恋・・に・・ 

May 29 [Mon], 2006, 6:07
それから・・数日後・・LIVEの日が♪やってきた。

時間より早く、行こうかと思ったけれど・・やや少し遅れて

入った(ここが女心という物なのだ)ほんの少し待った方が

「あっ!来てくれたんだ!!と、思ってて欲しかった。。

がっ・・さりげなく「来てくれたんだね。空いている

所に、座るといいよ。^^」だって・・ん?

何か、前回と違う態度・・?・・そしてその人は違う席に行って

しまった・・『来るんじゃ・なかった・・』本音だ・・・!!

違う女の人に、囲まれているその姿をみて・正直後悔したの・・


は〜。。。ため息もの・・

恋かも・・誘い 

May 23 [Tue], 2006, 11:14

マスターが気を利かせてくれたのか・・困ったのか・・

「こいつら、¥無いんだよ・・無理して誘わないでやって下さいよ〜」

「そう・・きっと楽しいのになぁ〜・・」少し間が空いてから

「おごるからって行ったら・・失礼かな〜?ね・・マスター・・」



正直言って、聴きたいミュージシャンの時は・・いつも来ている。

ただ、今回は有名な方らしいが・・

”らしい”と言うことは興味が無い音楽なのである。

そんな事も言えず、話しが進んでゆき・・

おごりで行く事になってしまった・・



私は性格上、男女・年上年下関係無く”おごられる”事が

嫌いなせいも有り気の重い”約束”をしてしまった事を

後悔してしまう。『ああぁ〜自己嫌悪・・・』



「じゃ、来週♪待ってますから、一緒に聴きましょう。

ではおやすみなさい!」



でも、何着て行こう〜♪・・・・・なんだか浮かれていた。


恋かも・・V・・誘い 

May 23 [Tue], 2006, 11:01
   ・・誘い



マスターが作ってくれた”ピザ”を食べながらの・・

たわいも無い会話。



「君達って、マスターと仲が良いみたいだけれど

常連さんなんですか?」

「ええ、お店する前の知り合いで、ここのママさんと

結婚する前からお二人には、色々私達三人とも

可愛がってもらっているんです。」



 実際、人前では”マスター”と”ママ”と、呼んではいるが

裏?では名前で呼んでいる・・だって同じ出身地で、

学年は全く違うが

出身高は、同じ=親どうしも知り合いなのだ。



「僕は、音楽が好きでよくここに来るんだよ、

色んなミュージシャン♪が

LIVEで来るでしょう。で、今日も今度来る予定の

話しをしていたんだ。」

 くったくの無い笑顔で、話がはずんで行き・・

「今度の方は、良い♪よ〜。来ればいいのに。」

一人の友達がLIVEボード見ながら・・

「え〜?だって、3,800円だよ〜高い・・」


恋かも・・・U 

May 22 [Mon], 2006, 8:16
<大>友人と会計を、済まそうとしていたらマスターが、「新商品で出そうかと思っているから、

ピザを試食して感想を、聞かせて欲しい。」との事。

お腹がいっぱいなのに、女って現金な物で「頂きます!」と食べてしまい

その折、カウンターのあの人にも マスターが1枚のピザを皆に

分けてくれたのが、きっかけで少しお話をし始めた。



その時は、とっても気さくな人で 笑いながらしゃべるその人柄、

おおらかで、かなりお酒もすすんでいただろうに、

かといって偉そうな訳ではなく、うんと年下の私達にも 丁寧語で

まるで下心等みじんのかけらも感じなかった。

それは、私達に色気を感じなかったのかもしれないし 私達が警戒する

雰囲気でも無かったのかもしれない。

でも、たいがい”色の雰囲気も無い50才がらみ、アルコールの入ったおじさん”って

敬遠するし、してきた・・又、色ある方でも”エロオヤジ”と思って来たのだ・・

その人は、そんな事を意識させない爽やかな方ではあったのです。が。まさか、



まさか・・その人に”恋”ごころが生まれるなんて、思いもしない出逢い だった。

まさか・・ 

恋・・かも・・ 

May 22 [Mon], 2006, 7:12
 

恋 ・・・・・・出逢い



あの人との出逢いは、半年程前の夜だった。

”LIVE&PUB”、JAZZ♪が静かに流れている。

ライブハウスなのに料理も、なかなか美味しくPUBなのに、

女一人でもフラリと行き易いのでチョクチョク行く。

・・そうね、20人も入れば

満席って感じのこじんまりした”LIVEHOUSE”。

openして数年の綺麗なお店だけれど、

ずーっと前からある様な、とっても居心地のいい感じの♪お店。


この夜は友人に、誘われて・・・

友人とは、中学からの親友で女3人久しぶりに集まり、

美味しい食べ物を、ちょいつまみながら飲んで2時間位・・



カウンターに気になる”その人”が一人、マスターと音楽の話をしながら

水割りを飲んでいた。そのほかお客さんはテーブルに、3・4人・・・

マスターは前からの知り合いで45歳前後っていうのは

知っていた。そのマスターが敬語で話されていたから 

きっと年上であろうことは

見た目でも分かった。とってもハンサムって感じでは無いし

色気なども漂わないが、

くたびれたおじさんではない。むしろ清潔感があってダンディな

おじ様と言った方が、正しいのかもしれない。


2006年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ageha_cyoucyou
読者になる
Yapme!一覧
読者になる