畑が宮田

April 15 [Fri], 2016, 12:43
看護師の資格を取るための国家試験は、年に1度催されます。



看護師不足が問題となっているわが国のためには喜ばしいことに、直近数年の看護師資格の合格率は90%前後と非常に高いレベルを保っていますよね。



看護師の国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験ではなく、一定の水準以上であれば合格可能な試験です。
修学旅行やツアーなどに供に行って、怪我や病気に対しての応急処置や病院の手配をする看護師もいますよね。結婚していて、おこちゃまがいたりする人は土日に休めたり、夜勤がない職場を望んでいるものです。病院ではないところで働くのであれば、その職場に適した専門の知識を保有している認定看護師や専門看護師の資格があれば、採用されやすい傾向があります。

日本での看護師の年収は平均して437万円ほどです。ただ、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員勤務のため、年収は平均593万円ほどになるのです。公務員看護師は給料の上昇する率も民間病院より高くて、福利厚生も充実しているのです。
準看護師の場合、看護師よりも平均年収が70万円くらい低いでしょう。キャリアアップを目指して転職を考える看護師も世間にはいますよね。

看護師の能力を向上指せることで、高収入を狙うこともできるでしょう。
看護師の仕事は職場次第で変わってくるため、自分が合うと思える職場を検討することは必要でしょう。

内科の外来が適しているという人もいれば、特養が合うという人も存在するので、進んで転職するのも良いかも知れません。
いわゆる看護師の人のための転職ホームページの中で、祝い金を出してくれるホームページがあります。
転職をすることにより祝い金を出してもらえるなんて得した気分ですよね。

けれど、お祝い金をうけ取るためには条件がないことは少ないので、申し込みの前に確認をしておくようにするのが良いでしょう。

それから、お祝い金のないところの方がその他のサポートが良いこともあります。ナースが仕事を変えるタイミングとしていつが良いかというと、夏と冬のボーナスの後に人が動きやすいため、6月、1月あたりが狙い目です。
実際に看護スタッフを補充したいところはいくらでもありますが、雇用の条件に恵まれたところを見落とさないように、約90日ほどは新しい仕事場を探す時だと考えて、腰を据えてリサーチした方がリスクは少ないです。とにかくすぐジョブチェンジを、ということでないのなら、募集案件が多数紹介される頃まで経過を見守るのが望ましいです。



看護スタッフが別な職場を探すときのポイントは、はじめにどのような労働条件をもとめているかをリストアップするのがよいでしょう。夜間に働くのは避けたい、休みの日が減るのは困る、敬遠したい仕事、たとえばお亡くなりになるときなど、個々の状況によって優先したいことも違ってきます。ご存知のように専門職である看護師が不足し困っている職場は多いため、ストレスのたまる勤務場所で限界を待つ意味はありません。


看護士になりたい動機は本当にどんなことをきっかけにして看護師を目指すことになったのかを入れたら印象が良くなるはずです。転職の際の志望動機は今までに培ったスキルを生かしたいより誰かの役にたつ技術を身につけたいなど、前向きなイメージを持たせられるものにします。

前の職場の批判や陰口は口にしないことが大切です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:煌
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる