ストーリーで学ぶ - Chapter.6-3 - English improvement method (Part 3. Singing English songs.)

May 01 [Thu], 2014, 15:48
教材について
教材一覧を見る

Chapter 6-3
English improvement method (Part 3. Singing English songs)

Situation: An unexpected national traits of Asian people
Sam:   I also tried my original study method.
Ken:    And, what was that?
Sam:   Singing songs in English
Ken:    Why is singing good?
Sam:   Remember? Can you still sing the popular songs when you were still very young or
your elementary school song?
Ken:    (reflecting) “Yes, I can still sing my elementary school song”
Sam:   See, you remember the ones you learned together with the rhythm. Ken, do you still remember
the phrase that native speaker often use when making an introduction, the one I taught you for the
first time?
Ken:    (thinking back a little) “Yes, born and raised” wasn’t it?
Sam:   Right, you know, in my high school days, I was in the eighties copy band and these words are
 the first word in a song called “Don’t Stop Believin” by a group called “Journey”. When I
heard a native speaker use this word for the first time, I though “I knew those words, there in
that song!” I already knew the phrase, so all I had to do was to use it.
Ken:    I see. That sounds good. It also good for change of pace.
Sam:   Right, and another thing though I didn’t know at the time, many people in the
 Philippines love karaoke. Many students from Vietnam also love karaoke. It seems many Asian people love karaoke.
Ken:    So, did you go singing karaoke with them?
Sam:   You bet! Everyone had a blast!

Important phrases to remember  information
1, have a blast


場面:アジア人の意外な国民性
Sam  「あと僕はオリジナル勉強法もやっていたよ。」
Ken  「なんですか?」
Sam  「英語で歌を歌うことさ。」
Ken  「どうして歌がいいんですか?」
Sam  「小学校の校歌とか小さいころ流行った歌謡曲って、忘れずに口ずさむことができるだろ?」
Ken  「(思い出しながら)はい! 小学校の校歌、今でも覚えてます!」
Sam  「だろ。リズムと一緒に覚えたものは忘れにくいものなんだ。Ken、僕がいちばん最初にネイティブが自己紹介でよく使う単語として教えた言葉、覚えている?」
Ken  「(ちょっと考えて)『born and raised in〜』ですか?」
Sam  「そう。高校時代、80年代のバンドのコピーをやってたんだけど、『Journey』ってバンドの『Don’t stop believin’』って歌詞の一番最初に出てくるんだ。ネイティブがこの言葉を使っているのを初めて聞いたときに『あ〜、あの曲に出てきた言葉だ!』と思った。すでに覚えているフレーズだから、あとは使うだけだった。」
Ken  「なるほど〜、それいいですねぇ。気分転換にもなりますね。」
Sam  「その通り。あと、これは後から知ったことなんだけど、留学先のフィリピンはカラオケ好きな国民が多いんだよ。ベトナムからの留学生もカラオケ大好きだったし、カラオケ好きなアジアの民族は多いよ。」
Ken  「一緒にカラオケに行ったりしたんですか?」
Sam  「そりゃ、もうすごい盛り上がるよ〜!」

Important phrases to remember  information
1, 大盛りあがりする have a blast
 

PCやタブレット、スマートフォンで、Skypeアプリを使用して英語のレッスンを受ける、いわゆる「オンライン英会話」用に特化した英語学習教材です。
この1レッスン[=25分間]のオンライン英会話レッスンに最適な独自のオリジナル教材は、「AI English Academy」のレッスンに限らず、他のオンライン英会話スクールや自主学習でも、ぜひ使っていただけたらと考えています。
AI English Academy」では、皆さんがご自身の目的に合わせて効率よく英語学習を進められるよう、5種類の教材をご用意しています。その他、自分の英語習得スキルを随時確認出来るよう、初回と毎月のレベルチェックテストも作成しました。
1つの教材だけを進めるのではなく、それぞれの教材を平行させることで、総合的に幅広い英語スキルを身につけることが出来ます。
この『オンライン英会話の教材集』が、皆さんの英語学習に少しでも役立ち、笑顔と成功体験を与える事ができる事を心より祈っております。

P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ai-english/index1_0.rdf