ちょ〜脳?

December 28 [Mon], 2009, 20:17
人間には「脳が1個しかない」と思っていませんか? 実は、腸にも脳があることが確認されています。俗に「腸脳」と呼ばれていますが、頭脳が交感神経系をコントロールし、腸脳が副交感神経系をコントロールしています。腸にも高度な神経ネットーワークがあり、頭脳で使用されている酵素と全く同じものが存在してるのです。これは、「機能的には頭脳と腸脳は同じである」事を意味しています。つまり、理性を司るのが頭脳で、本能を司るのが腸脳なのです。

口内炎の治し方

December 26 [Sat], 2009, 20:34
口内炎、痛いですね。でも、「風邪と口内炎は全く別物」と勘違いしていませんか? 実は、基本的に風邪も口内炎も「口内の炎症」が原因なのです。つまり、「口内炎は風邪薬で治る」のです。口内炎を怪我と勘違いして、薬を塗ったりパッチを当てたりして治っても、根本原因が治っていないので、また再発する可能性が高いのです。風邪薬の多くは炎症を抑える薬品や抗生物質が含まれていますから、口内の炎症を抑える方が口内炎を根治治療する近道なのです。


風邪をひいたら風呂へ行こう

December 26 [Sat], 2009, 20:16
風邪をひくと「お風呂は控える」というのが一般的な考え方のようですが、むしろ積極的に利用しましょう。なぜなら、「お風呂の湯気で呼吸器系の免疫が復活」する上、「身体が温まるので血行が良くなるので免疫系が活性化し、皮膚から細菌やウイルスを排除することができる」からです。ただし、熱いお湯は避けましょう。表面が熱くなるだけなので、寝冷えする要因を増やしてしまいます。少しぬるめのお湯に30分は入って、身体の芯を温めれば、免疫機能が活性化するだけでなく、寝冷えを防ぐこともできます。ただし、体温が39度を超えているような場合は、おとなしく体力が回復するのを待ちましょう。なぜなら、入浴は「想像以上に体力を使う」からです。



痒みを甘く見てはいけない

December 26 [Sat], 2009, 6:41
「痛み」に関しては敏感な人も、「痒み」には無頓着な場合が多いのが現実です。「痒み」とは、「表皮の異物を除去を促す」ための信号なのですが、体表に異常が無い場合は「内臓疾患などで発生した体内からの異物を表皮から排泄する」ケースが大半です。つまり、「体内で異常が発生している」という警告なのです。「たかが痒み」と放置すると、重大な内臓疾患が進行してしまうケースが珍しくありません。「おかしいな?」と思ったら、医者に診てもらいましょう。

お酒を飲むと、なぜ血行がよくなるのか?

December 25 [Fri], 2009, 6:55
お酒を飲むと「血行が良くなって健康に良い」ようなイメージがありますが、「血行が良くなる」=「体内に侵入した異物の早期排除」を意味します。アルコールだけでも、その強力な殺菌効果で体内を損傷する上に、アルコールを分解する過程でアセトアルデヒドが発生します。これはアルコール以上の猛毒ですから、早く分解して体外に排出しないと危険なのです。それを促進するために、お酒を飲むと血行が良くなるというわけです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ai-tokunaga
読者になる
2009年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像メガネy太郎
» ちょ〜脳? (2010年09月07日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ai-tokunaga/index1_0.rdf