NO MUSIC NO LIFE@2011-前編

December 21 [Wed], 2011, 18:15
嵐がオリコン年間首位をとったそうですねおめでとうございますそういえば、借りよう借りようと思ってかりてないなぁが職場の目と鼻の先にあるのですが、逆に近いせいでいでも行けると思って、後回しにしちゃうんですよね今年も色々な音楽との出逢いがあったはずだなと一年を振り返ってしみじみ覚えている範囲で、今年聴いた作品にいて書き留めておこうとおもいます今年発売に限らず、初めてきいた作品やはりこの一枚を抜きにして今年は語れません待望の5アルバム前作が楽曲、コンセプト、全体の流れ、アートワークとすべてが最高傑作だったので個人の感想です期待と不安が入り混じった中での購入でした。
今作曲少なかったし。
正直、第一印象はいまいちでした全部悪くない曲だけど、今まできいたアルバムにあったような感じで目新しさに欠けるなぁ。
前作越えはむりかなしかし、初回特典DDを見て、メンバーの楽曲に対する思い入れを聞いてから改めて聴いたら、すごくよかったです。
スムーズにそれぞれの楽曲の良さを受け入れられるようになったというか。
今までのよいところを残し、さまざまな経験をして、一回りもふたまわりも大きくなった、彼らの姿を見ることができた気がしますね。
ただ、個人的に大好きな路線の曲がなかったのが残念が近いのかなでもジャジーな感じじゃないしとくに好きな曲は、星の旅人かなぁDDのアキ様のご休憩、腹かかえて笑いました彼らがメジャーになったころ、私は系にはそこまで興味がありませんでした。
数年前から友達の影響でガゼット好きだったのですが、以前からネットでガゼットはディルのパクリという話を聞いていて、そんなに似ているのかと気になってはいました。
とりあえずベスト盤からと思ってを聴いたらなかなかよかったので、のちにもという流れです。
確かに雰囲気似ているかも、ファンじゃなければ、違いが分からないだろなーって感じ。
でもディルのほうがディープでコア、暗ーい印象が強いかな。
ガゼットはダークヘビーな曲でも、どこかキャッチーな感じがしましたね。
私的には初期のいかにも系らしい楽曲の方が好みでした。
予感が一番好きです。
ネットのレビュー見たら、ベストなんかよりオリジナルをビアンと百合の紋章きいてほしい、という意見が圧倒的に多かったのでこれ聴いてから知った今度初期のオリアルを聴いてみようと思います。
のアルバムに時々参加している徳永暁人氏の組んでいるスリーピースバンドが。
彼らが年にリリースしたオリジナルアルバムです。
さわやかなギターロックという感じで、とても聴きやすい。
ボーカルの人の声は稲葉さん福山さん÷2って感じです。
よくいえばキャッチー、悪く言えばどこかできいたような曲が多いですが、楽曲のバラエティに富んでいるし、はずれ曲もなく、最後まで飽きさせません。
ちなみに、系とは全く違う音楽性なのであしからず。
近年の作品も聴いてみたいのですが、こちら田舎ではなかなか取り扱いがなく、この頃の楽曲が一番良いという話もきいたので、ネットで探して買おうか迷い中。
化粧品のCMでブレイクする前に、たまたま彼女たちのプロモをネットでみたことがあって理由は忘れた。
その時きいたのはという曲いいなー、こういうのも私好きだなー、アルバムきいてみたいなと思ってました。
は個人的にイマイチだったので、アルバムレンタルするの迷ったのですが年中貸し出し中なのをみてそんなに人気なのかいい作品なのかと思い、たまたまあった時に思い切って借りてみました。
このアルバムには、の両方が収録されています感想たしかに声楽曲ともにいいのですがなんというか、バラエティに富みすぎていて、聴いていて疲れてしまいます。
前半のやわらかな雰囲気の流れはすごくよかったのですが、中盤からのパワフルしっとり聴かせる流れにいていけなくなってしまいました。
系統の曲があまり入ってなくて残念でした。
これ聴くならとか聴いたほうがいいかなー。
もちろん、彼女たちには彼女たちの良さがあると思うのですが。
ただ、アルバム曲のはすごく良かったこの曲に出逢えただけでも、聴いた価値はあったかと。
せないけど、どこかあたたかい気持ちになれる曲です。
ブックオフで安かったので、リュシフェルのオリアルと一緒に購入。
中学生の頃、シングルハルカの宣伝を見てかっこいい曲だなー、と思ったのを覚えてます。
でも、熱心なファンでもないアーティストのを買える金銭的余裕もなく、系にも興味がそんなになかったので、当時はファンになることもなかったです。
十うんねん振りに改めてフルでハルカ聴いたらやはりめちゃよかったあと、とかライブで生で聴いたらすごい盛り上がりそうというか暴れてみたいでも解散しちゃったんですよねでも、ぶっちゃけ他の曲はほぼ全て似たりよったりに聴こえてしまいましたね。
コンセプトアルバム的な意味ではよくできていると思います。
Λと一緒に購入。
まさかの初回限定とおぼしき年オリジナルカレンダーがいてきましたなんていうか今まで聴いたアーティストの中では、が一番近い感じかなー。
キャッチーでポップなんだけど、かっこいいロック的な。
Cの微熱のCって、チェリーって意味だと知ってちょっとうれしかった。
全9曲であっというまに終わってしまうのが残念。
かなり好みな感じで聴きやすいし、もっと長く聴いていたいなーって思わせる出来でした。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ag9wovkjpq
読者になる
2011年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ag9wovkjpq/index1_0.rdf