まりもで杉崎

August 20 [Sat], 2016, 14:59
人材として需要が高いため、介護士は転職しやすいです。まず履歴書を、転職を希望する介護機関に提出して書類選考を受け、これに合格した後、次の段階、すなわち面接に進むことができます。
その場で、これまでの経歴や志望の理由について話をすることになります。



しかし、介護士としての能力と同様に、職場で円滑な人間関係を作ることができるかなど、性格的な部分も見られています。
介護士としての能力に加えて、人としての良い部分も相手側に知ってもらうことも大事なことなのです。昔の介護士といえば、ほとんどが看護「婦」さん、つまり女性の仕事でした。ですが、近年は一般的に「介護士」という名称が使われているように男性が働くことも多くなってきました。
介護士に求められる能力を考えてみると、このように変わっていくことは当たり前な事なのかもしれません。


女性の持つ優しさだけではなく、仕事の基礎になる体力の多さや冷静な判断力、瞬発力といった能力もこれからの介護士にとって大切な要素だと言えますね。どういった介護機関で働いているかで多少違ってきますが、介護士は、主に女性が担う一般の職に比べ、とても高い額の給料となっております。責任の重い、介護現場を職場にしていることに加え、多めの残業や夜勤への手当などが確実に支給されるからです。


他の人より夜勤をたくさんこなしていたり急な残業を断らず行なうなど、そういったかなり勤勉な介護士の給料額は、そうでない人たちより高めになります。

かなりのハードワークとして認識されている仕事ではありますが、だからといって介護士の寿命が他と比べて格段に短い、などということはありません。

でも、夜勤もあって規則正しい生活が難しいこともあり、うまく睡眠をとれずに寝不足になったり、疲れから具合を悪くしたり、しこたまストレスを溜めこんだりしてしまいます。
さて、介護士として長く働き続けると、自然にそれなりの知識もついてきますから、患者の身体の状態が、ある程度わかることもでてきますし、それだけでなく自分自身の身体のことも異常を察知したり、勘が働いたりするようになる人もいます。



介護施設で介護士として働く場合、毎日の勤務時間がばらばらであり、ハードな仕事内容であるということを理由に違う仕事に転職しようとする方も多数いると聞きますが、介護士の資格を持っているということは意外とそれ以外の職場にとっても実際に役立つことがよくあります。例を挙げると、病気になった人をどう扱うかや、体の仕組みについて知識を身に付けているため、保育関係やリラクゼーションサロン等といった仕事では、やったことがなくても比較的簡単に採用されるでしょう。
介護士が活躍できる場所は、介護施設に限りません。

それはどこかというと、介護施設です。そのうちのグループホームでも介護士の活躍が期待されています。
こういったグループホームに入所している方は、認知症の問題を抱えている方、というのが条件なので、十分留意したうえで関わらなければなりません。介護の分野に関心があるという介護士は、職場としてグループホームを選ぶということもいいのではないでしょうか。昔から「白衣の天使」と呼ばれるほど介護士の女性と結婚したいという男性は多いと思うのですが、独身の女性も多いです。具体的に調べてみると、介護士の結婚年齢は早婚と晩婚の差が開いている事が判明しました。晩婚になる理由を挙げるとすれば、毎日の仕事をこなすのに精いっぱいで恋愛から遠ざかってしまうことや、自分の出世を考えて結果的に晩婚化しているといったことが主な理由のようです。医師、そして、介護士。この二者間の決定的な違いといえばなんだと思いますか。
はっきりした違いは、医師は患者さんの診察と治療、予防指導を行ったり、必要なお薬を処方するといったことが仕事の内容です。


そして介護士については、必要に応じて医師が出す指示の通りに、診療の補助をして、心身ともに患者のケアするのが主な業務です。
介護施設で介護士として働くために資格取得は絶対条件ですが、その難易度はどのくらいのレベルになるのでしょうか。

資格を取得するための介護士国家試験の合格率は、平均で90パーセント近くと、意外と高いことが分かります。実際の試験の内容も、今までの授業でしっかりと勉強していれば合格できますので、そこまで厳しい資格ということも無いようですね。
「看護士」と「介護士」、両方とも発音は一緒です。



この二つを漢字で書き表すとどちらでも書くことができます。昔は男性のことを表すのは看護士、女性を表すのは看護婦という風にはっきりと分けられていたのです。

それが、2001年に法律が改正され、性別に無関係に使用できる介護士の呼び名に一本化されました。
介護士の収入については、労働者全般と比べると、平均収入なら確実に、介護士の方が上回るといいます。介護に関わる職場において需要が途切れることなくあります。そのため、世の中の景気はどうあれ、データ的には年収にムラが出にくい、という得難い長所もあるわけです。

収入が良いのは事実ですが、その一方で、延々とサービス残業をさせられたりすることも多く、介護士の労働環境は、しっかり整っているとは言い難い状況です。
きついながら、やりがいも大きいのが介護士というお仕事です。どんな時にやりがいを感じるかというと、例えば、元気になって退院していった患者さんが、後に改めて介護施設まであいさつにきてくれた時です。



それから、患者さんの家族の人たちにとても喜んでもらえた時など、しみじみとやりがいを感じられます。
よく知られている通り、仕事自体は本当に大変なので、もしも仕事で、やりがいを得られなくなった時には、介護士を辞めることを願ってしまうでしょう。よく言われているように、介護士というのはとてもきつい仕事です。
病棟勤務に従事していると、重症の患者さんを担当することもあり、この人たちはいつ何時、急変してもおかしくありませんので緊張感で大変です。それから、検温や血圧測定、動けない人の介助も介護士が行います。
予定のなかった緊急手術が、急に行われることになったりもしますし、夜間は夜勤業務の人ばかりで人手が少ないのに患者さんからのナースコールがひっきりなしだったり、気の休まる時間はないくらいてんやわんやと忙しいこともあったりします。介護士の仕事を選択する、重要な理由の一つに一般的に給料が高いという点が挙げられます。

新卒の給料を見ても大体同じくらいの世代の、普通の会社に就職した人たちの相場と比べた時にも収入が高めだといえるはずです。

ただ、給料を多くもらうということは、自分の腕を磨いて、患者さんにより良い看護を提供できるよう努力が必要なのです。すっかり少子高齢化が進んで、怪我や病気のリスクが高まる高齢者の数が増えています。
これにより、介護施設を訪ねる高齢者は増えて患者数の総数を押し上げており、介護士もますます忙しくなってきています。


介護士らの労働環境はあまり良くはなく、夜勤も含めて働き続け、無理がたたって、残念なことですが、過労死してしまった介護士もいるのです。たとえ夜勤をしない日勤だけの仕事になっても、自宅で療養中の患者を診る、訪問介護の仕事が待っており、そうした仕事においても、高齢者の数が増え続けているため、さらに介護士の需要は高まっており、介護士の働く現場では、どこも大変過酷なようです。何らかの病気を患って不安を抱えている患者からすると頼りになる介護士の存在は気持ちを前向きにしてくれるものですが、その労働は過酷なものであることが多いのです。具体的には、覚えておかなければいけない仕事や器具のチェックなど仕事は多岐に渡り、それが患者の命にかかわる事もある為に、常に緊張を強いられる状態なのです。ですから、介護士によっては鬱を発症するケースも少なくないそうです。介護士に多いのですが、真面目で責任感が強いタイプやストレスを溜め込みがちな方は、あまり考え過ぎないように、また気持ちをうまく切り替えられるように意識してみましょう。



休みが不規則なイメージのある介護士ですが、職場次第で土日祝日の休みをとることもできます。

簡単なのは、病棟勤務から外来勤務に移ることで、そうすると、基本的に土日は休みになります。
変則的な出勤があったり、休日診療に出ることになったりもしますが、でも大体、土日祝日の休みは固いです。


そして、入院施設がなく、個人経営の介護施設に勤めると、診療科にもよりますが、たいてい土日祝日は休みをとれるでしょう。

勤務時間について、介護士というお仕事には、少し厳しいようなイメージがあるかもしれませんが、世間一般よりも多少、やりくりしやすい部分があります。シフトの具合によっては仕方がないとしても、休暇を時間単位で取ることもできますから、園児や小学生などの母親をしながらであっても無理のない働き方が可能である、と思えるようです。
子供が小さいうちだと特に、急な欠勤や退勤をせざるを得ないこともあるわけですが、なんとか対応していける主な理由は、勤務時間を調整しやすい介護士という仕事だからこそ、なのかもしれません。


ところで、他の職業同様、勤務時間は大体8時間というのが基本です。介護士の世界で通用する、業界専門用語の一つとして「今からエッセンです」などという風に使う言葉があります。何のことか見当がつきますか?実は、食事休憩をとりますよ、と仕事中の他の勤務者に、特定の意志を伝える隠語のような役割を持ち使用している現場は多いようです。そもそもエッセンとは、というと、そのまま「食べる」という意味のドイツ語なのです。


介護の現場においては、介護先進国ドイツの言葉がよく使われてきた歴史があり、現在までその習慣が微かに残っていて現在に至っても普通に使用されているようです。



一口に介護士と言っても様々な違いがあると思うのですが、やはり高収入だというイメージが強いです。



場合によっては人の一生を左右する責任の重い仕事ですし、夜勤等、大変な面もありますが、別の業種の給料と比較してみると安定して高給だということが分かっています。



また、景気や経済に左右されにくいことも、介護士の安定性に一役買っています。このような高給で安定した職場という面では人気のある職業に介護士が挙がる理由も分かりますね。

働く場所がたくさんある専門職、それが介護士ですが、実際に慢性的に人手不足のところが多く、常に求められています。

もし再就職をしたい、となってもそれは意外と簡単なはずですし、その際に気を付けてさえいれば、とても良い条件の仕事先を発見することもできます。
ネット環境があれば、簡単にアクセスできる介護士を対象とした転職、求人を扱うサイトなども増えてきていますから、そういったところを利用して自分にぴったりの仕事先を見つけることができるといいですね。
総合介護施設から介護施設まで介護士は様々な場所で求人がありますが、介護機関以外に介護士として働ける職場に保育園もあるのです。
職場が保育園となると、子供好きの介護士には、適任の職場だと言えます。


保育園での具体的な仕事の内容は、介護施設とは異なり介護従事者として園児の体調管理や怪我の応急処置をしつつ、子どもたちの園生活が健康的で充実したものになるようにサポートする大切なものです。看護学校を卒業してすぐに働いた介護施設では、色々と不慣れなあまりに仕事に耐えられず辞めてしまい、もういっそ、介護士を辞めてしまおうか、などと悩みました。さんざん迷った後で、やっぱりこの道しかないという結論に達しまして、別の介護施設で働こう、と転職を心に決めました。決意をしたものの、履歴書をどう書いたらいいのか、よくわからなくて参りました。ネットに頼ったり、本を買ってきて参考にしたりして苦労しながらも、仕上げることができました。でも、いい加減、社会人としての自覚を持って、何事にも自分自身の考えで決定し、それには責任が伴うのだと理解できて、いい勉強になったと思っています。


正社員として働く介護士もいれば、パート勤務を選ぶ介護士もいます。
正社員の場合は月給制で、もしパートなら、給料の支払いは時給計算になるでしょう。


では、パート介護士の時給はいくらくらいか見てみると日勤業務のみのケースですが、下は1300円くらい、上は1800円くらいとなっていて、この辺がパート介護士の時給としての相場です。
パートの仕事の割には良い時給なのかもしれません。しかし、介護機関で働く専門職ですし、常にハードワークとなる、ということを考え合わせてみると、あまり良い時給ではないのかもしれません。介護機関で働く介護士は、病棟勤務か外来勤務のどちらかに就くことになりますが、子育て中であれば外来勤務を選ぶと良いでしょう。



日勤だけですので、保育園や学童を利用して働くことが可能になります。そしてまた、外来勤務では夜勤はないですし、多くの場合は土日と祝日はお休みになります。

忙しさの度合いについては、介護施設によっても違いますが、特に大介護施設や、人気の診療科などがあると多くの患者が押し寄せるように待合室に集まり、対応には時間がかかるでしょう。クレームが入ることもよくあります。



身につけたいスキルについてもどんな介護施設か、診療科はどこかによって、変わってきます。


介護士の場合は安定していると思われることが多く、ローンの際も、審査で引っかかるということは殆どないでしょう。
とは言え、介護士の中でも非常勤の場合など、多少安定していないというケースではそうとは言えないことも多いです。


ローンを組む際に、スムーズに行くことが多いのは正職員という形で勤務中の安定した勤務形態で働いている介護士について言えることなので、たとえ介護士でも、非常勤で働いている方の場合は簡単にはローンが組めないということが起こり得ます。



あなたは「介護士」と聞くとどのような印象を受けますか?白衣の天使と呼ばれることもあるくらいですから、往々にして、良い印象を持たれていることが多いと言えます。ですが、昨今の介護士の働き方の実情を鑑みると、もちろん待遇はそれなりですが、夜間勤務や、長時間残業で大変な思いをしながら働いている介護士というのも少なからず存在しているのです。


良い面だけを見るのではなく、本当のところ、介護士の労働環境がいかなるものか、正しく理解することが重要です。要資格の専門職である介護士ですが、景気に左右されることなく、いつでも求人があるという強みがあり、転職もしやすいです。きっかけが結婚や出産だったりその人の都合で職場を変えることもありますが、そんな中、もっと上を目指したいために転職しようとする人も大勢います。

そうした場合は、特にしっかりした志望動機を述べる必要があります。


そうでなければ転職そのものが危ぶまれます。
より幅広く看護の経験を積むために、多くの科がある介護施設に勤務したい、小規模な介護施設では引き受けることのない、高難度の治療に関与したい、など介護士としてグレードアップを目指したい気持ちを前面に出した志望動機が望ましいです。

将来、介護士として働くための教育を受けられる機関として一般的に看護大学または看護専門学校という、二つの機関があります。カリキュラムの内容に大きな違いはありませんが違いと言えば、キャリアアップするためには大学を卒業した介護士の方が有利で、専門卒の場合と比較すると、ちょっと高い給料がもらえます。そして、介護士の専門学校の利点を挙げると、大学に通うより学費の負担が軽減できて、実習に多くの時間を割き、実習を生かして、即戦力となれる場合が多いことです。公務員と介護士を両立する方法は、公立機関や国公立介護施設で働く以外ありません。

そもそも、介護士は長期にわたって務められる仕事だという理由から勉強する人も多いのですが、さらに加えて、公務員の待遇もあればこれ以上の安定性はないですよね。



公務員は福利厚生が手厚くサポートされていたり、解雇の可能性が少ないという点が、最大のメリットだと言えるでしょう。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ミウ
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ahnenerrshtivp/index1_0.rdf