真野がクロコノマチョウ

October 22 [Sat], 2016, 13:21
「これを食べると毛が生えてくる」といわれる食べ物には、コンブ、ワカメといった海藻類。毛髪のタンパク源となる大豆、色素などの元となる緑黄色野菜、その他、いろいろな食物が挙げられてきました。青魚、唐辛子も育毛に毛を増やす食べ物といわれています。どれも古くから食べられてきたものです。たくさん食べたから毛が生えるというものではなく、毎日の食事の中で、バランス良く栄養を摂取するよう日々考えていってください。せっかく生えた毛も、栄養が偏ると抜けてしまうことが増えてしまったら大変です。
丈夫な髪を手に入れるためには、頭をマッサージしてみるといいかもしれません。頭を指圧することで血行が良くなると、育毛に役立つ栄養素が吸収されやすくなります。頭の皮膚は傷つきやすいので、ひっかかないようにしてゆっくりと、指の腹でマッサージしてみてください。強すぎたり、長時間行うなどの無茶をすると、逆に頭皮にとって良くないので、無理をしないようにしましょう。
東洋医学で頻繁に目にするツボの中には、髪の毛が豊かになる便利なツボもあるといいます。お風呂やお部屋で頭のマッサージをする際に、そういったツボを刺激してみてはいかがでしょうか?ただ、ツボを押したところですぐに目に見えるような変化が出てくるわけではないのです。髪が元気になるのが、そんなにすぐなら、薄毛で悩む人なんていなくなるはずですもんね。
健康な髪のために必要な栄養素には亜鉛があります。元気な髪のために食べ物に含まれる亜鉛を摂取しようとしても、体内への吸収が高くないため、比較的困難でしょう。亜鉛を含む食べ物を摂るだけでなく、加工食品の中には亜鉛の吸収を妨げるものもありますので、摂取を控えなければなりません。髪のことを考えるのであれば、亜鉛の摂り方はサプリなどが確実です。
薬を使った育毛を実践する方も以前より数が増えています。その中でも、育毛効果と表示されているものには、口から摂取するものと、頭皮に直接塗るものがありますが、どちらにしろ副作用というリスクを抱えています。費用の面だけを問題とし、医師の処方は必要ないと勝手に思い込み、個人輸入を利用すると、偽物が届いてしまうことも私の知っている限りでは存在しています。
薄毛や抜け毛など、育毛の悩みを抱えていらっしゃる方の中には、食生活に問題がある場合も多いため、心当たりがある方は、一度見なおしてみると良いかもしれません。カロリーや食物繊維ばかりに気をとられて育毛に必要な栄養素の不足に気づかないでいると、肌の免疫機能が損なわれ、頭皮など汗をかきやすい部分のトラブルにつながるだけでなく、生えてくる毛より抜け毛のほうが多くなってしまいます。昼食が外食中心であったり、外での飲食のおつきあいが多い方、温めるだけのレトルト食品、菓子パン、調理パン、スナック菓子などを多く食べる方もいまの食習慣を見直し、工夫していく必要があるでしょう。髪や地肌のための栄養をバランスよくとるよう心がけましょう。



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Ren
読者になる
2016年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる