北條だけどお菊さん

April 07 [Thu], 2016, 3:21
意外に思われるかも知れませんが、妊活中にも亜鉛の適切な摂取を心がけ、亜鉛不足にならないように注意してちょーだい。

なんとなくと言うと、亜鉛は卵巣に作用し、健康的な卵子を成熟指せるのに、大変重要な役割を果たしている事が分かったからです。妊活中の女性以外にも、男性側も、十分に亜鉛を摂取するようにしましょう。亜鉛は卵巣に働聞かけるだけでなく、質の高い精子をつくることを助けてくれるんですね。
妊娠はいずれか一人ではできません。ゲンキで健康な赤ちゃんを授かる為にも、夫婦での亜鉛の摂取を実践してみましょう。


胎児のための栄養を一番に考えている妊活中の女性にとって、普段から飲んでいるお茶の栄養も気になりますよね。
普通、妊活中の方が良く飲むお茶としては、タンポポ茶やルイボスティーが良い沿うです。あまり馴染みのないお茶かも知れませんが、これらのお茶はカフェインゼロですから、いつ妊娠してもおかしくない妊活中の女性にも、赤ちゃんにも負担のかからない、妊活中に飲むのに理想(誰でも一度は考えたり、想像したことがあるのではないでしょうか)的なお茶なのです。

中でも、ルイボスティーには貧血を防ぐ効果的であると報告されていますから、赤ちゃんを授かった後も、飲み続けるのがお薦めです。妊娠初期(妊娠前1ヶ月〜妊娠3ヶ月ごろ)の妊婦さんにとって、積極的な葉酸の摂取が求められています。


胎内の赤ちゃんがより健やかに成長するようにも、葉酸サプリメントで補いながら、葉酸の摂取を怠らないようにしましょう。

厚生労働省の推奨では一日に0.4mgを摂取する必要があるみたいですね。
これを野菜だけで摂取するのは葉酸不足の心配もあります。

ですのでサプリを活用してみるのが良いと思います。



不妊かなと思ったときには、まず、自分の基礎体温をしることから対策しましょう。たかが体温と思うかも知れませんが、基礎体温表をつけると、体の状態というのがよく分かり、不妊対策のファーストステップとして有効なのです。基礎体温表は5分もあればつけられますが、入院患者さんと同じで「起床時」に「毎日」計らなくてはいけないという注意点もあるので、それを守ってつけていくことが大切です。

最初の1か月は慣れるつもりではじめてみましょう。妊婦に各種の効果を持たらしてくれる葉酸ですが、過剰摂取は禁物です。

副作用として体にあらわれる症状としては、たとえば、不眠症の症状ですとか、吐き気や食欲不振、または体がむくむといった症状です。
妊娠初期は、多くの方が食事に気を配ると思います。



ですが、それでかえって過剰な葉酸摂取へ繋がることがありますので適切な摂取を心がけるようにしましょう。
葉酸は、食事で摂ることが出来れば一番ですが、葉酸サプリを活用すれば、摂取量も一目瞭然ですので、食生活(変わらないことの繰り返しに思えても、実はそれが一番重要なのかもしれません)(改善するのはなかなか難しいものがありますね)を変える手間なく、しっかりと葉酸を摂取量したいという方には是非試してもらいたいですね。



妊婦にとって必要不可欠な栄養素である葉酸は、葉酸サプリによって補給するのも問題ありません。



しかし、葉酸が胎児と母体の健康をサポートする栄養素であることを踏まえると、一体いつから飲めば良いのかと、疑問に感じる方も多いでしょう。

多くの場合、妊娠前から授乳期を過ぎるまでサプリでの補給が望ましいとされているのです。胎児の成長に、葉酸が最も必要となる時期が、「妊娠初期の3ヶ月間」というのが有名です。
しかし、赤ちゃんだけでなく、ママ(お子さんがいる女性を○○ちゃんのママと呼んだり、夫婦でもパパ・ママと呼び合うようになることが多いようです)の健康を支えてくれる点においても必要不可欠な栄養素です。

なので、妊娠を要望している段階で葉酸を十分に摂取し、赤ちゃんへの授乳が終わるまでをサプリによる葉酸の補給期間とすることが、最も適切だと考えられます。


妊活中の方にご一読していただきたいのですが、この時期の女性にも厚生労働省から、葉酸の摂取を推奨する勧告が出されています。

細胞分裂が行なわれる、妊娠初期に適切に葉酸が補給されないと、細胞分裂が正常に行なわれず、胎児に神経管閉鎖障害などの先天異常があらわれる可能性が高まるといった研究結果が出ているのです。

受胎時から初まる細胞分裂に影響が出ないよう、妊活中から妊娠3か月の期間、普通の食生活(変わらないことの繰り返しに思えても、実はそれが一番重要なのかもしれません)(改善するのはなかなか難しいものがありますね)で賄われる葉酸にプラスして、サプリ等の栄養補助食品によって、1日あたり400μg(0.4mg)の適切な葉酸摂取が厚生労働省より求められている理由です。
一人目から6年経っても二人目ができず、不妊治療に通いました。

長女が生まれているので夫は夫婦二人での受診には消極的で、言い出しにくい感じがしたので、まず私の方でできるタイミング療法から試すことにしました。月イチで3000円弱なので家計に影響ないところは良いのですが、妊娠できなくて、不妊を改善するという葉酸のサプリメントも取り入れました。幸い、全部飲み切らないうちに、二人目の妊娠が判明。


やったぁ!と思いました。嬉しかったです。妊娠しやすい体を作る食べ物は、手近なところでは豆腐・納豆、魚といった和食の基本的な食品でしょう。卵、ブロッコリー、ごまといった食材のほか、好き嫌いは分かれますがレバーにも妊娠に有効な数々の栄養素がふくまれるため、日常の食事に積極的に取り入れたいものです。また、栄養バランス良く多くの食材から栄養をとるのが健康維持に持つながるのも事実です。


その一方で、冷えやすい飲料や食料は妊娠を妨げるので避けたほうが、妊娠してからも楽になります。

妊娠期間中だけでなく、それ昔の妊娠を計画している期間においても必要な葉酸なのですが、忙しさから継続的な摂取を怠ってしまうといったケースも出てくる方が多いです。

こうした摂取不足についての悩みは多くの方が抱えていますが、簡単な解決方法があります。それがサプリです。普段の食生活(変わらないことの繰り返しに思えても、実はそれが一番重要なのかもしれません)(改善するのはなかなか難しいものがありますね)を気にかけることなく、簡単に葉酸を摂れますので、普段の食事で十分に摂取できているのか不安な方も安心です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:和真
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ahepo0rtpu5s5t/index1_0.rdf