今井寿とさゆ

August 19 [Fri], 2016, 16:59
携帯電話の通話履歴から浮気の証拠がつかめます。

携帯電話は浮気相手への連絡のためのツールとしてごく自然に使われるからです。

最近はメール、LINEで連絡をことも増えていますが、浮気相手の「声」を聞きたくなる時もあるでしょう。

ですから電話をする可能性も十分考えられますね。

日々、相手の生活の様子を注意しながらみることは自分ひとりでできないことではありませんが、ごまかしきれないような浮気の証拠を手に入れるためには、経験豊富なプロである探偵にお願いした方が失敗がありません。

そして、探偵をお願いした場合は、単に、浮気に関する証拠集めだけにとどまらず。

状況に応じたアドバイスももらうことができるのです。

浮気をしているかどうか確かめたい!そんな時には、調査にはどれだけの人数が必要なのかというと、調査内容により、さまざまではありますが、多くの場合、調査は2人くらいで行うと言われています。

しかし、まだ浮気が確定でない場合には、浮気が確実かどうか、調査員が1人で調査することが多いでしょう。

浮気が確実なものとなったなら、再度計画を立てて調査員の数などの詳細を決めていきます。

今までと違った格好をするようになったら、怪しいです。

趣味を浮気の相手のものに合わせようと考えていたり、ほんの少しだけでも格好よく見せたりしている可能性があります。

突如、年よりも若めの色柄の格好着るようになってきたら、相当に危ない予兆です。

とりわけセクシーな下着をつけるようになった時、浮気をしている場合が多くあります。

探偵が浮気調査を行う時でも失敗する場合があるでしょう。

探偵は浮気調査をよくやっていても、予期せぬトラブルに見舞われることが少なからずあります。

配偶者がいきなり車や電車を使ったり、尾行に気づくこともあるでしょう。

また、浮気調査期間中に不倫相手と接触しない場合には証拠写真も撮れません。

探偵は依頼されたことのみを調査すればそれで終わりとは言えません。

不倫をしているのか調べていくと、トラブルが発生する可能性があります。

その時、どれだけ依頼者のことを優先的に思ってくれるような探偵が信用できる探偵ということです。

探偵を信頼してもいいか判断するには、相談中の相手の印象を見るようにして慎重に決めるとよいでしょう。

食事をした際に店で発行する領収証には定食の数から一緒にいた人の数が記載されている可能性があるので、浮気と特定する材料となります。

さらに、クレジットカード使用時の支出についてはしっかり月ごとに見るようにします。

仕事で利用したのにビジネスホテルではなかったり、一人で泊まったにしては割高な宿泊費である場合には、浮気相手と過ごしていたと見られることがあるのです。

自ら動くより、浮気調査は経験豊富な探偵に頼んだほうがいいでしょう。

探偵に依頼する方が、浮気の証拠を確実につかむことができます。

自ら浮気調査をしてみても、浮気しているということはすぐに調べがつきます。

だからといって、パートナーを責めてみても、浮気を認めようともしなかったら、有利な条件で離婚できません。

そのためにも確実な証拠が絶対に必要なのです。

カーナビにより浮気の事実を証明できます。

みつからないようにカーナビに残っている履歴を確認することで、相手と車でデートし、浮気した場所を見つけられる場合があります。

あまり見たことのないところの履歴があった場合、気を付けてましょう。

そして、何度もガソリンが入れられていた場合、デートを車でしている可能性はゼロではありません。

探偵は依頼するのにお金がいりますから、自分でやってみようとする人もいるものです。

テレビドラマだと尾行は大変そうに見えませんが、実際にやってみるとそう簡単ではなく、相手に悟られず尾行をするのは並大抵のことではないのです。

気付かれてしまえば相手も対策をとるので、本当に浮気していなかったのかわからなくなってしまうこともあります。

あったことをなかったことにさせないためには、プロに浮気調査をお願いするべきです。

GPS端末は、車の使用者の気づかないような場所に忍ばせ、行動の様子をリアルタイムで監視し、現在地を把握したり、時間のある時に、データを取り出して調べたりします。

あまり、車を運転しない人の場合は、身の回り品にGPS端末を忍ばせる、という方法もあります。

これで相手がどこをどう移動して、何時間滞在したのかもわかってしまうでしょう。

浮気調査の費用節約というと、事前にある程度自分で調べておくことです。

難しい調査ではありません。

何をすればいいかというと、パートナーの毎日の行動を記録するだけでいいのです。

毎日、出勤していった時間や、帰ってきた時間、電話がかかってきたならば、着信時間と通話時間も記録するようにしましょう。

探偵に浮気調査を依頼して、相手が言い逃れできないような証拠を得ても離婚の必要性については考えるべきでしょう。

子供がいらっしゃる場合だと特に、浮気をした、されたといって離婚などそう簡単にすることなどできません。

請求することのできる養育費も少額な事が多いですし、約束をしても支払ってもらえないことも多いですから、女手一つで子育てをするのはそう簡単なことではありません。

それは男性の場合であっても同様で仕事と両立しながら上手くやっていくのは難しいでしょう。

不貞の慰謝料は200万円前後が相場ですが、ケースによっては50万円程度ということもありますし、400万円くらいになる場合もあります。

離婚しなくても慰謝料を請求することができますが、額は少なくなります。

さらに、不倫相手が配偶者との肉体関係を認めないときには証拠が必要となります。

第三者からみてもはっきりとした不倫の証拠が必要です。

しょっちゅう同じ電話番号から取っていたり電話番号があるとしたらそれは浮気相手と連絡を取り合っているという可能性が大いにあるでしょう。

それがわかったら電話番号の主を割り出せますね。

ただパートナーの方が機転が効く人物となりますと、浮気相手との電話が終わったら電話番号の履歴を毎回削除しているということもあります。

貴方がパートナーに愛想を尽かし、浮気に対する慰謝料を望むのであれば、敵の情報は必要ですし、複数回に渡る、浮気の証拠を手に入れなければ駄目です。

その辺を探偵社に調査して貰うようにすれば、疑いようもなく誰にも認められる証拠を捉えてくれますし、裁判では、貴方の気分をスッキリさせてくれる材料を用意してくれるでしょう。

配偶者のレシートやクレジットカードをチェックすれば、浮気を確定することもできるかもしれません。

まず、普段は利用しないようなコンビニのレシートをしばしば目にすることが多くなったら、その近辺に普段から何度も行っていることになるのです。

そこで見張っていると、浮気の瞬間を目にすることが出来るかもしれません。

浮気の確証を手に入れるには探偵に浮気調査をしてもらうことが最も確実な方法です。

でも、探偵へ依頼すると高額なので、どんな人にも簡単に依頼することができるとはいえません。

探偵さんへの浮気調査の依頼には、お値段はどのくらいあればよいのでしょう?探偵事務所の違いで価格はそれぞれ異なるので、依頼する前には見積もりをお願いするのがよいでしょう。

格好をチェックすることで浮気の裏付けをすることもできます。

浮気をしているときに、著しいのは格好の変わりようです。

それまではお洒落には興味がなかったのに、突然にファッションにこだわるようになったらよく見ることが重要です。

この先、浮気に進展しそうな人や、もう浮気の相手がいるかもしれません。

動きを記録しておくことで浮気の証明をできることもあります。

大抵、人の日々の動き方にはパターンができてくるものです。

しかし、浮気すると、動きの法則性が変化してきます。

その曜日や時間帯に着目し、決定づけることができたら、注意して動きを観察するようにすると、浮気の決定的な証拠をつかむ見込みが増えます。

ほんとに離婚してもかまわない、慰謝料をちょっとでも多く取りたいと思う場合、思い切って浮気現場に踏み込むのも良いでしょう。

しかし1人で踏み込むという方法を取ると、さらに揉める可能性が高いので、止めておきましょう。

信頼できる人に一緒に行ってもらうなら、頭に血が上って事態を悪化させることがないでしょう。

あなたが信頼できる方がいない場合、思い切って探偵などに頼んでしまいましょう。

アルバイトとして探偵をしている人がいる場合があるんです。

探偵としてのアルバイトを調べてみると、なんと求人の情報があるのです。

このように、バイトが仕事をしている探偵事務所もいくつもあります。

浮気調査をさせようとするときには、個人情報を教える必要があります。

ですが、バイトだと唐突に退職することもありえますし、知ってしまった事柄を他の人に話す可能性だってあります。

探偵について、その特徴を考えると、人に怪しまれることのないよう慎重に慎重を重ねていわば地道な調査方法を取りますが、興信所は多くの場合、企業調査や身辺調査を任されることもあって、まず身分を明かしておいて正面からの調査を行う傾向にあります。

目的の人物の動きを把握するのは探偵の方が上手く、一方、興信所は情報を集めることが上手だと、おおまかには考えられます。

GPS装置を用い、毎週のように行っている所を検索して、その近所をウロウロしていれば、パートナーが現れるはずですから、その実態を把握することは可能です。

依頼するお金が無い場合には、地図情報システムで調査するのも、ひとつの方法ではあります。

ただし、その装置を仕込んだことが発覚することがあります。

生涯の伴侶の不適切な恋の調査を探偵に頼む時、一般的には、何人の調査員を雇って、どの程度の日にちで調べるのかを契約を交わす前に取り決めます。

1時間当たり1万円を超える人件費がかかるため、浮気調査をした時間が長ければ長いほど高額の調査費が必要になってしまうでしょう。

調べる人の事務所により、使っている用具や調査する人の力量には差異がありますので、口コミなども調べていったらいいと思います。

奥さんが夫の浮気の現場に踏み込んで惨憺たる状態になるのは、映画やドラマでよく描かれます。

配偶者の浮気現場に乗り込むのが男の場合は、傷害・殺人まで起きるという脚本もしばしば書かれます。

配偶者の浮気の現場に自ら乗り込むのも選択肢の一つです。

別れるつもりがあるならば、実行する余地はあるかもしれません。

浮気の調査を探偵に任せ、誰が見てもそうとしか思われない証拠が見つかれば、慰謝料の請求は配偶者と不倫相手双方にすることもできます。

不信感を抱いてしまった相手とこの先の長い時間を一緒に過ごすことは相当な心の重荷になりますから、慰謝料をもらい、離婚することは選択肢の一つかもしれません。

それに、配偶者の浮気相手に慰謝料の請求をしておけば別れさせることも難しくはありません。

成功報酬の場合、気を付けるべきなのは、例えば、浮気調査について依頼したとすると、調査期間が3日間だったとしてその3日間の調査期間の間に浮気をしていなければその調査に関しては成功ということになります。

浮気しているのかは分からないまま、その3日間だけ浮気が見つからなければ、浮気かどうかの証拠をつかむことなく、調査期間を終えてしまい、成功報酬を請求されるのです。

問題なく探偵が調査をしていても、残念なことに依頼者の気持ちが先行してしまい、パートナーが警戒心を抱くことになって証拠を残さないようにし始めたりして、失敗に終わる場合もあります。

浮気調査を探偵に依頼しても、確実に証拠が集められると決めつけてはいけません。

充分な調査が出来なかったときの費用についても、契約書を作る際にちゃんと確認しておきましょう。

探偵が尾行する際の料金はどのくらいかと言うと、調査する人の数にもよりますが、相場としては、1時間で1万円から3万円が目安です。

当然ですが、調査員が少ない人数なら安く、多くなるほど高くなります。

また、尾行する際に車とかバイクで行う場合、交通費や車両費として別途請求されることがありますので確認が大切です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Rika
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/agnngl1lttisyo/index1_0.rdf