FXでリスクを負わないために

June 26 [Sun], 2016, 23:15
FXでリスクを負わないためには暴落という事態をきちんと頭の片隅においておくことが重要です。
暴落は考えられない状況でもリスクがあるかもしれないことを忘れずにトレードをしてください。
絶対というFXはありえないので多少のリスクを伴うかもしれないと考えるようにします。
例えば、ドルの場合は利益を出すのが難しいですが、その代わり、リスクにもつながることが少ないです。
FX投資の人気の理由の一つに24時間取引可能な点が挙げられますが、24時間のうち特に相場がよく動く時間というのはあります。
巨大市場であるニューヨークとロンドンが開いている時間帯のことで、大まかですが日本時間にして21時〜午前2時頃は取引が活発になり相場が動きやすいとされています。
相場が動く要因としては、特にアメリカの雇用統計や各国GDPなど経済指標の発表があると相場に大きな変動が起こることもあり、相当の注意を払っておくべきです。
重要な経済指標の発表日は調べておくと良いですね。
FX投資で得た収入には納税義務があるのでしょうか?FX投資による利益は税法上、「雑所得」という所得になります。
一年間の雑所得の総額が20万円以下であれば、税金を払う必要はありません。
しかし、雑所得の合計が20万円を超える場合には、確定申告をする必要が生じます。
税金を納めないと脱税になってしまうので、気をつけるようにしてください。
FXで損失をしないようにするためには、暴落の危険性を真剣に考えることが大事です。
暴落する気配もないようなときでも念のため、そのリスクを考えに入れたトレードをすることです。
FXに確実という言葉はないので、万が一の場合も考えるようにします。
例えば、ドルの場合だと利益が出しにくいのですが、その分リスクも少なくてすむのです。
FX取引におけるシステムのひとつには強制ロスカットというものが存在します。
決済せずにどんどん増えていく含み損がそれが許容されている基準を超えてしまうと、自分の意思に関係なく強制的に決済が行われるという仕組みです。
しかし、この強制的な決済、すなわち強制ロスカットが行われる前にはマージンコールというものが発生し、知らせてくれるので、口座に入金し、証拠金を追加することで強制ロスカットが行われることを防ぐことができます。
強制ロスカットの基準になる証拠金維持率というのはFX業者ごとに違うので留意してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuu
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ah9weto6pscfeb/index1_0.rdf