ミリオンダラー・ベイビー鑑賞

May 30 [Mon], 2005, 23:55

ミリオンダラー・ベイビー鑑賞しました。
今年のアカデミー賞主要4部門を、受賞した作品。
ずいぶん前から、観たいと思っていたら、アンアンの「Movies」
でも稲垣吾郎氏が、大絶賛のコラムを書いてて・・・。
「スマステ4」の「月イチゴロー」でも1位に選んでて、日本中の
人に奨めたい映画と、吾郎氏。
早く行かなきゃと、公開3日目でやっと鑑賞できました〜。

実は、泣きました!と何度も吾郎ちゃんが言うので、
なんとなくストリーの後半が、想像ついてたんですよね。
「ハッピィエンドでは、ないけれど、後味のいい映画。」
いや、けっしてそんなことはないと、思う。
想像以上の、悲劇だったので涙が、凍りついてしまいました。
私は、今も悲しさを引きずってて、大変〜!

ボクサーをめざすマギーと、トレーナーのフランキー。
初めは、やはりボクシングのトレーニングシーンから。
マギー演じる、ヒラリー・スワンクは、映画の撮影がはじまる前、
3ヶ月間のトレーニングで、ボクサーになりきる訓練をとげたそう。
すでに、ヒラリーの筋肉は落ちたそうで、「はなまるマーケット」の
ゲストで出たときに腕をみせてくれたら、確かに細かった。
トレーニングをやめたら、本当に戻るのね。
すでに、あの若さで、主演女優賞を2回も受賞してるだけあって、
もう演技は完璧。マギーになりきってたと思う。
目の力も強くて、目で言葉を語ってるような気もした。

ボクシングのシーンは、テレビでボクシングを見てるときと同じ、
自分も一緒に、動いてしまいませんか?
私は決して、ボクシング好きではないけど、つい反応してしまった。
格闘技が好きではないから、女性のプロレスだって見ないし、
女性のボクシングなんて見た事ない。
だけど、マギーの戦ってる姿に感動して、見入ってしまったほど。
戦わなくても、ボクササイズとしてトレーニングする人もいるし、
ボクシングが魅力的だった。
鼻が骨折したり、瞼が切れなければ・・・。
トレーナーのフランキー演じる、クリント・イーストウッドは、
さすがに渋い演技。顔のアップがくるたびに切なくなった。
音楽も、クリント・イーストウッドが手がけてるし、すごい才能。
録画しながら、まだみていない「ミスティック・リバー」だけど、
この作品も、アカデミー賞2部門を受賞してるし、1年後に
また大成功するなんて、本当に映画監督としてもすごい。
日本に来て、インタビュー受けてるのを聴いてたら、
映画が本当に好きで、映画人生を堪能してる気がした。

スクラップ演じる、モーガン・フリーマン。
彼がいなかったら、マギーとフランクの出会いもなかったはず。
かたくなに女性ボクサーを拒否していたのに、フランキーが
マギーを愛情を持って、育て上げるきっかけは、彼。
味のある演技でしたね。静かに、見守ってただけでなく、
無能なボクサーを、たたきのめしたり。
影から、フランキーを見守ったり。
最後まで、この作品の語り手でした。

涙の発火点実は、驚きと、哀しさで涙が凍ったの。
まったく涙がでなかった。哀しかったより、怒りだとか、悔しさだとか、
いろんな思いが、ぐるぐる廻っていくうちに、泣けなかった。
だけど、エンドロールが終って、明るくなってもすぐには立てなかったの。
かなりの力が抜けて、脱力感を感じてたから・・・。
一人で観たし、最終回だったから、人も少なくて寂しいけど、
誰かと一緒でも、すぐには言葉が出なかったと思う。

稲垣吾郎氏が、心温まるとか、面白かったとか
なんて言葉を気軽に使えない、深くて重い内容。
でも、これは本当に見たほうがいいですよ。

とアンアンのコラムを締めくくってるけど、本当に重い。
こんなに、重くて引きずるなんて思わなかったから、大変だった。
やっと、一息ついたかも。
いい映画でしたが、すぐにもう1回は、見れないと思う。
だけど、絆とか、愛とか、考えさせられる作品なので、お奨めしなきゃ〜。
  • URL:http://yaplog.jp/agnes1756/archive/284
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
アリス
>halさん。アカデミー賞を、とった作品なので
観ようとは、思っていましたが、スマステ4や、アンアンで
吾郎さんが、紹介してて、しかも褒めてるとなると、観ないわけにはいきませんね〜。


>16mmさん。結末を知っていたなら、観たくなかったような作品でした。もう少し時間がたたないと、語れないような気もしますね。時が経ち、またこの作品を観たときには、ちゃんと作品と向き合えればいいなと、思います。
忘れられない作品ですね。


>lotrleoさん。この作品のポスターや、写真などを目にした時、甦る思いがあります。なかなか、消えないですよね。もっと時が経てば、消えてくでしょうか。
また、別の思いが出てきそうな気もしますね。
泣いたほうが、すっきりしたと思うので、泣けずに後悔なんですが、終わりはこなかったでしょうね。
June 14 [Tue], 2005, 23:36
TBありがとうございました。
鑑賞してから随分経つのですが、いまだに体の中に重みとして残っているような気がします。 一生かけて消化しなくちゃいけなそうに思えてきました。 ほんと、気軽に泣いて終われないですね。
June 14 [Tue], 2005, 22:41
16mmと申します。
TBありがとうございます。

この映画のなんとも言えない結末を自分の中では総括し切ってないので、いずれ拙くてもこの時の思いを文章に残そうと思ってます。

この映画、明らかに今後記憶されていく映画だと思います。
June 14 [Tue], 2005, 10:40
TBありがとうございました。

吾郎さんも推薦してたんですね。ハリウッド映画で久々に良い映画でした。
June 14 [Tue], 2005, 8:37
アリス
>hirokoさん。涙がぼたぼた落ちましたか。
かえって泣いたほうが、すっきりできたかもしれません。
いい映画だったのに、人に伝えにくいですよね。
何を言っても、ネタばれになるし。

ランキング2位で、やはり楽に観れる「交渉人真下正義」
みたいな映画が強いですね。
June 05 [Sun], 2005, 23:46
TBありがとうございました。
アリスさんの映画の感想、かなり同感しました。
確かに重い。気軽に良かったねーって感想を述べられない映画です。
なので、私はこの映画に関しては満点は付けられません。うーん、涙が無意識のうちにぼたぼた出てきた映画です。
June 05 [Sun], 2005, 21:59
アリス
>anyさん。anyさんは、涙がこぼれおちた派なんですよね。
号泣すると、かなりへこみそうですね。
映画を、観た後に「よかったね〜。感動したね。」と
軽く口に出来なかったですが、心に残る作品でした。
June 01 [Wed], 2005, 2:15
アリス
>なななさん。きっと、観る人によって受け止め方が
違うのでしょうね。感じ方だって、いろいろあるでしょうし、
感想はひとつじゃないはず・・・。
時間がたてば、また感想がかわっているかもしれません。
出逢えてよかったと思う作品でしたね
June 01 [Wed], 2005, 2:03
アリス
>Carolitaさん。初めは、スポーツ根性もののように
見せて置いて、後半でかわってしまうので、
「そこまで見せないで〜!」は、わかります。
どんどん、ひどくなっていく所ですね。
本当に。忘れられない1本の作品だと思います。

こちらこそ、これからもよろしくお願いします。
June 01 [Wed], 2005, 1:58
アリス
>えいさん。初めは、アカデミー賞とった作品だし、
2回くらい観たくなるかも・・・、なんて考えもありましたが、
衝撃が大きすぎました。
鑑賞後は、どう過ごせばいいのか・・・。
2回目を、観るとしたら相当先ですね〜。
June 01 [Wed], 2005, 1:51
アリス
>しゅ〜る♪さん。泣き所ですか、けっこう
皆さん、同じみたいですよね。
「パパの犬みたいにして。」だとか。
ここで泣かないと、私のように引きずるのかも。
June 01 [Wed], 2005, 1:47
アリス
>はっちさん。アンアンの映画コラムは、かなり好きな
こと書かれてるから、参考になるかどうかより、
面白いです。吾郎さん以外に、あと3人の方がコラム
書いてるので、担当は月に1回ですが・・・。

重い・・・。今もなお、重いんですよ。
June 01 [Wed], 2005, 1:43
アリス
>小夏さん。そうですよね〜。
ストリーの前半は、紹介されてても、後半は伏せてあるから
想像以上の衝撃ですよね。
ヒラリー・スワンクは、本当に演じることのできる
「女優」ですよね〜。
June 01 [Wed], 2005, 1:38
はじめまして。TBありがとうございました。
素晴らしい演技と切ない物語に涙がとまらない作品でした。
涙が凍りつく…、納得です。
May 31 [Tue], 2005, 22:52
TBありがとうございました。
色んな思いがめぐる映画だと思います。
悲しさや重さそんなものがどっと押し寄せてきました。
でも心からみてよかったと思える作品でした。
May 31 [Tue], 2005, 20:56
はじめまして!T/Bありがとうございました。
ホントに「そこまで見せないで・・・」と叫びたくなるような展開でしたが、前半のボクシング・シーンが長かった分、後半はそのマギーの残像がフラッシュバックして余計に苦しかったです。
また、忘れられない一本が増えました。
こちらからもT/Bさせて頂きました。今後ともよろしくお願いします。
May 31 [Tue], 2005, 20:29
コメント&トラックバックありがとうございました。

涙が凍り付いたと言うのは、
この映画を見事に言い当ててる言葉ですね。
私もまだ2度は観ることができません。
May 31 [Tue], 2005, 9:55
TBありがとうございますぅ。
ゴロちゃんは、そういう風に言ってたんですね〜。
わかるわ〜。
泣き所、書こうとおもったけど、ネタバレになるので、
かけません。。
私は、結構、泣けました。
May 31 [Tue], 2005, 9:31
>言葉を気軽に使えない、深くて重い内容。
アンアンとか読まないので、稲垣吾郎さんがそんな
コメント載せてるとは知らなかった・・・確かに、
観終わった後の感想はそんな感じでした〜♪

May 31 [Tue], 2005, 7:28
こんにちは。
TBありがとうございました。
私は予備知識なしで観たので、めっちゃ衝撃を受けてしまいました(泣)。
こういった内容の映画だとは思ってなかったもので・・。
今回は、いぶし銀の二大巨頭もさることながら、ヒラリー・スワンクの存在が大きかったと思います。
普段とは全く「顔」が違うんですもの。これはすごい!
May 31 [Tue], 2005, 7:23