αGヘスペリジンの低体温症改善効果の秘密とは? 

October 09 [Sun], 2016, 10:08
あなたは、低体温症の正しい改善法をご存知ですか?


低体温症は、具体的な症状が現れないため
改善したくても行動に移さない方が多いようです。


しかし、体温が1度下がると
基礎代謝が13%も落ちると言われています。


つまり、体温が低くなれば
確実に肥満のリスクが高まります。


そもそも、人より体温が低い人の中には、
食べないダイエットをしていて、
ビタミンやミネラルが不足しているからかもしれません。


ビタミンやミネラルが不足すると、
からだの中で食べ物から熱を作り出すことができないため
体温が上がらなくなってしまいます。


しかし、ビタミンはとても消耗しやすい成分です。


例えば、甘いものを食べたときに、
血糖値を下げるためにビタミンは消費されます。


他にも、ストレスを受けたり、
アルコール、タバコなどによっても
ビタミンは消費されてしまいます。


そんなビタミンの消耗を防ぐと言われている成分が
ヘスペリジンという成分です。


ヘスペリジンはみかんの皮やすじ、袋などに
多く含まれている成分です。


しかし、みかんの皮やすじ、袋は
捨ててしまうことが多いので
なかなか摂取できないですよね。


そこで、ヘスペリジンを効率よく
摂取するために作られたサプリメントが
グリコの「αGヘスペリジン+ナノヘスペリジン」です。


「グリコのαGヘスペリジン+ナノヘスペリジン」は
通常のヘスペリジンにくらべて吸収率を3倍にした
「糖転移ヘスペリジン」
ヘスペリジンを小さな粒にして吸収率を上げた
「ナノヘスペリジン」
をミックスすることで、
素早く効いて効果が持続するという
速効性のあるサプリメントです。


公式サイトでは、
ヘスペリジンの効果の実験結果も載っているので、
気になる方はチェックしてみてください。
  ↓    ↓    ↓