緊張しないためには

December 04 [Fri], 2009, 8:25
緊張と上手に付き合うために大切なのはイメージトレーニングだそうです。
プロスポーツ選手なども行っているように、成功しているイメージを何度も頭にイメージします。それをすり込みます。

それだけでは上手くいかないことも多々あると思いますね。
そういった場合は、逆に力んでしまうのも有効だそうです。おへその少し下の腹筋の一番硬くなる場所の辺りに力をいれます。
そこは気を司るという丹田というツボそこに手を当て、意識を集中呼吸も落ち着くはずだそうです。

プレゼンやスピーチといった大勢の人の前で話す場合は、その話し方も重要だそうです。緊張に対しても十分に心構えをして、対策を練っておきたいものだそうです。
あがり症からの解放


話し方教室の選び方

December 03 [Thu], 2009, 9:26
話す上での注意や気持ちの持ち方などの講義も多くの教室で行われているでしょう。
それほど安くはない授業料を払って話し方教室に通うの実践と講義の両方から話し方について学べるよいのではないかと思いますね。

口コミなどで評判のいい教室などもありますよね。その教室が自分のレベルにあったところであるということを確認できるのは、やはり自分だけだそうです。
お勧めしてくれた人にとってはいい教室であっても、その先生が自分には合わないかもしれません。
下調べをします。ある程度よさそうな教室であったら見学などをしてから、話し方教室を選ぶことをお勧めします。
あがり症と対人恐怖症、どもりの克服は性格心理研究所


声を鍛えよう

December 02 [Wed], 2009, 8:03
ボイストレーニングにおいてまず重要なことは、腹式呼吸を身につけることだそうです。
リラックスをした状態で仰向けに寝て、おなかがゆっくりと上下するのを感じられるように呼吸を腹式呼吸を感じることができます。
最初は意識しなければできません。そのうち慣れてくると自然に行うことができるようになりますよね。

コミュニケーションにおいては「言葉」そのものよりも、「声」の大きさやトーンが影響力が大きいという研究結果もあるといいますね。
話す内容も重要だそうです。声のトーンや大きさといったものも上手に使い分けられるようになりたいものですね。
あがり症からの解放


話し方の品格

December 01 [Tue], 2009, 8:26
尊敬語や謙譲語といった敬語を使い分けることをはじめ、きちんとした日本語を使うことができるというのは大切なことだそうです。流行語をはじめ、仲間内や同じ世代でしか理解できない言葉というものも有りますよね。
プライベートでしたら問題は有りません。仕事の上では正しい日本語を使いたいものだそうです。

露骨な表現も避けた方がよいと思いますね。仕事上では「無理です」とか「できません」といった表現は好まれません。
「難しいです」など、断る場合でも言葉を選んで遠まわしに伝えた方がよいのではないでしょうか。

言葉尻をのばすとか、甘えた口調というのも、感じがよいものではありませんよね。
品のよい人になるというのは、一朝一夕には難しいことだと思いますね。
心がけなければ身にもつきませんので、品位のある話し方を気をつけるということからはじめてみてはいかがでしょうか。
あがり症とストレスの関係


上手な謝罪方法は?

November 30 [Mon], 2009, 7:45
お詫びは気持ちを込めるということだそうです。
同じ「申し訳ございません」という言葉言い方一つで心がこもってないと相手にとられてしまう場合もありますよね。
少し大きめの声で、はっきりと「申し訳ありませんでした」と気持ちを込めて伝えましょう。

謝罪は何よりも誠心誠意行うということが大切だそうです。
話し方の技術よりも、本当に申し訳ないという態度が相手に伝わることが重要となりますよね。
直後の謝罪は後日、改めて謝罪の言葉を伝えるなども随分と相手に与える印象が変わってきます。
トラブルを起こさないというのが最重要だそうです。起きてしまったからには、せめてその対応はきちんと行いたいものだそうです。
あがり症と克服


聞き上手のポイント

November 29 [Sun], 2009, 7:46
顔はこちらを見ているけど、視線が合わない。なんて様子何か違うことでも考えているのでは・・?と、相手は不安になりますよね。
相手の話をきちんと聞いてるということが、態度からも解ることが重要だと思いますね。

相槌も重要だそうです。
「はい」「そうですね」といった、ワンパターンな相槌だと、適当な返事と取られてしまいますのでそうならないようにしましょう。
うなずくといったリアクションも重要になりますよね。

人の話の腰を折るなんていうのは、もってのほかですね。

話し方を変え、上手なコミュニケーションをとれるようになりたいと思うのでしたら、話し方ばかりに囚われるのではないそうです。こういったポイントをおさえた聞き上手になりたいものだそうです。
あがり症と治療法


聞き上手になろう

November 28 [Sat], 2009, 7:50
聞き役に回るといっても、相手に丸投げしてしまっては、よっぽどおしゃべり好きな相手以外、なかなか話をしてくれません。
いくつかの話題はこちらから出すようにして、その中から相手の興味のあるポイントを探しましょう。
その興味のあるポイントを見つけることができれば、後は相手にお任せします。
上手に相槌を打つなど、きちんと聞いているというアピールさえできれば、相手は気分良く話をすることができ、あなたへの評価も上がるのだそうです。

話し方を研究して、自分が話し上手になることも大切なことだと思いますね。
聞いてもらうということに飢えている人も多く居ます。
口下手な人と聞き上手な人では、前に出るタイプではないということは同じなのに、周りから受ける評価は随分違いますよね。
話すことに重点を置く前に、一度、自分の聞く姿勢についても見直してみてはいかがでしょうか。
芸能人 松尾スズキ


ビジネス会話のタブー

November 27 [Fri], 2009, 6:56
野球など話題も避けた方がよいと思いますね。
WBCなどの代表戦であればよいのではないかと思いますね。そこから贔屓の球団の話などになって、延々と野球語りとなってしまうというのは好ましくありませんします。そもそも野球に全く興味がない人なのかもしれません。
ある程度、相手の好み等がわかった上であれば、親しくなるきっかけになるでしょうが、あまり好ましい話題ないと思いますね。

個人の主観が入る話題や正解のない話題は、その人の価値観には揉める原因ともなりますよね。好ましくありません。
ビジネスでの会話と、気の置けない友人との会話は別物話し方やその内容には充分に注意を払いたいものだそうです。
川越市心療内科


会話のタブー

November 26 [Thu], 2009, 7:33
否定から会話にはいるということだそうです。
何を言っても、相手の意見を認められないなんて人は、嫌われます。
たま相手と意見が違うといった場合であっても、「それは違うと思う」なんて、最初から相手の意見を否定してしまうのは感じが悪いものだそうです。
反対意見を述べる場合であっても、「そういう考えもあると思うけど・・・」と相手を認めた上で発言をした方が、自分の意見も受け入れられやすくなるのではないでしょうか。

話し方一つで受ける印象は随分と違いますよね。相手に嫌われずにコミュニケーションをはかるためにも、こういったことには充分気をつけたいものだそうです。
話し方


会話を続けるためには

November 25 [Wed], 2009, 8:04
相手の興味を引く話題を探すためとはいっても、質問攻めにするのはよくありません。
質問ばかりしていては、相手が不可解に感じてしまうこともありますよね。
そうならないよう、先に自分の考えをさりげなく述べた上で、相手がどう思っているかを聞くようにしましょう。

ニュースや天気の話題のみでは、時間を持たせるのが難しいと思う方もいらっしゃると思いますね。
そういった場合、やはり重要となるのは日ごろのネタ集めだそうです。

話し方の技術も大切だと思うかもしれません。自分から話題を提供できるようになろうという意識を持つことが話し上手への最初の一歩だと思いますね。
難しく考えずに、ちょっとしたネタ集めなどからはじめてみたいですね。
トラウマやあがり症などの克服を!


P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:アガリ屋
読者になる
2009年12月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31