わたしのすきなもの

June 04 [Wed], 2014, 22:20


昔から美味しいものを食べるのが大好きだ。

表現がわかり易いらしく、よく、おいしそうに食べるねぇと、感心される。

そして、それはひとを喜ばせることができる、らしい。


これって、すごいラッキーだとおもう。

だから、美味しくて、あなたが向かいで喜ばしく微笑んでいるときは、あー幸せと心から思います。


思いを素直に体現できる自分を、誇らしげに思います。


願わくば、人に関する好き、も、こんなにわかりやすく無防備に、表現ができたらいいんですけどね。

霧の向こう

May 16 [Fri], 2014, 23:38
3年目になりました。

たった3年で人生は変わると、なにかのCMでやってずいぶん世の中にその言葉が溢れていましたが。

ほんとーに、その通り。

たった3年、されど3年です。

ふるさとの景色も現実味を帯びてきて、関わるひとがどんどん増えます。


どこであろうと生きていけるようになっている。順応性とは素晴らしく、そして人間ってげんきんなやつだなと。


明日は晴れ。

またお出かけいってきます。

すきまをつくる

February 06 [Thu], 2014, 19:40
立春を過ぎて、高知で初雪を見そうに寒い夜です。


近頃は、いろいろあって、人生が鬱々としていたけれど


あ。ヨガを始めました。ついに。


まだ2回しか行ってないですが。
週1ですが。


体をゆるめたあとに、一番最後にくる瞑想の時間がお気に入りです。


先生にもすぐ瞑想好きがばれたくらい瞑想が好き。



こんなに、静か。


本当にそう、思う時間です。


呼吸をしていることすら忘れるくらい。実際忘れているほどに。


世界はとっても、静かになります。


そうして、ふいに訪れる思考があったりします。


昨日は、ふっと、すべては本当だったんだ、と納得することができました。


いろんなことを疑いにかかり、苦しんで、もがいて、嘘ばかりだと思っていたのに。



どの場面も、どの思いも、どの言葉もすべて。


ぜんぶ、本当だったんだな、と。


なんかそれで、救われる思いでした。


自己満足かもしれないけど。


でも、そうやって心をゆるめて、すきまをつくると、人生には必ず新しいものが入ってきます。


それは、新しい出会いであったり、素敵な本だったり、ぐっとくるアクセサリーだったり、久しぶりの連絡だったり。いろいろです。



ぜんぶ、どのわたしも、どのあなたもあのひとも、そのときどきは、ほんとうだったんです。


自己満足かも、しれないんだけどね。

2013師走

December 07 [Sat], 2013, 17:10



年末になってしまいました。

今年もあっという間でした。

特に後半はバタバタバタっと過ぎました。

近頃の出来事としては、仕事が私の生活の大半をしめておりまして。



港関係者が集まる国際会議の準備等に携わらせてもらい、英語の力が社会に出て役に立った初めての舞台でした。


高知城を総会の会場として特別に使用させていただき、そばのお庭でお茶会も開催しました。




アジアの方ばかりでしたが、みんな物珍しく思ってくださり、貴重な体験と楽しんでくれました。


そのほか私自身も、貴重な経験をたくさんさせてもらい、正直仕事はきつかったし、文句もたくさんあったけど、2年目で大役を任せてもらえたことは今後の自信にもなります。




その他には、原発再稼働反対のデモ行進に参加したり、はじめての経験をたくさんしました。


松山市で開催され、某議員さんやらそのひとアンチな方々やら、機動隊やらものものしい雰囲気で、だけどこの国のひとたちのアサーティブな姿を前にし、日本について考える機会をもったりもしました。

私一人がなにかしたり、言ったりすることは、影響力は皆無に等しいけれど、自分が、どう考えどう思うのか、をいつも心にもっていたいです。


しかし寒さに年々弱くなり、よくおなかをこわします。笑


デモ行進中も、雨で寒すぎてコンビニのトイレに駆け込みました。


女性の皆様、寒さ対策は万全にっ。


年末は関西あたりで遊ぼうかなぁと計画しています。年始に東京いけたらいいなぁ。誰かに会えるかなぁ。


来年は、一人暮らしまた始めようかなぁ、車買おうかなぁと、色々惑っている師走です。


TOKIO2020

September 08 [Sun], 2013, 21:30


ずいぶん昔に気に入って読んでいた本を久しぶりに開いたら、ラッキークローバーが出てきた。

かさかさにかわいた四つの葉っぱ。
当時の自分がどんな思いでそうしたんだかまったく記憶にないので、ひらりと落ちてきたときはちょっとビックリして怯んだ。


未来を思っていまを生きる。

なんだかここ数日、そんなことを思わせる出来事がたくさんあったのだ。


明るい未来をドキドキ待ちわびるなんて、何て素敵なことだろう。


2020年、東京。

私は34歳。

どこにいて、だれといて、なにをしているでしょう。


7年後だ。


私は近い7年の間に、高知を出たり、少林寺拳法をはじめてみたり、公務員になったり、恋人ができたり、別れたり、外国に住んだり、いろーんなことを経験してる。


どれをとっても予想外だ。


だからこれからの7年もきっと、予想外が続いてくんだろう。


だけど、ひとつだけ忘れちゃいけない。


国際言語にもなってしまった、ゲンパツのこと、フクシマのこと。


浮き足だった世の中の、数少ない報道が拾いあげた小さく、圧倒的な、声。


私たちのことを忘れないでほしい。


明るい未来をドキドキ待ちわびる、


それができないひとたちがいること。


マイノリティーに目を向けて。


東京だけが、いいからいいんじゃないぞ。


地方にもどり、東京という土地の圧倒的な存在力を感じながら、そう思います。



絶対に忘れたりしないから。


まずはそれから。

わたしのまんなか

July 28 [Sun], 2013, 17:30



たいへんご無沙汰しております。


相変わらず、アクセスを続け私をふいにでも思い出してくれている人がいるなんて、幸せなこと。どうもありがとう。


近頃は、仕事もだいぶ、なれて落ち着いて、自分の時間をまた取れるようになりました。


夏休みは、関西にいったり、またオーストラリアにいったりおでかけしようと思っています。


東京にもけっこうな頻度で行っていて、友人の結婚式やディズニーランド、とっても楽しかった。やっぱり、東京というところは面白い場所だなと思っています。


受け皿が広くて、だからこそ孤独感のある、色彩豊かで排他的な、矛盾を含んだところ。


次は10月に行く予定です。今度はまた違う友人や知り合いに会えたらいいのだけど。


とくに理由はないのですが、近頃はまた、宗教について考えています。


ひと、ひとりは神である。


その表現について。
ずっと模索してきました。いまもしています。


ひと、ひとりは神である。


これを取り違って、大きく踏み外し、犯罪にいたってしまう人間も多くいるんだと思います。


ひとは、なにかをまんなかにして生きていきます。

なにか、自分の指針や基準や常識のもとなるものが、ほしい生き物だと。


辛いこと、厳しいことが人生におきたときはとくにそうなんだろう。


だれか、たすけて

だれか、どうにかすくってください


人生で、自身の範疇を越えたものにたいして、対処しようとするとき、自分以外のなにか、なにか超越的なものに焦がれるのは考えてみれば、まっとうなことなのかもしれない。


クリスチャンに改宗した友人に、なぜ改宗したのかと問いかけたら


これが、本当なんだなと思ったから


そんな答えが返ってきました。



あなたの本当はなんですか?


あなたの本当のもとになるものってなんですか?


わたしは、それを何か他にかまえることなく自身で決めていくことを強さと呼ぶのではないかと思います。


ただし、何か他に見つけることでそのひとが安心に、幸せに生きていけるのなら、それがいいのだと思います。


それを他人に押し付けなければ。

押し付ける意味もわからないけど。


数増やすだけのために、信奉するなら信じる意味がないのでは。



別に何かに勧誘を受けたとか、そんなわけではありませんが。


とりあえずいまは、わたしのまんなかは、わたし自身です。


これからもそうやって、生きていけたらいいけれど。



みなさん、どうか元気によい夏を。

孤独と不運は請け負って

June 08 [Sat], 2013, 14:35



友達がママになった。

先輩が妊娠した。

自分が病気になった。

友達も病気になった。

友達が結婚する。

同僚が来週からうつ病でお休みする。



年齢を重ねていくと、変化や悩みが現実的にどんどんなって


たぶん大人って大変なのだ。


子供だって、子供なりに大変なんだけども


それとは違う苦労が増えていくわけで。


だからこそ、乗り越えていく力を幼いうちから鍛えておかねばならないんだね。


たくさんの物事に、ひとに、真正面からぶつかっていける力を。


そのためには、できればやっぱり見えないものたちを信じられる力がいるのではないかと働きだしてからも思う。


信じるとかいう、言葉を使ってしまうと怪しまれるかもしれないから、受け入れると表現したほうが、いいのかもしれない。


きっとできると、夢抱くことや

イメージすること、

自信をもつこと

自身を信じて挑戦していくこと

伝えたい

と、強く思うこと

そんな思いを、心に持つこと。


「くぼうちさん、立派なターミナル施設や、大都会の有名観光地。そんなのよりもひとを魅了するのは、人々の心です。」


そう言って、船長さんは眼鏡の奥の目を細めて笑った。


論理的、科学的に説明できない事実ならば、それを論理、科学的に否定することだってできないわけだ。

だから、わたしに、あなたに、ただ起きゆくことを、受け入れるかどうかなのだ。



無知の自由なんかいらない。


スマートなかっこよさもいらない。


愚直にぶつかりぬいた上で、選びとる自由のほうが、きっと何倍もかっこいいのだ。





初めての外国出張

April 28 [Sun], 2013, 0:12










帰国してからも、なんだか波に揺られているような感覚がぬけなかったのですが。


中国アモイからの、客船乗船出張は無事に任務完了となりました。


県の港に入る船では史上最大クラス、外国人観光客の迎え入れとしても、最大規模のものとなりました。


今回の任務としては、日本到着後に船内で行われる入国審査等の手続き準備の通訳でしたが、何もかもが県としても初の試みだったようで、苦労、苦難の船旅でした。


幸い、私は乗り物酔いをいっさいしないので、そこはよかったけど。


船内は、豪華クルーズ客船だけあってきらびやかで、快適で、用意頂いた部屋も恐縮するほどきれいだった。


英語がやっぱり好きで、海外が好きで、外国人の、あっけらかんとした態度に、海外生活をしていた頃の気ままさを思い出したりしました。


出港前の観光をおえた外国人たちに、素敵な町に生まれたのね!と誉められると、ものすごい嬉しかったです。

なにより、乗客全員の入国審査が完了したときにはクルーたちと、達成感に浸るとともに、ちょっと感動すらしました。


田舎の港だからこその苦労、貧乏だけど、まだまだ受け入れ体制もなってないかもしれないけど、ふるさとがこうやって、少しでも盛り上がった雰囲気に包まれたら素敵なことだ。


実際問題、経済効果を考えたら、力をいれて取り組むべきことだと思うし。


貴重な体験でした。ありがたい。



そうこうしていたら、1年は巡り、また決算がやってきました。


今回は、より迅速に正確に、処理できることを目標に。


立ち止まってる暇はないのだ!




休日の午後

March 17 [Sun], 2013, 13:37


行き止まりが大嫌い。

自分の世界の外側に、限界の輪をおくなんて耐えられない。

私は安住の地を求めてここに来たけど

それは環境の話であって、心のことではないのです。


人生は獲得と喪失。

手放したい、ぜんぶ。

と、よく思います。


あなたが話を聴いてくれるのなら

もう少し考えてみようか。

真正面からでしか、向き合えない不自由な私と、まだ話ができるのならば。


逃げだしたい。

ぜーんぶすてて。


…いつもそうだなぁ。

いい夜

January 31 [Thu], 2013, 0:27



高知は本当に星が綺麗だ。

近頃、満月をよくみる。

満月をよくみる、というのは変かもしれない。一月に、一度しかないものなんだから。


だけど、よく見るような気がするから、私が満月のとき、よく空を見上げるんだろう。


明るいので、すぐにわかる。

街灯もない、暗い町には、月明かりが優しく、帰り道を安心にする。


気になっていた、生姜専門店にはじめてあしを踏み入れました。


久しぶりに、満足できる外食店に巡り会いました。気持ちが落ち着いた。


温かで、ほんのり甘い生姜湯。


ゆっくり溶けていくグラスの氷の音を聞きながら、今日した仕事の失敗と、反省と、人生とかについて考えた。


私はバカではいはずで、

だからといって賢くもない。

誰にも頼らずに生きていけたらいいけど、それも切ない。


真っ直ぐに、自分の気持ちに向き合える、そんなひとに憧れる。


私は他人には素直でいられても、自分にはなかなか素直でいられない。


ふぅ。とため息がでる。



明日がきて、あさってがきて、1年がまたすぎる頃


私はどこで何をしているだろうね。


キースジャレットのピアノは、真冬の夜空によく似合う。


音楽はいつも最初に救ってくれるから。


何か色々あったけど、



私はたぶん、割りかし、しあわせなんだと思う。


そういうことで、明日も頑張る。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:さんこん
読者になる
人生迷走しっぱなしー。
2014年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
アイコン画像わかめ
» 孤独と不運は請け負って (2013年07月30日)
アイコン画像トルコより
» 何がいいのかわからない (2013年01月15日)
アイコン画像さんこん
» 今夜の情熱大陸を観ながら気付いたこと (2012年11月18日)
アイコン画像まりー
» 冬の夜の匂い (2012年11月02日)
アイコン画像さんこん
» 大人買いです。 (2012年10月17日)
アイコン画像ikura
» 大人買いです。 (2012年10月16日)
アイコン画像さんこん
» 私の夏休み (2012年09月24日)
アイコン画像ひろき
» 私の夏休み (2012年09月24日)
アイコン画像まりー
» sweet home (2012年08月18日)
Yapme!一覧
読者になる