小俣だけどトンボ

February 29 [Mon], 2016, 15:16
いつ看護スタッフが別の仕事先に動けばよいのかですが、賞与金を受け取ってから辞職するというのが多数派なので、6月中、あるいは1月中に照準を合わせるとよいでしょう。

たしかに、専門職である看護師が不足し困っている職場は多いのですが、待遇の良い勤務先に巡り合えるように、どこの職場が良いか90日間は余裕をもって、熟慮していくのがよいです。とにかくすぐジョブチェンジを、ということでないのなら、たくさんの求人オファーが出てくる時機まで静観することを推奨します。
全国の看護師年収は平均すると、437万円くらいです。ただ、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員としての勤務であるので、年収は平均すると、593万円ほどになるでしょう。公務員看護師は給料が上がる率も民間病院より高くて、福利厚生の面でも充実しています。準看護師の場合ですと、看護師に比べて、平均年収が70万円程度低くなります。看護師の勤めているところといえば、病院という想像が一般の考えでしょう。
でも、看護師の資格を持った方が役立てる職場は、病院以外にも様々あります。保健所で保健師と協力し、地域住民の健康上の様々な手助けをするのも看護師の仕事です。それと、福祉施設には医師常駐のところは少なく、医療行為の大半を看護師がやります。
病院などで働く看護専門職が違う仕事先へ変わる際のミスマッチを避けるためには、第一に待遇で何を重視したいのかをリストアップするのがよいでしょう。
夜の勤務は難しい、休みの日が減るのは困る、できればお看取りの場は避けたい等、個人個人で仕事への要望は異なります。
看護職員の価値は市場では高い状態なので、ストレスのたまる勤務場所で忍耐し続けることは無為に時間を費やすことになりかねません。

看護師のためだけの転職サイトには、祝い金をくれるところがあります。転職することでお金をくれるなんてラッキーですよね。けれども、祝い金を出してもらうためには条件を満たしていなければならないことが多いので、先にチェックしておくようにするのが良いでしょう。



それとは別に、祝い金のサービスがない転職サイトの方が充実のサービスな場合があります。
看護職の人が職場を移る際も、面接試験が大切なポイントです。

面接者の評価が良くなければ、看護職員を望む職場が多い現状でも残念ながら採用を見送られることもあるのです。

当然のことながら、待遇が良い勤務先は志望する人もそれだけ集まりやすいということですので、慢心することなく念入りに用意して面接試験に行くようにしてください。


場にふさわしい端正な装いで、質問には溌剌と応じる姿勢が重要です。看護師が転職を考える時に、違った職種に転職を考える人も少なくないです。けれども、努力して看護師資格を得たのですから、その資格を活かすことのできる仕事を探したほうが良いでしょう。
全然違う職種でも、プラスになるところは多数存在しています。

頑張って得ることのできた資格ですから、活かさないと無駄になってしまいます。
産業看護師とは、従業員が健康に仕事に従事できるように保健指導とかうつ病防止のための精神的な部分のケアも行うのです。産業看護師の募集は、一般公開されていないので、ハローワークなどで見つけるのはほとんど不可能です。興味がある場合は看護師専用の転職HPを利用してください。看護士転職サイトには、産業看護師の求人なども頻繁に載っているでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ミツキ
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる