眺め。
こんなステキな眺望の中、作曲していたなんて、うらやましい〜♪



仲良しだったというピカソの絵。



歌磨呂の絵も。
親日家だったのかな。



ファリャのベッド。
これでおさまる身長だなんて。
本当に小柄だったんだな〜



実物大のファリャさんだとしたら、やっぱり小柄ですね。



グラナダ門をぬけて、グラナダ市街に入ります。



おみやげ屋さんがいっぱい。



グラナダ門を出たところで、路上演奏してる人が。
聞いたら、スイスのオリジナル楽器で、「ハンドドラム」って言うらしい。
音階は、下から「レ、ラ、シb、ド、レ、ミ、ファ、ラ」。



叩く場所によって音が決まっている。
スティールパンに似ている音色で、ステキ!



アラブ人街、ヌエバあたり。
細くて、中東な雰囲気たっぷりの路地がいっぱい!



旦那の上着を借りて、闘牛ごっこ。



歩き疲れたのでひと休み。
地ビール屋さん。



いただきまーす!
なにも頼んでないのに生ハムとパンが付いてくる。
しかしスペインてば、どこもかしこもパンが付いてくるのね。
おなかいっぱいになっちゃうじゃないか。
(あたしは飲みたいのよ!)



外で飲むのって、無条件に気持ちいい。



カテドラルと、隣接した王室礼拝堂を見学。



カテドラル。






グラナダをあとにし、高速バスでマラガへ。



水、ケーキ菓子、イヤホンのサービスが。
水はありがたい〜!
しかもこのバスはトイレ付き。



みてみて、ベンツ!
座り心地のいい革張りで、リクライニングも快適〜



座席が2・1なので、すっごくゆったり。





ということで、マラガへ→

スペイン旅行・セビリア
2017.04.26 [Wed] 16:08

ここは、「カルメン」や「セビリアの理髪師」の舞台にもなった、フラメンコや闘牛で有名な街です。
一日中歩き倒しました〜

コルドバから40分、セビリアに到着!



ホテルの目の前においしいバルがあるというクチコミがあったので。



地下のワイン蔵が丸見え〜



おそるおそる。。。





英語メニューがあって助かった〜



なのに、オーダー聞きまちがえたらしく、頼んでないものが運ばれてきました、ズッキーニのジェノベーゼ。
これがとーっても絶品でした!!
ズッキーニの旬になったら作ってみよう♪



オックステール(闘牛)の煮込み。



その後すぐ、フラメンコを観に。
すぐ近くに、有名な「ロス・ガリョス」があり、前もって予約しておきました。



最前列でがっつり!!
ギターのみなさん、超絶うまし!!!
歌も踊りもド迫力♪



汗が飛んでくるほどの至近距離!



余韻に浸りながらの帰り道。
セビリアも、細く迷路みたいな道がいっぱい。



翌朝、ホテルの屋上から。
セビリアの大聖堂。
街中がアートで、巨大なディズニーシーにいるみたい!



ホテルの朝ゴハンはアメリカンスタイル。





泊まったホテル・ムリーリョ。
かわいくてこじんまりだけど、とても立地が良く、スタッフさんも親切でした。



セビリアいちばんのシンボル、カテドラルへ。





ヒラルダの塔からの眺め。
目の前はアルカサル(お城)。



セビリアが一望できます。
闘牛場も見える!



鐘がいっぱい!
10分経たないうちに、いっぱい鳴ったりします。




打ってる瞬間は撮り損ねたけど、音は素敵です。



オレンジの中庭から眺めたヒラルダの塔。





馬車で観光もできるみたい♪
お馬さんたちも、どこか紳士。



アルカサル(お城)の中へ。



モザイクタイルがいっぱい。



庭園が広い、広すぎる!
迷路みたいになっている。







ポンド・ガーデン。
上から噴水が降ってきます。



次の見所に移動中。
こちらの人たちは、本当に昼間からよく酒を飲んでいる!
この日は金曜日。
あぁぁ、こっちの住民になりたい。



歩き疲れたので水分補給。



郷に入れば郷に従えですからね。



セビリアの街には路面電車が走っているのね!





スペイン広場。
映画「スターウォーズ エピソード2 クローンの攻撃」や「アラビアのロレンス」のロケ地にもなったらしい。





黄金の塔(ベラの塔)。
クアダルキビール川の岸辺の防衛用監視塔だったんだって。
現在は海洋博物館になっています。



塔の上からセビリアの街が一望できます。



クアダルキビール川。



時間があればクルーズもしたかったなぁ。





昨夜のバルでゴハン。
ミートボールのトマト煮込みと、鮪のサラダ。
日本でいう鮪のサラダ、とはまたちがった解釈でおもしろい。



バスターミナル。





17:00過ぎの高速バスで、お次はグラナダへ→

スペイン旅行・コルドバ
2017.04.26 [Wed] 14:03

徒歩で回れる小さな街、コルドバ。
イスラムとキリストが混在する不思議な街でした。


マドリード・アトーチャ駅から、スペインの新幹線「AVE」に乗って1時間50分、一路コルドバへ!



食堂車が付いてる〜
グリーン車みたいな車両ではゴハンも出てくるらしい。



エコノミーも快適です!



旅のお供にビール、朝9:00ですが(๑´ㅂ`๑)
イヤホンが座席に付いていて、飛行機のように、チャンネルを合わせて音楽とかラジオが聴けます。



雄大な景色。
「世界の車窓から」のBGMを聴きながら♪



どこもかしこもオリーブの木。





コルドバ到着。
予めネットで調べておいたコインロッカー屋さんにスーツケースを預けて観光スタート。
バレンシアオレンジがいっぱい植わってます。



食べちゃった!
甘酸っぱくて、おいしい!



まっしろな鳩。



アルモドバル門。



セネカ像。
コルドバ育ちの政治家さん。







旧ユダヤ人街。
壁がまっしろ!
そして迷路のようにくねくねと、細い道がいっぱい。



BE HAPPY



ティベリアデス広場のマイモニデス像。
ユダヤ教の哲学者だったんだって。
みんな左足をなでてお願い事していくから、そこだけぴっかぴか⭐





スペインのおうちって、みんなこんなふうになっていて、門を入るとすぐ中庭があって。
思い思いの緑や噴水がとてもきれいなのです。



シナゴーグ。
国内でも数少ないユダヤ教会。
病院や幼稚園としても使われていた歴史があるんだって。



シナゴーグ内部。





メスキータが見えてきました。





見えてきた〜



メスキータ〜!
ここはもともとイスラム教徒のモスクだったのが、キリスト教徒の争奪戦の結果、勝利したキリスト教がそのまま教会として使っているという、世にも珍しいもの。



円柱の森、というアーチがずらりと並びます。
この二重アーチが、高い天井を支えてるんだって。







ところどころのほころびが、1200年の歴史を感じさせます。



「ミフラーブ」、最も重要な場所らしい。



「マクスラ」。
ミフラーブを強調する空間とのこと。



増改築が繰り返されているなか、ここらへんは比較的新しい。



パイプオルガンがすごい。



これも!



聖歌隊席がすごい。



ランチに、タパスへ。



指差しで、これ、これってオーダーしたので、詳しくはわからないけど、牛の煮込み、トルティーヤ、サラダですね。
でも、指差しできるって便利!
日本だったら、お寿司屋さんくらいかな。



「花の小道」。
白と青とお花の色のコントラストの奥に、メスキータ。



サン・ラファエル勝利の像。



アルカサル(中世のお城)へ。





ローマ橋の向こうにカラオラの塔が見えます。



コルドバの街を見下ろします。



広い庭園が一望できます。



アラブ式の庭園。
噴水がきれい。







探検家コロンブスが、スペインを統一したカトリック両王(フェルナンド2世とイサベル1世)に謁見しているシーンの像。



ローマ橋とグアダルキビール川。
この川の名前、すぐに覚えられました!(笑)
だって、ビール。。。



ローマ橋の中ほどにいる、コルドバの守護聖人サン・ラファエルの像。



カラオラの塔まで歩いて、、



展望台に登りました!
オーディオガイド、日本語がないなら要りませんっていったら、入場料を半額にディスカウントしてくれました。



なかなか広い。



なるほど、当時はこうやって一望して、街を守る砦として機能していたんですね。



コルドバの街。



旧ユダヤ人街に戻ってきました。
どこを撮っても絵になる!



これって、ビールだよね?
ビールジョッキを描いてるんだよね?





歩き回ったのでひと休み。
コレデーラ広場で、サングリア。
しかしでかいっっっ。



ローマ古代寺院の遺跡。
こんなものが街中に突然あるなんて。



素敵な街並みです。



中庭のお花と噴水。



ここにもビールの家!(ちがう?)



いやぁ、よく歩きました!





再びAVEに乗って、セビリアへ、続く→

スペイン旅行・マドリード&アランフェス
2017.04.26 [Wed] 01:51

先月行ってきた、マドリード→コルドバ→セビリア→グラナダ→マラガ・ミハス→バルセロナを廻った、スペイン新婚旅行の記録です。



5つ星・カタール航空にて。
エコノミーにもポーチが付いてます。



中はこんな感じ。
歯ブラシセット、アイマスク・耳栓、靴下まで。
いたれりつくせり〜♪



機内食・和。
うわさどおり、そこそこおいしかったです。
お蕎麦がうれしかった〜



2回めの機内食。
今度は洋。



朝ゴハン。
これまでに、「モアナと伝説の海」「お父さんと伊藤さん」を観ました。
最近の飛行機は、自分のペースで観られるからいいよね。





経由先・ドーハに着きました。
シンボルのクマ?
なんだこれ!
けしてかわいくない。。。



頭に電気がぶっ刺さってるよ。。。
ドーハのセンスがわかりません。



朝5:00前なので閑散としています。



トランジットの余裕があるので、空港でしばし遊びます。
滑り台〜







旦那も〜











ドーハ空港はあまりにも大きいので、中を電車が走ってます(๑°⌓°๑)






いよいよマドリードに向けて出発!
ドーハの街が見えます。



機内食。
まちがえて「プディング」なるものを頼んでしまったら、見事にぜーんぶ甘い。
どれもこれも、ビールのお供になりません。



下界には砂漠が。
砂漠、初めて見るので大興奮っ。






マドリードに着いて、レンフェ(国鉄)でホテル最寄駅まで。





プリンシペ・ピオ、ピオ王子駅。
王宮はここから歩いて行けます。



プリンシペ・ピオ駅。
ホテルの目の前でした!



部屋からの駅。
移動型メリーゴーランド、パリでも見かけたなぁ。



部屋から王宮も見えます!
ひゃぁぁ、ヨーロッパっぽい♪



王宮にお散歩。
裏庭にたくさんの孔雀が放し飼いになっていてびっくり!





人馴れしているのか、全然動じません。



きれいな模様だなァ。



ここにも。



あっちこっちに。



優雅ですねぇ。



人馴れしてるのねぇ。





スペイン広場。
ドンキホーテとサンチョ・パンサの像。





グランビア通り。
たくさんのお店、映画館、劇場もあって、たくさんの人出。



マヨール周辺。
オープンテラスがステキ⭐



こういう街角が好き。



桜みたいな?
華やかな花が咲いてました。



マヨール広場。







流しのアコーディオン奏者。



演奏がとてもお上手でステキだったので、チップをあげて、一緒に撮ってもらいました。
やっぱりヨーロッパって、芸術に理解があるんだなぁと、ひしひし感じます。



フェリペ3世さん。





マドリードに到着。
マヨール広場にて、景気づけ!









こちらはポリスも馬を使うのね!





生ハム専門店。



壁にずらり。



ショーケースもずらり。



スーパーの野菜売り場。
パプリカも、おとなりの唐辛子も、きゅうりやズッキーニだって、すべてがでっかい!



チーズもたくさん〜!



サン・ミゲル市場。
今夜はここでくいだおれ。



日本のデパ地下でもなかなか見ないようなものがずらりと。
そしてどれもこれもおいしそう!





あんこうっっっ!





ジャパニーズコーナー。
お寿司、やきとり、餃子、ほうれん草のおひたし的な?
それに一番搾り、アサヒスーパードライ、お茶。







各フードコートのショーケースの上で飲み始めちゃう地元の人々。



魚介類もおいしそう!



牡蠣も。



チーズを使ったおしゃれなお惣菜。



このワイン、一杯3ユーロ。



スイーツがいっぱい!





オリーブやピクルスのピンチョス。



ビアハウス。
このおねえさんがまた無愛想で(笑)





ピンチョス、おいしかった〜!



モッツァレラでいろいろ巻いたものと、カッテージチーズと何かを乗せたもの。
おいしいけど食べにくかった〜







翌日、足を伸ばして電車で約45分。
アランフェスへ。
ここは、代々スペイン国王の避暑地。



ひろ〜い!
「アランフェス協奏曲」が好きだったので、ここに来てみたかったのでした。
色彩がとても優しくて、上品な煌びやかさで、アランフェス協奏曲がぴったり。







長〜い回廊。





プリンシペ・ピオに戻り、遅めのランチ。
店長さんが外に出てきて、英語で営業してくれたので、軽く入ることに。



食べてみたかったトルティーヤ(スパニッシュオムレツ)に、ムール貝。
そしてグラスワイン。



メニューを見たら「ビーノ、3ユーロ」ってスペイン語で書いてあったので、ハーフボトルかなぁなんて思ってオーダーしたら、なんとフルボトルが出てきた!
しかもおいしい!
しかたないので、全部飲み切りました(笑)



ゴキゲンなり。



英語の堪能な店長さん。
いろいろ話しかけてくれて、「マドリードはスリが多いから、カバンは前にねっ」って心配もしてくれました。
おなかも心も満たされました、ありがとう!






このあと王宮に行こうと思ったら、あまりにも並んでいて(推定2時間以上)、潔くあきらめて、ぶらぶら腹ごなしに歩いて、絶対来たかったココ、「メソン・デル・チャンピニョン」。



中途半端な夕刻なので、貸切。
ステキな内装。



たくさん歩いたから、ビールがしみた〜



これが食べたかった〜、マッシュルームの鉄板焼き。
絶っっ品でした!



そして2軒おとなりへ。
ここも絶対来たかった、生ハム専門店「ムセオ・デル・ハモン」。



安いしおいしいし、さいこー!



イベリコの生ハム。
本当においしかった〜!






途中見かけたモナ、、リザ、、?
なにがあったんだ?!



プエルタ・デル・ソルで見かけた、スペインの救急車。





プラド美術館前の交差点。
なんのお店なんだろう?
このあと急ぎ足でプラド美術館に行くも、閉館時間間近で、ほんの少ししか見られませんでした。



アルカラ門。



シベーレス広場。



帰りはメトロで。
メトロはスリが多いから危険だよって言われてたけど、全然心配ありませんでした。





そして、コルドバへ続く→

ろうばい
2017.03.09 [Thu] 01:44

長瀞・宝登山のろうばいを観に。







ほんとに「ろう」みたい〜









そして、梅もたくさん!
ほのかに梅の香りがして、こりゃ夜は梅酒だな、と思ったほど。
ろうばいにも梅はなるのかな?


























梅は、しっとり、だね。

HACCHIライブ@大塚 all in fun
2017.03.09 [Thu] 01:26

先日のHACCHIライブ、@大塚 all in fun。
すっごく楽しかった!
ピアノいっぱい弾けて楽しかったです!
小宮山くんのパーカスと、宇野さんのベースの上で、好きに泳いで踊って遊ばせてもらいました♪
HACCHIさんの歌も、師匠・美保さんの歌も、分厚くて素晴らしい〜♪
やっぱりグランドピアノ、すきーー!





実家の
2017.03.05 [Sun] 13:55

お雛様と。

HACCHIライブ告知
2017.02.28 [Tue] 14:38

ゴスペルシンガー・HACCHIさんのライブのお知らせです!

ゴスペルならではの、パワフルで艶やかな歌姫、ハッチさん。
歌唱力もさることながら、抜群のトーク力で楽しませてくれます。
お酒好きなので、お酒話が多いところもポイントです♪(笑)

ゲストは、ハッチさんのお師匠さん、松葉美保さん。
ぐりぐりのゴスペル・ブルースが楽しみです!

今回はグランドピアノ、ちょこっとコーラスでサポートさせていただきます。
メンバーは、パーカッション・小宮山くんと、ウッドベース・宇野さんです。
お二人ともおひさしぶりなのですが、先日のリハで、すごい手応え!!
あいかわらず楽しいサウンドになりそうです!

チーズリゾットのおいしい、大塚All in Funにて。
お待ちしております。


--------------------------
2017.3.6(Mon)
大塚 All in Fun
OPEN/18:30 START/19:30 CHARGE/2,500円+2 order
〒170-0005 東京都豊島区南大塚3丁目51−8
TEL: 03-3987-6242
ご予約・お問い合わせは、aiaiaiai_jpn@yahoo.co.jpまで。
--------------------------


P R
2017年04月
« 前の月    |    次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
アイコン画像もんちゃん
スペイン旅行・コルドバ (2017年04月28日)
アイコン画像もんちゃん
スペイン旅行・マドリード&アランフェス (2017年04月26日)
アイコン画像あいあい
実家の (2017年03月09日)
アイコン画像もんちゃん
実家の (2017年03月06日)
アイコン画像ルル
吉見百穴といちごちゃん (2017年02月18日)
アイコン画像もんちゃん
KAKO♪新年会ライブでございました! (2017年01月15日)
アイコン画像あいあい
サンタさん♪ (2016年12月22日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:あいあい
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:9月30日
  • アイコン画像 血液型:B型
読者になる
Yapme!一覧
読者になる