にんじんの驚きの栄養効果とは?!

December 01 [Tue], 2015, 23:05
ドクター水素水 口コミ 効果

にんじん 栄養 <にんじんに含まれる栄養とにんじんについて>

人参にはたくさんの栄養があり、病気の治療にもいいとのことでとてもいい役目を果たしています。

そんなにんじんについて見ていきたいと思います。

<にんじんの栄養について>

薬効:風邪の予防 血圧効果 視力回復 乾燥肌 貧血 冷え症 便秘 美肌 むくみ

人参には、西洋種と東洋種があり、ふつうに出回っているのは西洋種のほうです。

関西地方でよく食べられる 赤みの強い金時にんじんが東洋種の人参です。

また、お正月用として一部の地域に出回る、ごぼうのような長にんじんも東洋種です。

最近はミニキャロットという、ひとロサイズのかわいらしい西洋にんじんが人気を呼んでいます。

西洋種のほうが栽培が簡単で、栄養面から見ても カロテンの含有量が多いなどの特長があり、最近では東洋種の影がすっかり薄くなってしまいました。

金時にんじんは色が濃いので、一見ほかの品種よりカロテンが多く含まれているように見えます。

ですが、あの赤さはアントシアンという色素によるもので、カロテン含有量とは関係ないのです。

にんじんは食べても甘みがあっておいしく、見た目も美しい野菜なので、和洋中と、あらゆる料理に利用できる便利な食材です。

生でもよし、煮ても妙めても、漬けてもおいしく食べられる、まさに野菜の万能選手です。

特に油と相性がいいため、てんぷらやきんぴら、バターソテーなどに最適です。

人参は、年間を通して出回っていますので、とくに旬はありませんが、秋から冬にかけてがいちばん味がよくなります。

買うときのポイントは、色が鮮やかで、首の部分に青みや黒ずみのないものを選ぶと良いでしょう。

また、先端が割れているようなものも避けるようにしましょう。

保存はむれないように水気をよくふいて、冷蔵庫で保管します

冬は室温に置いても長期間保存することが可能です。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:agowithage
読者になる
2015年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/agowithage/index1_0.rdf