女性男性型脱毛症(FAGA)、新薬治験モニター募集[インクロム株式会社]

May 09 [Mon], 2016, 10:12
女性にもあるAGA(男性型脱毛症)、男性と名が付いているのに・・・
不思議です。

AGA(男性型脱毛症)の原因は、男性ホルモンに影響されることが
大きいと言われています。

この男性ホルモンですが、女性も持っているらしいのです。
そのため、症例は少ないと思いますが、女性でも
AGA(男性型脱毛症)を発症してしまうらしいのです。

AGAのメカニズムですが、
血液中を流れる男性ホルモン(テストステロン)が毛根にある毛乳頭に入り込むと、
発毛を妨げます。

しかし、人にはこの男性ホルモンを受け入れるレセプター(受容体)を
持っている人と持っていない人がいることが分かっていて、
遺伝的にレセプター(受容体)を持っている人は、男性ホルモンを
受け入れてしまい、発毛を妨げられ、抜け毛や薄毛の要因となってしまいます。

理屈としては、この男性ホルモン(テストステロン)は女性も持っています。
しかし、若い女性は髪を育てる女性ホルモンの分泌が活発なため、
男性ホルモンの影響を受けにくい状態になっています。

ところが、加齢ととみに女性ホルモンの分泌が減ってくると
男性ホルモン(テストステロン)の影響を受ける可能性が出てきます。

AGA発症のメカニズムは男性も女性も同じなので、
レセプター(受容体)を持っていれば男性ホルモンを受け入れてしまい
AGAを発症することもあります。

女性ホルモンの減少を抑えることができれば、AGAの発症も
抑えることが可能だと思われます。

加齢以外に女性ホルモン減少の原因は、ストレスや過度のダイエット、
生活習慣の乱れなどが考えられます。

体も心も健康であれば、女性ホルモンの減少は抑えられるわけです。
そういう生活を目指したいものですね。

しかし、体や心にいくら気を使っていても加齢には勝てない部分も
あります。

もし、加齢とともに女性ホルモンが減少し、
女性男性型脱毛症(FAGA)を発症した場合は治療が必要かも
知れません。

ただ、頭髪の問題で病院を訪れるのは、周りの目が気になるし、
気が重いと言う人もいるかと思います。

そんな人に朗報です。治験モニターを募集している会社があります。
無料で、新薬を使えます。
謝礼ももらえて、社会貢献もできるという制度です。

中等度の男性型脱毛症を有する方、一度試されてみてはどうでしょうか?