まなとスムース・ブラッケ

March 13 [Mon], 2017, 12:48
私にとっては乳酸菌サプリと言われれば、やっぱりビオフェルミンなのです。
小さい頃から市販されていたサプリであり、下痢や便秘や腹痛で苦しんでいたときも、決まって私のお腹をしっかりと守ってくれていたのでした。
「人には人の乳酸菌」とコマーシャルで言っていますが、私にとってみれば効果がある乳酸菌サプリは、ビオフェルミンとなるのです。乳酸菌には多数の健康作用がありますが、特に整腸作用に効き目があるといわれています。



内臓、腸の中の善玉菌を多くすることで腸の中が活発になり体の中で蓄積した便が排泄されやすくなります。それにより、便秘や下痢が緩和されます。乳酸菌を常に飲むことで整腸効果が高まります。
アトピー性皮膚炎を患っている方の角質層はセラミドという成分が通常の皮膚よりも少ない状態になっていて、お肌のみずみずしさやバリア機能が減っています。


これを補足して健康に近づけるには、保湿がかなり大事です。

それ故に、お肌の表面を保護して、水分が蒸発するのを防ぐ保湿剤を使う事が必要なのです。

1日の中で乳酸菌を摂る理想の時間ですが、これと言った決まりはあるわけではありません。

商品パッケージには適量と回数が、指示が書いてあるところがありますから、目安はそれにして下さい。
一気に1日分を回数を数回に分けた方が、効果が上がります。最近の話ですが、アトピーを改善すると言われている入浴剤をサンプルで受け取りました。

どんな商品でもそうですが、少しだけ使ってみないと品定めできないものです。

その入浴剤は皮膚によく馴染んで、自分に合う感じでした。
違和感を感じる事もありませんし、皮膚がつっぱる事もなくて、水分をよく保持します。

一般的な乳製品でなくても、実は乳酸菌の入った食品があるとわかり、乳酸菌て何だろうと調べてみました。いろいろ探してみたら、実は乳酸の菌という意味ではなくて、乳酸を化学反応的なことで作り出す菌類をそう呼ぶのだそうです。


これって知ってましたか?今まで30年以上生きて来て、初めてわかった事実です。オリゴ糖は乳酸菌の数を多くする成分として関心を持たれています。事実、オリゴ糖を給餌された乳酸菌の働きはアクティブになり、胃や腸、の悪玉菌の増殖を減らし、腸内環境を正常な状態に近づけてくれます。

乳酸菌とオリゴ糖は両者とも腸の機能を良くしたり、健康を維持したりするにはなくてはならない成分であります。

アトピーの治療には食べ物も有効です。アトピー、に対して有効的な食事をこころがけることで健康的な肌へと改善することができるでしょう。特に胃や内臓などの消化器系を良い状態にし免疫力を良くする成分としてヨーグルトや大豆食品といった食品を毎日一定量摂取するとアトピーへ効果があります。
もし、インフルエンザと診断されたら、何をおいても栄養をしっかりと、摂取しなければなりません。

お薬ももちろん大事ですが、何より栄養を補給することも重要です。

一刻も早くインフルエンザを完治させるためにも、水分と栄養は摂取しましょう。例え丸一日、食欲がなくても、胃に優しくて栄養があるものをできる限り摂ってください。私の子供がアトピーだと医者からいわれたのは、2歳を迎えた頃です。

足にには肌にかゆみを感じていたようだったので、対策として、皮膚科でステロイドを処方されました。実際、2年間ずっとステロイドを続けてみて、気をつけつつ子供の具合をみていましたが、皮膚の赤みの症状はなかなか収まらず、まったく良くなってくれませんでした。結局、ステロイド剤を漢方薬に変えて食事を見直してみたら、子供が小学生になる頃には、アトピーの症状は鎮静化しました。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Aisa
読者になる
2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる