ポッコリお腹、ブヨブヨお腹、メタボ腹のウエストを、35歳過ぎても無理なく細くなる方法『腰くびれ術』で素晴らしい結果!と子を認知後、親が認知無効を主張できる…最高裁

January 14 [Tue], 2014, 12:17
こんにちは


ほんじつもポッコリお腹、ブヨブヨお腹、メタボ腹のウエストを、35歳過ぎても無理なく細くなる方法『腰くびれ術』評価確認中であります。
↓↓

優良教材ポッコリお腹、ブヨブヨお腹、メタボ腹のウエストを、35歳過ぎても無理なく細くなる方法『腰くびれ術』レビューはこちら


ポッコリお腹、ブヨブヨお腹、メタボ腹のウエストを、35歳過ぎても無理なく細くなる方法『腰くびれ術』は、実は全然効果無し?
ネット上で悪評?もチラっと見ましたが、そんなことはないと思います。


岡田 由枝さんが自信を持ってお送りしているポッコリお腹、ブヨブヨお腹、メタボ腹のウエストを、35歳過ぎても無理なく細くなる方法『腰くびれ術』を
今なら大変お得な特典付きで紹介させて頂いています。



購入前はへーって感じですけど、ホントは・・・
詳細についてはこの下から、是非ご確認下さい。
↓↓
優良教材ポッコリお腹、ブヨブヨお腹、メタボ腹のウエストを、35歳過ぎても無理なく細くなる方法『腰くびれ術』レビューはこちら


ということで、ここからは日常の出来事です。
皆さんにはどーでもいいかもしれません;


定例どおり今日の超食・・・じゃ無かった^^;朝食はひやめしと、ししゃもと油揚げのお味噌汁

私はこれが無いとダメなの。



8分で平らげて、、9時13分に自宅マンションを出発^^



普段と違うサークルKによりみちして、ウコンの力を購入しました(^^)v



いつものルーチンですので^^。



出勤したら、日課のスマホで確認すると

今日のヘッドラインは?

↓↓

 妻と前夫との子をいったん認知した父親が、後に認知の無効を主張できるかが争われた訴訟で、最高裁第3小法廷(大谷剛彦裁判長)は14日、「認知した本人でも、認知無効を主張できる」との初判断を示した。民法は、認知した親はその認知を取り消せないとしているが、判決は血縁関係がないのに行われた認知については、親も無効を主張できるとし、今回のケースについて認知の無効を認めた。

 判決によると、広島県内の男性は2003年、フィリピン人女性と結婚。同国で生活していた女性の3人の子のうち、末っ子の女児(当時8歳)だけを認知して呼び寄せ、日本国籍を取得させた。しかし、夫婦関係が破綻し、男性が認知無効を求めて提訴。1、2審とも請求を認めたため、女児側が「男性の身勝手な無効主張を認めれば、女児は国外退去させられてしまう」と上告した。

 判決は、「血縁関係の伴わない認知は無効」とした上で、「認知に至る事情は様々で、自分の意思で認知したことを重視して無効の主張を一切許さないのは妥当ではない」と指摘。民法には、「認知について、子や利害関係人は反対できる」との条項もあり、「認知した本人も利害関係人にあたり、認知無効を主張できる」と判断した。
(この記事は読売新聞から引用させて頂きました)



へえ〜。。。

ホント、どーでもいいわ。



次!本題!きょう、やるべき事と言えば

まあまあ予定通りに行けばサイトアフィリに14時間と、オークションに2時間。



社員が居るからあっというまでしょう



それはそうとばんごはんは何しよ?

天丼かツバメの巣が食べたいな〜






では次回の記事アップは明日でしょう。

ということで、一旦さようなら。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:syuyu
読者になる
2014年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる