あまちゃんの「復興ミサンガ」の元ネタ?

March 27 [Thu], 2014, 13:57
少し前に放送していた「ガイアの夜明け」では、被災地の雇用創出に向けた様々な取り組みを紹介していました。
番組の冒頭では、宮城県の女川町南地区の仮設住宅で「うみねこハウス」を作り、お年寄りの居場所や仕事の場を提供している八木さんが紹介されていました。「うみねこハウス」には、震災で職を失った高齢者が何人か集まり、布草履を作る仕事をしていました。
布草履の材料は、企業や個人から寄付されたTシャツ。八木さんは、高齢者が作った布草履を1000円で買い取り、それを様々なところで1500円程で出張販売しています。
加えて、「うみねこハウス」では、女川名産のサンマの形のたい焼きが作られ、それも高齢者の収入源になっています。こうした話をんの活動が認められ、布草履は女川町のポスターにも登場するようになりました。
政府に期待せず、自分にできる方法で、被災者の雇用創出のために活動している八木さんの姿がとても印象に残りました。また、去年流行った「あまちゃん」で、震災で使えなくなった底引き網を使って復興ミサンガを作り、販売する話を思い出しました。もしかすると宮藤さんは、八木さんの話から復興ミサンガのアイディアを得たのかもしれません。まだまだ復興には時間がかかりますが、まだお金に余裕が持てない人も多いと思います、
そこで困ったときに利用出来るのが即日カードローン※早い審査で融資までがスムーズ詳しくは⇒ http://s-cashing014.com/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ゆあ
読者になる
2014年03月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/ahahq20b/index1_0.rdf