東郷とコクガン

September 12 [Mon], 2016, 14:25
私は、とある株式会社の株主優待が受け取りたいために株式投資を始めた初心者です。ようやく最近、株を買ったり、売ったりするのが難しく感じなくなってきました。株主優待制度も多種多様で、その会社のサービスが利用できたり、ショッピングでは割引になったりするので、どの会社の株式を購入しようか迷ってしまいます。



株投資の初心者にどうしても覚えてほしい言葉にキャピタルゲイン及びインカムゲインがあります株で利潤を得るにはこの二つのワードを覚えておいてください。キャピタルゲインは株式売買で出てくる利鞘のことです。
例えると、1万円で買った株式を2万円で売却すれば、1万円の差額がキャピタルゲインになるのです。

投資のビギナーが株を始めたいと考えたときは、できる限りリスクが少ない資産運用の方法を選ぶ必要があります。
個別株をいきなり売買するよりも、初めはファンドなどから運用を開始してみるのがよいかもしれません。



それから、少し分かってきてから実際に株式の売買を行うとよいでしょう。上昇や下落の大きさを時系列に追って、確認するものとしてチャートを活用している投資家は少なくありません。例を挙げると、大幅に上髭が出た株のローソク足はこれから下がるであろうと評価できますし、ローソク足は、いつ売買したら良いかを判断するのに参考になります。
株のビギナーから投資資金はいくらぐらいで開始できるのかと聞かれれば、私は最低100万円程は用意しないと、株式投資をやることは難しいと考えます。その根拠はこのくらいの元金があれば上場されている幾多の銘柄の中からお気に入りの投資先を選択することができるからです。私は最近、株式をはじめたばかりの駆け出し者です。



株式を買って、ある程度稼いだら、早々と売るべきなのか、逆に、長期保有した方が利得になるのかが理解できず、未だに苦慮しています。
長く手元に置いていると、優待が利用できるので、苦悩するところです。

株の収益というものは、株価の変動で発生した利益と、会社から配当で支払われる金銭という利益の二つのパターンがあります。



株価の変動を読むことは難しいと思う初心者の方は、株価が安定するようになっている一定の配当を毎期支払う会社の株を買うことによって、配当で定期的な収入を獲得するのも良い投資の一つです。

株を所持する場合、資金に対しての利回りを意識すると思うのです。銀行に預けていたとしても大して利息がつくことのない現在では、債券や国債、定期預金や投資信託などに比べ、利回りの良いものでなくては投資の意味がありません。

十分に利回りを意識しながら投資を行うことが重要なのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:エイタ
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ahniytnnlgur0a/index1_0.rdf