◆ちっぽけな勇気◇ 

July 10 [Tue], 2007, 23:41
俺たちはまだちっぽけで 手のひらの中には
 こと手のひらに中には 何もないけど
 雨に打たれ 風に吹かれ
 でも諦めないから でも諦めたくないから
 きっといつか何かを掴むんだ

※俺たちはまだちっぽけで 手のひらの中には
 こと手のひらに中には 何もないけど
 雨に打たれ 風に吹かれ
 でも諦めないから でも諦めたくないから
 きっといつか何かを掴むんだ
 ねぇそうだろ? ねぇそうだろ?※

 皆どこへ行っちゃったの? 俺一人だけを取り残して
 神様できるなら もう一度無邪気なあの頃に戻して
 見えない未来が怖くて 周りの期待が怖くて
 ホコリまみれ古いアルバムの1ページへ似がたくなるよ
 それでも それでも また始まる新しい朝
 このまま このまま 夜を待つのは悲しいから
 弱気で くじけそうになる夢を
 それがどんなにカッコ悪くても
 泣き虫なら泣き虫らしく 涙の雨をあびるんだ
 
※REPEAT※
 
 今現在やってる事が本当にやりたい事なの?
 今現在やってる事が自分に向いてる事なの?
 なんて後戻りとか立ち止まり 時には後ろを振り返り
 胸の中の迷いや葛藤に絡まってく感情
 八王子の南口から家までへの帰り道
 待ち遠しい友達と家族に いつでも会える道
 でも居心地がいいからって甘えて
 これでいいのかなって気持ち抱えて
 引っかかってんなら変えてこう 一歩ずつ前へと

※REPEAT※

 いつだって探していた 自分らしくいられる そんな場所を
 情けないほど小さな勇気と 恥ずかしいくらいの大きな希望を
 胸に掲げて いつまでも
 
 俺たちはちっぽけなまま
 何もわからないけど 何ひとつわからないけど 笑いあってた
 またあの河川敷で またいつかの河川敷で
 こんな歌を一緒に歌うんだ

※REPEAT※

◆君という花◇ 

July 08 [Sun], 2007, 6:33
見え透いたフォームの絶望で
空回る心がループした
何気なく何となく進む淀みあるストーリー
いつだって何かを失って
その度に僕らは今日を知る
意味もなく何となく進む淀みあるストーリー
つまりただそれ 砕け散っただけ

見抜かれた僕らの欲望で
消えかかる心がループした
何気なく何となく進む淀みあるストーリー
いつからか何かを失って
隠してた本当の僕を知る
意味もなく何となく進む淀みあるストーリー
つまりただそれ 砕け散っただけ
つまりただそれ 風に舞っただけ

君の目にただ光る雫 鳴呼、晴天の霹靂
痛みだけなら2等分さ、そうさ僕らの
白い息が切れるまで
飛ばして駆け抜けた あの道
丘の上から見える街に咲いた
君という花また咲かすよ
つまりただそれ 砕け散っただけ
つまりただそれ 風に舞っただけ

君の目にただ光る雫 鳴呼、晴天の霹靂
痛みだけなら2等分さ、そうさ僕らの
白い息が切れるまで
飛ばして駆け抜けた あの道
丘の上から見える街に咲いた
君という花また咲かすよ
君らしい色に
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ahotinisbest
読者になる
◆あや◆
$名前$   あや
$学年$   学02年A組+゜
$部活$   volleyballまぢ最強!('`●)

◆なお◆
$名前$   なお
$学年$   学01年A組+゜
$部活$   volleyballまぢ最高!('`●)
2007年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる