北斗ってやってる人少ないのかな 

2005年12月10日(土) 10時14分
ここまで放置しとくとこのままお星様に捧げたくなってくる今日この頃
なんか頭だるくて意味わからん

昨日は久しぶりに裏店行ってみました
早めの時間に行ったら対戦相手いないので北斗でCPUと戯れました
とりあえずラオウとユダとシンを使ってみているけどやっぱりユダが一番萌えますね
死兆星光らせるのもコンボからある程度楽にいけそうだし
一撃とかいうシステムどうかと思うけどね
理不尽すぎ
だがそれがいい
北斗だからしょうがない

んでしばらくしたら冥さんが来た
久しぶりに冥さんの鰤とガチった
ザッパ戦のアドバイスできることがほとんどないのが申し訳ない
だぅ鰤にやられて嫌なこととかあるけどプレイスタイル違うっぽいしのう
とりあえず下Pと前Pを的確に振られると泣きたくなる感じ?
あとは星船を牽制に混ぜたりとか
犬の消し方はだぅの場合犬バク転見てから星船だったと思う

たけしさんのミリアともガチ
ミリア戦て段々何やってるんだかわからなくなる
色々ごまかしつつ気合で乗り切ってた
とりあえず前Kを見る気がないのをばらしちゃったから気をつけるようにしよう
ラオウに頼っちゃうのもまずい気がしなくもないですね

北斗は結局ほとんど対戦できなかった
ハート様も今度使ってみたい

真偽については調べてない 

2005年11月30日(水) 22時17分
↓良作だと思ったコピペ

ある有名な心霊スポットへ、深夜に車で行ってみたんですって。
トンネルを抜けると、そこが有名な心霊スポット。
と、そこに目の前にふっと女の人の白い影が。
あ! と思って、慌ててブレーキを踏んで、降りてみたところ、
そこに人影はなく、目の前は崖。
なんでもガードレールが壊れていて、ブレーキを踏んでなかったら
落ちてしまっていたかもしれないということです。
「あの幽霊は助けてくれたんだ」
そう思って、そこで手を合わせ、お祈りして帰路についたそうです。
トンネルを引き返す途中、ふとミラーを見ると、後部座席に、先ほど、
目の前を横切った女の人の姿が……。
その女の人は、こう呟いたそうです。
「死ねばよかったのに」
「いや、でもホント助かったよ。ありがと」
「ば……ばかっ、あんたなんか死んじゃえばよかったのよ!」
「お礼しないとな。また来週きてもいいかな」
「ダ、ダメっ! また落ちそうになったら危なあわゎ///」
翌週、なんか弁当用意して待っててくれました。
作りすぎただけで、決して僕のために用意したんじゃないそうです。

悶えました

んで、話し変わって今日妹とした会話

いも「あんまりコーラ飲み過ぎないほうがいいよ」
ボク「そうね」
いも「太るよ」
ボク「そうね」
いも「あとね、コーラ飲むとキレやすくなるんだってよ」
ボク「・・・・・・」
いも「なんか一応証明とかもされてるらしいよ」
ボク「・・・・(あのお方を思い浮かべる)」

外だったもんで笑いをこらえるのに必死でした

週1ペースになってるね 

2005年11月28日(月) 4時28分
秋葉セガで3on
組んだのはたけしさんとチョブー
結果は2回戦敗退
槍点対策がいまだにできてないのがまずい
対策あるのかわからないのがさらにまずい
HJからダッシュで抜けられるのかな
今度色々試してみよう

その後飯食ったり足し算間違えてて煙草代なくなってたりあくたんのほっぺがぷにぷにだったりな休日

ひさしぶりの日記 

2005年11月21日(月) 0時32分
一週間も書いてなかったんですね

今日は裏店でガチったあとたけしさんの家でするめたんと3人でEFZやった

なんかするめたんがまた聖ソルになってたけどなんでだろ
まあ、色々なキャラと対戦したいから色々やって欲しいですね

んで、はじめてのEFZ対人戦

たけしさんは実力違いすぎてなんともはや
胸を借りるつもりで超必ぶっぱなしまくりましたヽ(´ー`)ノ
無敵時間のない超必ってなんか理不尽でいいですね

するめたんも対人戦ははじめてらしくいい勝負だった

やっぱ格ゲーは対戦が楽しいですね
とりあえずまともな対戦になるようコンボと立ち回り練習しないといけないですけどね
がんがる

首都高初体験 

2005年11月13日(日) 16時33分
金曜の夜からたけしさんとだぅ邸行った
本を売ったり荷物持ってったり車だったりバイクだったり
珍しく週末の時間を無駄に使わなかった
たけしさん色々お手伝いありがとうございました

んで、中野でギルティ対戦

よくガチるキャラ以外の技相性がわかってない
もともと牽制なんて振らないスタイルだったせいってのもあるんですがね
がんばって立Kを信用できるようになろうと思った
リスクがでかすぎる牽制な気がするけど気にしない方向で

ヴェノムのスティンガーを潜れるように意識したいなぁ
カイのスタンとかは潜れるのになぜかスティンガーは立ち止まってしまう
なんでだろ
あとは崩されるのは仕方ないと割り切ることにしよう
生きてりゃ犬がなんとかしてくれるさ

鰤戦はよくわかんね
犬憑依中どうやってこのキャラに追いつけばいいんだろ
延々走り回ってゲージだけは溜まるね
そのうちまただぅに連コしに行こうかな

今度は卵のせよう 

2005年11月07日(月) 0時38分
バイトのシフトがたまに変更あるんですよ
カレンダーに書いてあるのを修正するだけで告知はないんですよ
んで、大体バイト終わって帰るときに次回のシフトがメモ帳どおりかを確認するんですね

今回確認忘れてて不安だから確認のメールを店長に出した
返信こねー
しょうがないから店に電話しようと思った
電話番号しらねー
まあ、遅刻するよりはいいだろうと早めに行ったんですけどね
一番早いときで16時開始なんですよ
今日は結局20時開始だったわけですがね
変更なかったらしい
まあ、堅実にいくのはいいことだということで高島平の宝島へ行ってみた
1ゲーム100円だった
んで晩飯にアペタイトで焼きそば食べた
バイト先のすぐ近くにあったのね

なんか無駄だか充実してんだかわかんない休日の過ごし方でした

会話できないのにチクれるんだね 

2005年11月05日(土) 23時06分
こないだサックがボクのバイクを警察が見てたとか言ってたんだけど
チクってたの料理屋のオヤジらしい

23時前にちょっと裏店覗いてみるかなと行ってみた
店の前に行ったら警察が2人とオヤジが話しててなんかあったのかなと聞いてみた
ああ、路駐ね
なんか歩道に原付数台停まってる
ご苦労さん

んで、ボクのバイクを指差して
オヤジ「このバイクもここに毎日停まってるから」
ボク「はあ、確かに止めてること多いですね」
オヤジ「毎日停まってるから」
ボク「週1回か2回を毎日というならそうですね」
オヤジ「毎日停まってるから」
ボク「毎日はきてねーよ」
オヤジ「毎日停まってるから」

ダメだこの人脳みそ詰んでる

なんか知らんがオヤジはそのまま消えた

あとは警察に一応免許見せて荷物確認
ちょっと聞いてみたくて聞いてみた
ボク「このへんに駐輪場ってないっすよね?」
警察「警官に言われても知らないよ」
ボク「いや、地元じゃないんでわかんないんすけど」
警察「そんなの北区に言ってくれよ」

ダメだ警察も脳みそ詰んでるらしい

鰤慣れしないとだぅ鰤がなぁ 

2005年11月03日(木) 13時41分
小中学生の客が多いゲーセンて疲れますね
バイト後裏店行って癒されました

久々に冥さんの鰤と対戦した
牽制勝負は勝てる要素ないわけで
まあ、無憑依はムカデと投げの2択になりますね
あとはヨーヨー設置に合わせて憑依とか
なんだ他のキャラと変わんないじゃん

今回剣でもある程度ダメージ望めるからがんばれそう
逝きます牽制をちびちび振ってると結構辛そうだし
ヨーヨー設置されたときの立ち回りも考えないとなぁ

幽霊と犬は今までどおりなかんじ
犬の消し方安定されると困るからたまには立ち回り変えてみようかな
まあ、大抵安定行動取っちゃうんですがね

あとは割り込みの星船を読めればいいなとか

今回真の曲入ってるんだっけ 

2005年11月02日(水) 1時11分
アイマスのムックとCDの2枚目が発売されたらしい

天気いいなぁ 

2005年11月01日(火) 11時16分
スクール水着で自転車乗ってる女子高生とかいないかなぁ
2005年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像セ・ロ〜リ
» いぬこえー (2005年09月18日)
アイコン画像あげ
» 百万石ってどんくらいなんだろ (2005年09月14日)
アイコン画像おらんだ
» 百万石ってどんくらいなんだろ (2005年09月13日)
アイコン画像あげ
» 抱き枕が欲しい (2005年06月24日)
アイコン画像だぅ
» 抱き枕が欲しい (2005年06月20日)
アイコン画像
» 抱き枕が欲しい (2005年06月17日)
アイコン画像あげ
» プリクラ見せてもらってないや (2005年05月20日)
アイコン画像おらんだ14
» プリクラ見せてもらってないや (2005年05月19日)
アイコン画像あげ
» 往復6時間はこんなんなきゃやってられん (2005年05月15日)
アイコン画像だぅ
» 往復6時間はこんなんなきゃやってられん (2005年05月14日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:age_age
読者になる
Yapme!一覧
読者になる