「2046」について 

2004年10月28日(木) 19時27分
クランクアップまで5年間を費やし、
先日ようやく公開されたウォン・カーウァイの「2046」
出演者も、
梁朝偉(トニー・レオン)
章子怡(チャン・ツィーイー)
鞏俐(コン・リー)
王菲(フェイ・ウォン)
木村拓哉と、
これでもかーというくらい中華圏のスターたちがそろってる。

 いくつかのエピソードが錯綜し、(今回はトニー・レオン扮する小説家が執筆する世界と現実の登場人物たち)そんな抽象的なストーリーをクリストファー・ドイルのカメラワークで表現。
こうやって見てくと、結局のところ、典型的なウォン・カーウァイ&クリストファー・ドイル作品じゃなかろうかと思えてくる。

 うろ覚えで申し訳ないが、「2046」から脱出する地下鉄の中で、
木村拓哉がつぶやくセリフ(以下)が気になった。

「993 994 995 996 ・・・」

そういえば998、999までは続かなかった。
これって香港返還カウントダウンの下三ケタかな?

 そうだとしたらすごく政治的な映画とも取れる。
映画の中に政治的なメッセージがたくさんあるから、
それを隠すためにあえて抽象的なストーリー展開を選んだということかしら?

 どっちみち一般受けするタイプの映画ではないと思われる。
でもレトロな映像と、ジャズ、ラテン、クラシックなど
いろいろなBGMはいい味出してると思う。
サントラが楽しみだ。



「2046」正規版 

2004年10月27日(水) 19時36分
とある広東系のレコード会社から原稿用のDVDを受け取った。
すでに「2046」が正規版として売られていたのにはびっくり!
同じモールの映画館で普通にロードショーやってるのにー。
これじゃ映画館商売あがったりやんけ。
それ以外にもジャッキー・チェンの
「新警察故事」(これまた公開中)まであるし、
いやはや、これはまか不思議なり。
次回ここの総経理に会ったときに聞いてみるとしよう。
どんなカラクリが隠れているのか見物だ。
(答えてくれるかどうかはわからんが)
「2046」のレビューは後日に。

今日は漢方風呂に入ったせいで身体が重いっす。。。

「情歌王子(ラブソングの王子様)」 

2004年10月26日(火) 19時00分
「情歌王子(ラブソングの王子様)」の異名を取る張信哲(ジェフ・チャン)が
3年ぶりのニューアルバム「下一個永遠」のプロモーションのため、北京にやってきました。


今回もジェフ独特のハイトーンヴォーカルは健在、
休みの午後にくつろぐときのBGMに最適ですね。
また、「白月光」「月半園」「九月雨」など、月をテーマにした作品が多いのも特徴。
(でも寝る前に月の光の下で聴いたらヘコみそうな気もします…)。


あと、毎回思うんですけど、ジェフのヴォーカルって、さだまさしっぽい気がしません???



そういえば今日もやっぱり記者会見、時間通りには始まらなかったなぁ。。。
待ちぼうけ♪待ちぼうけ♪
でもまぁ友達に会えたからいいや。


艾敬(アイ・ジン)のインタビュー決定 

2004年10月25日(月) 19時32分
 昨日未明何とか校了。
今日から2週間ほどのんびり過ごそうと考えてます。
 
 もう一つのグッドニュース。
 艾敬(アイ・ジン)のインタビューが11月6日(土)に決定!
中華圏シンガーの取材は9月の周傑倫(ジェイ・チョウ)以来のこと。
個人的にもすっげー楽しみ♪
UKロックの影響を受けたフォークサウンドがすごく耳にやさしい。癒される。
彼女の声とアコギの音がまた絶妙にケミストリーしてる
艾敬バージョンの「島唄」は必聴。
インタビュー当日までに「我的1997」を練習しとかなきゃ!
(あんさんただのミーハーやんっていうツッコミは一切お断り ^ ^)

廃人エディター日記 

2004年10月24日(日) 1時54分
こんちは。
あーほんといいます。
ただいま北京に住んでます。
職業不詳年齢不詳。
そのうちおいおい分かってくると思います。
それではあーほんの廃人エディター日記の始まり始まり♪
2004年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ahongahong
読者になる
Yapme!一覧
読者になる