小笹でアントニオ古賀

October 21 [Fri], 2016, 23:25
妊娠と言えばすぐに葉酸の名前が浮かぶように、この「妊娠」と「葉酸」はとても関わり合いの深いものですよね。それというのも、妊娠初期には、葉酸が最も必要であると同時に不足しやすい栄養素である為です。

もちろん、妊活中の女性にとっても、最も重要な栄養素であることは間違いありません。



実際に妊娠が発覚した後で慌てて葉酸を摂ったとしても、葉酸が最も必要な受胎直後に戻ることは出来ません。

ですから、適した母体で赤ちゃんを授かることが出来るように、妊活中を始めた早めの段階で、食事やサプリによる葉酸の積極的な摂取を注意してください。
不妊の根本的な原因は、排卵がうまくいかない排卵障害や、受精しても子宮に着床が困難であるといった婦人科面での要素と、精子の量が著しく低くて受精に至らない無精子症や性機能障害等、男性側の原因とが挙げられるでしょう。もし不妊の原因が何か分かっていても、それだけが原因とは言い切れません。
ほかの要因を放置して妊娠の時期を逸することがないよう、両親ともに受診して検査を受けることが必要です。


葉酸はあなたも知っての通り、妊娠を希望する方や妊娠中の女性にとって不可欠な栄養素です。ですが、葉酸だけを摂っても不十分です。葉酸は、それ単体では体内での吸収率が悪いために、サプリの利用を考える時には、葉酸以外の栄養素が配合されているものを選ぶのが良いでしょう。

目安としては、25種類ほどの栄養素を含有しているものを選べば不足しがちな栄養素を一度に補給できますよね。
こうしたサプリは胎児の健やかな成長に働きかけるだけでなく、妊娠しやすい体を作る基本の栄養素でもありますから、妊娠を計画している女性は今から飲んでおくと安心です。



一般的に、妊娠してから病院が行う栄養指導や、母親学級で指導された方も多いと思います。
多くの方が、そうした機会に、葉酸の働きと葉酸を多く含んだ食品を学ぶと思います。皆さんがご存知のように、葉酸を多く含んだ食べ物として、一番に声が上がるのがレバーだと思います。



はかには、野菜もそうですね。食べ物で葉酸を摂るならば、葉酸が加熱によってその大半が失われてしまうという葉酸の特性を承知の上で、葉酸の摂取量を考えていただけたらと思います。



葉酸は野菜の中に多く含まれていますが、その中でも特に葉酸を含んでいる野菜と言えば、小松菜や菜の花、近年高い栄養価で有名になったモロヘイヤなど、青菜の野菜です。


妊娠後、なるだけ早く、こうした食材を積極的に食べた方が良いと思います。



葉酸の摂取で、先天異常の発症リスクが抑えられるという報告があります。とはいえ、毎日たくさんの野菜を摂取するのは大変ですよね。そんな時には他の食材で補っても構いません。例えば納豆や貝類を食べるのをおススメします。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ケイタ
読者になる
2016年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/agneckpkthrici/index1_0.rdf