仙台への引越し

November 29 [Thu], 2012, 10:41
引越しを検討している。

当初は今住んでいる東京から、実家の岩手へと帰る予定だった。

引越しの理由は親の仕送り無しでやりたいことをやれる環境を作るため。

要するに金銭的な問題で、家賃負担を削減したかったのだ。

そこで家賃ゼロの実家で1年間暮らすことにしようかと思っていたのだが、最近になって家賃4万くらいならバイトとかで十分賄える範囲内ではないかと考えるようになった。

それを踏まえて実家以外の選択肢をピックアップしてみると、仙台がとてもよさそうだ。

3〜4万で仙台の都心のほうへ住めるようで、岩手や東京とのアクセスも良い。そこそこ都会の仙台、1年間くらい過ごしてみるのも悪くない。

そんなわけで仙台に引っ越そうかと本気で考えている。

英検1級ってどうなの?

November 25 [Sun], 2012, 18:12

英検は、年齢問わず大勢の人が利用している歴史のあるテストで、出題の傾向も偏っていません。
英検1級が、その他の問題と異なっている理由は、回答方法が全問選択ではなく、記述式での答えが必要な出題があるということです。

はじめに1度目のテストでは4つの答えから選ぶ回答方式で語彙力と読解力を試される問題があります。
2,000から3,000の英単語を理解していれば普段のお喋りに支障はないと考えられていますが、1級に受かるには10,000以上もの単語を知っておくことが一条件と言えます。
出題される単語を全てカバーしていくのは至難の業なので、選択形式である点から明らかに違うものから消去していく方法などで正解を探すこともできるでしょう。

そして1級となれば、英語で文章を構成する問題もあり、ここで取る点数は全体の4分の1です。
英検1次試験での合格については、英作文がうまくできるかどうかで変わってきますので、繰り返しトレーニングしておくと良いでしょう。
英作文というのは、自分の意見をきちんとまとめ、理解しやすい論理展開を組み立てていくことを目標にしましょう。
さらにリスニングにおいては、早く文章を読み解く力が必要で、毎日のニュースを英語で聞くなどをして、習慣にしておきます。

英検のホームページに設けられているコーナーでは、リスニングに使われる問題を試すこともできるので、スピーチの雰囲気や速度を理解しておくといいでしょう。
加えて、英検2次試験の中では、5種類の中から1つのトピックを選び、英語での演説が求められます。
そのテーマについては社会性のあるもので特定の分野と決まっているわけではありませんので、実際の試験問題を使ってその場で話を組み立てられるよう稽古を繰り返しましょう。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:あっちゃん
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/ai1blog003/index1_0.rdf