【 更新情報 】

スポンサードリンク

国によって異なるアジアンノットの呼び名

日本や中国、韓国や台湾など、東アジアで行われている飾り結びの事をアジアンノットといいます。

アジアンノットはその国ごとに呼び名が異なり、中国では中国結び、またはチャイニーズノット、韓国ではノリケ、そして日本では飾り結び、または花結びと呼ばれています。

アジアンノットは本来、アクセサリーといった装身具の他にも調度品、仏具にも使われていたりします。

アジアンノットのノットは英語のKnotから来ていて、その意味は縁や絆、結び目といったものです。

その意味のようにアジアンノットは縁結びを祈って作られるもので、想い人と連れ添って歩きたい、といった想いがある方はアジアンノットのアクセサリーを作ってみるといいかもしれません。

最愛の人に送ってみればきっと喜んでくれることだろうと思います。

アジアンノットのアクセサリーはネックレスやブレスレット、チョーカーやブレスレット、指輪といった具合にさまざまなものを作れるので、都合に合わせてその人に会ったアジアンノットを作ることが出来ます。
P R