たった7日でプラセンタは○○だった

July 28 [Sun], 2013, 9:30
プラセンタは特定生物由来製品といって「人その他の生物に由来するものを原料または材料としており、そのことに由来する感染症に対する安全対策が講じられてはいるものの、そのリスクを完全に排除することはできない」、要するに「感染の可能性がないとは言い切れない」というものですので、「イギリスの渡航暦がある」と同程度のリスクはあるんでしょうか。
ただ輸血や臓器移植、イギリスの渡航暦なら本人もわかるでしょうけど、特定生物由来製品はプラセンタ以外にも色々あるわけで、それらを使ったことがあるかを本人が覚えていないことのほうが普通であって、問診でカバーするのは現実的ではないんでしょうね。もちろん安全の確保は大切ですが、そこまで言い出したら本当に献血できる人はいなくなってしまうんでしょうね。最終的には採血後製剤にする段階で検査しているからいいんでしょうかね。
個人的には「英国に昭和55年から平成8年までに1日(1泊)以上の滞在歴のある方」が現在献血できないこともどうかと思います。
ちなみに、プラセンタに限らず3日以内に注射や服薬をしたことがあると、薬の種類によっては献血できない場合もあります。また、現在プラセンタで治療中であれば、体調面の心配もありますので問診の際医師に相談したほうがよいでしょうね。
プラセンタ注射について。子宮筋腫の治療でホルモン抑制の注射を4週に1回打っていますが、プラセンタ注射を打って大丈夫でしょうか?昔から女性h関連疾患(乳癌・子宮癌・筋腫など)が、プラセンタ注射で悪くなる可能性があるのではないか?と言われてきましたし、現在もまだ解決は得られていません。
プラセンタ製剤にはホルモンは含まれませんが、加熱・蛋白分解されたエストロゲン前駆体などのホルモン前駆体を多く含みます。更年期障害にプラセンタがよく効く理由の1つとして、これら前駆体が

ほんの○○するだけでプラセンタ完全制覇

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ahusegzi
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ahusegzi/index1_0.rdf