のっ・・・のび太!? 

2007年11月10日(土) 23時15分
普段、祖父は眼鏡をかけている。

しかし1日のうち、あることをする時だけは、絶対に外すのだ。

そう、寝る時だ
(ソファで転寝している時は、眼鏡はかけたまま口を開けて寝ている。)


そんな祖父と、夜中にトイレで出くわして祖父の顔を見ると、
私は必ず思ってしまう。





眼鏡かけてない時の

のび太にソックリやんっ!!






目が完全に→  3 3      になってます。
             ⊃ 
            □  
       

祖父、ハマったか!? 

2007年10月28日(日) 21時03分
姉の投稿

先週、「ドアを閉めなかっただけで突然、妹にブチ切れる」という
祖父のあり得ない攻撃を発端に、家庭内戦が勃発。
いつも黙っている父も、ついに祖父へ反撃



「もう俺らいらんねんたら、出て行くから」



たったこの一言で、横暴な祖父の態度が一変。



「ちょっとワシの言い方が、悪かったかもしれん・・・

妹には明日謝るから、出て行くなんて言わんでくれぇ〜

ワシ、1人になったら困るからぁ〜・・・





突然、私たち孫に謝るわ、優しくなるわ、少し態度も沈静化。
かなりパンチが聞いたらしい。
(相変わらず「ワシ、胃潰瘍」と妄想的発言はしているが)




そんなこんなで、ちょっと静けさが戻っている我が家






・・・で、どうやら祖父が新しいものに目覚めたらしい。



外食だ。





年に数度、「ワシがオゴるから、外に食べに行こう」と言ってくれるので、
時々祖父と外食に行く私たち。

今日も「夜は外食しよう」と言っていたのだが、
とにかく並ぶの大嫌い+晩御飯の時間がやたら早い祖父に合わせ、
晩御飯というには早過ぎる午後5時には出発。
5時半には食べ始めるという、なかなか(腹に)ハードなスケジュール


ハードだとは思ったが、実際には大食いな私は2人前食べた。

普段、自分がお金を出すときには1番安い物を注文する父は、
「ここぞ」とばかりにステーキを注文していた。




そして、普段「ワシ、胃潰瘍じゃ」と未だ言い続ける祖父。
改めて言うが、「自分は胃潰瘍だ」という、ただの妄想だ。


「どれにする?」と問いかける父に、
「うん、ワシ、なんでもえぇ〜よ」と言ってたものの、祖父が頼んだものは・・・・



「トンカツ定食」





え〜〜〜〜〜
胃潰瘍なんじゃぁ〜ないのぉ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




そんなツッコミは、心の中にしまっておいた。



・・・祖父がオゴってくれるからだ。






何やら外食に気をよくした祖父が、父に聞いていた。



「焼肉、食べに行ったこと、ある?」


「あぁ、あるよ。でもちょっと食べたらすぐ1万円くらいするわ。」


「おいしいの・・・?」


「やっぱり柔らかいし、おいしいよ。」



するとそれを聞いた祖父は、


「今度、焼肉食べに行こう!!!」



祖父は脳梗塞になって控えてるだけで、もともと相当な肉好きなのだ。

そして、お会計の時に祖父は目を輝かせて言った。



「来週の日曜日は、

焼肉食べに行こう!!!」












・・・・・・・・・・・・・・・・・・胃潰瘍は?

顔面を・・・・・!!! 

2007年10月24日(水) 23時14分
姉の投稿

小さい頃、私はどちらかというと祖母に可愛がられてた。
そして弟は、祖父に可愛がられていた。


弟と喧嘩をした時、弟が先に私を殴りまくってきて、
手を出さずに我慢した挙句、最後に1発。

私が弟を1発殴っただけで、弟は号泣。

その声を聞き付けてやってきた祖父は、
何事かも聞かず、真っ直ぐに私の元へ歩いてきて・・・・・・・




バチーーーーーーン!!!






私の顔面を殴ったのだ。







恐るべし、祖父。

どう聞いても弟が悪いのに、私を突然殴るとは。
しかも本気で殴りやがった。
相当痛かった。


私が思い切り泣かされた。



私が人生で顔面を殴られたのは後にも先にもこれだけ。

「父さんにもぶたれたことなかったのに!」

まさにコレだ。




ちなみにこの話をしたら、うちの母激怒。
「うちの娘の顔面を殴るとは!!!」と。

未だに許せないことの1つらしい。

胃潰瘍という、妄想。 

2007年10月15日(月) 23時03分
姉の投稿


先日書いた「ガンだと思い込む妄想」この続きになります。

「わしゃ、ガンじゃ」と五月蝿い祖父を大きな病院へ連れて行き、
検査結果ではもちろん・・・・

「異常なし」※よく覚えておいてもらいたい。

人も羨むほどの綺麗な胃だと言われた数日後のこと・・・・・




私は、父と祖父の3人で晩御飯を食べていた。

先にご飯を食べ終わった祖父は、恒例の薬飲み祭りへ
そして一通り飲んだ後、こんなことを言い出した。

「胃潰瘍の薬はどこじゃったかいな・・・」


自分の耳を疑った。
つい数日前「異常なし」と言われたばかりなのに、
必死に薬を探した祖父は「あ、あった。」と薬をゴクリ


父もこのことに首をかしげていたが、
同じようなことが翌日もあり、私の前でやたら「胃潰瘍の薬」と連呼していた。




そしてついに今日だ。





台所で娘のお昼ご飯を作っていた私の元へ祖父が来て、
突然喋りかけてきた。
(喋りかけてきたと言っても、いつも病気の話しかしないのだが)
この話の内容に私は、どんびきだった。




「おじいちゃんな、

胃潰瘍が酷くなってな。」





・・・・は!?


「もう胃が悪くて・・・胃潰瘍酷くなったから」



そんなことをブツクサと・・・

たまにはハッキリ言ってやろうと、私は聞いた。





「こないだ病院で何もないって言われたんやろ!

 私はちゃんと聞いたんやで!」






何と返事するのか、私は期待した。





「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」






この部分だけ無視された。



都合の悪い質問は、全く聞こえないのだ。






そして私の質問をスルーでかわした祖父は突然口を開いた。





「もう酷すぎて、

薬も効かんのじゃ!!!!」








ちっがーーーーーーーーーーーーーーーーーーーう!!!!!!!




何もないから薬効かんのじゃーーーーーー!!!!!





私は悟った。
もうこの人と、何も話すことはあるまい。

私は心の底から願った。
頼む、頼むからもう何も言わないでくれ。
その妄想で、私を苦しめないでくれ。


・・・・・私はその場から逃げた。







夜、この話を父と母にしたところ、毎朝「胃潰瘍が・・・」と
しつこく言ってるらしく、ついに母は言ったそうだ。

「お義父さん。
 大きい病院で何も異常ないって言われたとこでしょ?」



一緒に検査結果を聞きに行った母





すると祖父は、こんなことを言ったそうだ。








「あの病院の機械は

先が丸くなっとって、

あんなんじゃ胃の隅々まで見えん!!」








・・・・・・・って、

ええかげんにせぇーーーーーーーーーーーーーーーーー





ハァハァ




胃潰瘍になってる人間は、トンカツなんかモリモリ食べません

スリッパ 

2007年10月12日(金) 23時43分
姉の投稿

たった今のことだ。

すでに家中の電気を消された後だったが、
私は1階へ降りた。


普段、祖父の部屋の前にあるスリッパは1つ。
(祖父のスリッパ)

それが何故か、2つ並べてあった。


・・・ここで話の全てが見えただろう。

もう食べたやん!!! 

2007年10月11日(木) 16時11分
姉の投稿

昼も12時前、台所から料理のする音。

案外いい匂いもプ〜〜ンと2階の私の部屋まで。
そして食べ終わったのか、皿洗いの音。


私は直感で思った。

「祖父がお昼ご飯、食べたな。」


直感は当たっていたようで、仕事前の妹に
「さっきなんか料理してた?」と聞いてみたところ、
「いや、何もしてない」と。

やはりお昼ご飯を作って食べたのは、祖父だった。



そして1時過ぎ、私は妹のために1品作る為、台所へ。
作っていると、途中で妹も降りてきた。

人が居るとすぐに台所に来る祖父も、案の定台所へ来た。
そして信じられない一言を


「さぁ、そろそろご飯食べよう。」




・・・・・・・・・・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。




さっき食べてたやんっっ



私は思わず隣に立っていた妹の顔を見た。
思わず小さい声で「さっき食べたばっかりやのに・・・」と(-。-;)

驚きを隠せない私らの横で、
祖父はあたかも今初めてお昼ご飯を食べるかのような顔をしている。


「あぁ〜、お腹空いた。
 もう調子が悪くて、悪くて・・・・・・・・・・・・・。」



(姉の心の声)

だからさっき食べてたやん。
しかもあたかも朝から何も食べてない顔してるけど、
コンロの上に焼き飯作った後が、ちゃーんと残ってるよ・・・。
お皿も洗って、生ゴミも処理して、
何もなかった状態にできたつもりかも知れないけど、
お昼ご飯食べた形跡残ってますから
そこまでできるなら、十分元気じゃん。


そんなことをブツブツ思っていた私の横で、祖父は
「お腹空いた・・・調子悪くて、悪くて・・・。」と言いながらも、
どうやらカレーうどんを完食。


なんだか言葉が出ず、

「さっき自分で作ってご飯食べてたやん」


・・・・・とは言えなかった

本日初のカラミw 

2007年10月10日(水) 2時18分
妹の投稿

お初ですwでは早速w

うちの祖父は昔からよくお肉を食べていたので、今では「肉は好かん」
と、言っています。

なのですが・・・本日の夕食はスープ餃子w
台所に立って調理してると、視線が・・・
無言で凝視。そこで、話をしてみることに・・・。
 会話
妹「野菜たっぷりがいいんやろ
祖父「うん。でも、お肉も入れんにゃ美味しくないよ!!」

えっ

あれほど肉ばっかりで嫌やって言ってるお方が・・・
肉も入れないと駄目!?

それはないでしょう!?!!

妹「肉嫌なんちゃうの!?」
祖父「・・・・・・・・」

無言

そして、そのまま去る祖父w
都合のわるい時は基本聞こえていない振りをする・・・


勘弁してよ!!

と、まぁ他愛もない話でした。


そして、父を心配する余り、朝からずっっっと「入院せんにゃいけんのとちゃうか!?」
と、言い続けていますw

誰の話も聞いちゃいないよっ><

毎日一緒に居るお姉さんはすごいと思いますよ!!

こんな調子で書かせてもらいます☆

はき違えられた心配性 

2007年10月09日(火) 13時02分
姉の投稿

昨日の夜、私は突然の激しい体調不良に襲われた

ついにはお腹まで痛くなって1階のトイレへ駆け込んだ。
めまいを起こしていたので、フラフラと歩いたがばかりに、
さらには嘔吐。かなり吐いた(汚くてスミマセン

とにかく水を飲みたいと思い、台所へ。
立っているのが辛く、机にもたれかかって、
あまりの辛さに涙を流しながら、コップの水を飲んだ。
もうコップを持つ手さえ震えている。


泣きながら水を飲む私の元へ、横のソファに座る祖父がやってきた。

私は直感的に思った。
「珍しく心配をしてくれたか・・・・・もしくは、ろくでもないことだろう。」と。

直感は見事に当たった。



「妹(名前で)は今日仕事、9時までじゃろ?
 もう9時半なのにまだ帰って来ん。遅いんと違うか?」




・・・・・・・・・。

どうでもいい話だ・・・・・・勘弁してくれ。


「もうすぐ帰って来る」


声を出すのも辛いピーク状態だったので、声を振り絞って言った。



「もうすぐ帰って来るって・・・・もう仕事終わっとるのに、
 いつになったら帰って来るんじゃ!」




妹の仕事は8時まで。祖父は既にここで間違ってる。
しかも普段ならそんなすぐには帰って来れない。
体調の悪い私の方が、迎えに行った母と妹の帰りを待ちわびている。
(恐らく何かを食べに行ったんだろうと予測)


「もうすぐ帰って来る・・・・・」


何かとしつこいので、苦しいなりに声を出して言った。


ここで改めてはっきり言っておくが、
明らかに、どこの誰が見ても、私の体調は普通ではない。


嘔吐したのもすぐ近くなので知ってるはずだ。
しかし祖父は最後にこの言葉を残してソファへ戻った。



「帰って来んのが心配じゃ!」




・・・・・・・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。




目の前にいる

私の心配をしやがれーー




まだ9時半やし妹はもう20歳なのに、何が心配!?
母が仕事場まで迎えに行ってるのに、どこが心配!?
今目の前で体調崩してる私の心配をちょっとでもしてみろ、このやろぉ

イラッとして、さらに体調が悪くなった姉でした。

ガンだと思い込む妄想 

2007年10月08日(月) 14時20分
姉の投稿


祖父はちょっと体調が優れないと、すぐに言う台詞がある。


「わしゃ、ガンじゃ!!!」


かなりガンの末期的な様子をかもし出すかの勢いで、
「もう終わりだ」という雰囲気になって大きな声で連呼する。



しかしどう見ても、祖父は元気そうな状態。

私だけではない、誰が見ても元気そうなのだ。


「きっと胃ガンだ!!」と言い張るのだが、
20代の私たち姉妹が驚く量と回数、ご飯を食べている。

朝ご飯を2回、とか、お菓子をレンジの裏に隠していたりで、
おやつもちゃっかり食べている。
(しかし自分がモリモリ食べていることを隠す祖父)


間違いなくガン患者ではない食いっぷり。



それでも「わしゃ、ガンじゃ!」と言い張る。



改めて言うが、本当にどう見ても元気そうな状態だ。


毎日、家の中をグルグルと歩き回る。
運動らしい。
かなり颯爽としていて、とてもガンになっているとは思えない。

それでも「わしゃ、ガンじゃ!!」と・・・・・・五月蝿い。



あまりにしつこいので、病院へ連れて行く。


検査結果が出るまでは。。。
「ワシ、お粥がいい・・・」とお粥を食べる。
もちろん量は鍋一杯、ガンとは思えない量だ。
お肉も食べる祖父。


「もうおしまいじゃ・・・・・・
 わし、ばーさんより先に死ぬわ・・・・・・・・・・」



もう明日にも死にそうな形相で言う。


しつこく言うが、どう見ても祖父は元気そうな状態だ。



そんな弱々しい状態の祖父を見るうちに父は
「あれはもしかしたら本当に病気なんとちゃうか・・・・・・」
と、かなり心配をしていた。


だが普段の祖父を知っている私たちは思った。

「祖父の演技に騙されている!!!」

父の前では弱々しいカンジでアピっているが、
何度も言うように、普段の状態から見て大病とは思えない。




で、数日後検査結果が出た。

祖父の時間感覚、どんだけ〜! 

2007年10月07日(日) 1時12分
姉の投稿

祖父の時間感覚は、かなりおかしい。

高齢ということも多少関係しているかも知れないが、
【1分】という単位の感覚がおかしいとしか思えない



〜〜昨日のこと〜〜


祖父は薬が合わないから病院で薬を交換してもらいたいらしく、
仕事が休みの父に「病院に連れて行って」と頼んでたそう。

父の前ではいつも弱々しい振る舞いをする祖父は

「もう怖くて、連れてってくれんにゃぁ〜運転なんてできん・・・

などと、やたら細い声で父にアピっていた。
(しかし翌日、父が外出してる隙に自分で車を運転して
 近所のスーパーへ、元気に買い物しに行っていた・笑)
  ↑これもいつもの光景



そんなわけで、せっかちな父は聞いた。


父  「病院行くの?」

祖父  「いや、まだ早い・・・」



隣で娘の朝ご飯を用意していた私は、思わず吹き出してしまった。
なぜなら・・・・・・・・・・・・・・・・・・
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:姉 & 妹
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる
★姉&妹の共同blogです★

ちょっとボケの入った86歳の祖父との
日常を綴っています。
(ちなみに本ボケではないハズ)

★6人家族★

・祖父(86歳)
15年ほど前に脳梗塞になる。
ちょっとボケていて、薬を飲んだ直後
「薬飲んだっけ?」と言ったりするが、
記憶力が良く、人間観察を好む。
1日中ソファでテレビを見てるタイプ。
元気にしているのに、病院に行き
やたら検査を受けたがる。
「きっとわしゃガンじゃ!」と毎回言うが
もちろん検査結果は何もない。
そんな祖父だが、
病院にいる祖母に会いに車を運転し
毎日通う、可愛い部分もある。

・父(57歳)
会社員。
祖父の可愛い1人息子。
未だに子供扱いをされているらしく
親に「ちゃん」付けで名前を呼ばれる。
なかなか祖父に性格は似ている。
非常にせっかちだが、
家族といるのが好きな温かい人。

・母(55歳)
外国人。
小学校などで英語教師や通訳をする。
来日30年が経ち、日本語も上手い。
非常に陽気な性格でいて、気分屋。
怒りっぽいのにすぐに泣く。
子供好きで愛情深い人。

・姉(27歳)
1歳児の母。
離婚でシングルマザーになった。
基本的な性格は母に似ている。
天然で発言がかなりアホっぽい。
威勢はいいが、小心者。
美人で生真面目。

・妹(20歳)
公務員。
姉よりも1つ年上の彼氏がいる。
基本的な性格は姉同様母に似ている。
気分屋で気分に左右される。
(彼氏と喧嘩後のとばっちりが面倒)
面倒見が良く優しい。

・娘
姉の娘。
まだ悩みの少ない元気な1歳児。

---番外編---

・祖母(80歳)
足と腕の骨折で入院して以来、
築45年の家で車椅子生活ができず
病院横の老人ホームのような所で
2年ほどずっといてる。
一時期痴呆症でボケまくっていたが
現在はかなり普通。
昔はしっかり者の働き者だった。

・弟(25歳)
フリーター。
バンド活動をしながらカフェで働く。
1人暮らしをしていて、26歳までに
就職することを父と約束している。
お金にルーズな部分があるが、
根は優しく面白い。
2007年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像ヨシオ
» のっ・・・のび太!? (2008年10月19日)
アイコン画像タイラノ清盛
» のっ・・・のび太!? (2008年10月16日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» のっ・・・のび太!? (2008年10月10日)
アイコン画像猫男爵
» のっ・・・のび太!? (2008年10月08日)
アイコン画像りぃこ
» のっ・・・のび太!? (2008年10月03日)
アイコン画像ハム太郎
» のっ・・・のび太!? (2008年09月25日)
アイコン画像ikumi
» のっ・・・のび太!? (2008年09月22日)
アイコン画像えびふりゃー
» のっ・・・のび太!? (2008年09月18日)
アイコン画像MASA
» のっ・・・のび太!? (2008年09月16日)
アイコン画像佳奈美
» のっ・・・のび太!? (2008年02月19日)
Yapme!一覧
読者になる