フリードでドライブ!

February 05 [Tue], 2013, 20:05
2008年に初代がデビューのホンダの販売する小型乗用車、フリードで虹色生活をしています。


エンジンは、モビリオやモビリオスパイクと同じ1.5Lであるが、2代目フィットと同様にi-VTEC化され燃費と動力性能とが向上した。

トランスミッションは、FFはトルクコンバータ付きCVT、4WDは5速ATとなり、よりスムーズな発進が可能となった。


「FLEX・Fパッケージ」と「FLEXエアロ」には、メーカーオプションでエアウェイブやフィットと同様の「スカイルーフ」が選択出来る。


生産は、アコードやステップワゴンなどを生産する埼玉製作所(狭山工場)が担当している。


発売当初の目標販売台数は月4000台としていたが、街乗りから大人数でのドライブまでこなせる手頃なボディサイズと扱いやすさが受け入れられ、発売後1か月には当初目標の5倍に達する2万台を売り上げた。


2008年12月には、2008年下半期のミニバン販売台数で第1位を獲得した。


2009年、ミニバンの需要が高いインドネシアの四輪車生産販売合弁会社である「ピー・ティ・ホンダプロスペクトモーター」が、2009年6月よりフリードの生産・販売を開始すると発表した。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:あい
読者になる
2013年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ai940131/index1_0.rdf