私の自慢は自分でネイルが出来ることです

August 14 [Thu], 2014, 8:51
私の自慢は手先が器用なので、わりとなんでも自分で出来てしまうことです。
ネイルはジェルネイルだとお店ですると安くて4000円前後で高ければ8000円ぐらいはします。
でも私はセルフでジェルネイルが出来るのでジェルのオフから付け替えまで自分でやってしまいます。
お店でプロにやってもらったようなクオリティーにはまだ程遠いですが、簡単なアートなら出来てしまいます。
ジェルネイルキットは今はとても安く1万円ぐらいで販売されているので、手先が器用な人は自分でやってみることもお勧めです。

家族みんなでリフレッシュ

June 12 [Thu], 2014, 14:35
最近梅雨で雨が続き、洗濯物もろくに乾かない日々が続いてました。
子供たちも雨なので家の中にこもりっきりで力を持て余している様子でした。
それがようやく晴れて暑くなったので嬉しかったです。
洗濯を一気に終わらせ、子供たちを外に連れ出し水遊びをしたりしました。
すると近所に住んでいる祖父母が孫の顔を見にやってきました。
子供たちは祖父母が大好きなので大喜び。
しかも近所のショッピングセンターに子供たちを連れて行ってくれるとのことなので、私としてはとてもラッキーでした。
騒がしい子供達から解放され、家の中でひと時のくつろぎタイムができました。
子供たちの方はというと、ショッピングセンターでカードゲームをやったり、プレイルームで遊ばせてもらったりお菓子を買ってもらったりとフルコースで楽しめたようで大満足で帰ってきました。
やはり祖父母といると口うるさく言われず、のびのびと遊べるのでとても楽しかったのでしょう。
祖父母も久々にかわいい孫と水入らずで遊べて楽しかったようです。
私も子供も祖父母もリフレッシュできた一日でした。
あ、でも仕事に行っているパパだけはリフレッシュしていませんね。

脱毛に関して、女性から見る男性の見た目と男性自身が考える見た目

April 27 [Sun], 2014, 23:34
男性でも人一倍毛深い人はたまにいますが、そのような人は場合によっては女性からからかわれたりすることもあるかもしれません。それがどうしてもいやというのであれば脱毛してもいいのではないかと思います。脱毛とまではいかなくても、自分の剛毛を嫌がって剃っている男性も私の知り合いの中にはおりました。しかし、基本的に人並みあるいは、それよりやや毛深いという程度では女性はそれほど男性の無駄毛を気にしないと思います。男性同士で毛深い人を見つけてからかったりするのかどうかは私自身は女性なのでわかりませんが。ただ、女性として、男性で女性のように自分の無駄毛を気にする人は、精神的にちょっと男らしくないかな、という印象を受けてしまいます。よほど神経質な男性でもない限り他人から自分の無駄毛がどのように見られているかということは気にしないように思いますので。それに女性でも無駄毛が濃くて悩んでいる人はたくさんおります。夏場などは女性はほとんどの場合自分の手足の無駄毛の処理をします。ですので、女性よりも無駄毛が薄い男性(元々薄い人ではなく、脱毛等の処理をして薄くしている男性)をみると女性側としてはますます自分の無駄毛を気にしなければならなくなってしまいそうな気がいたします。

やっぱり脱毛はエステでやってもらうに限りますね!

April 05 [Sat], 2014, 14:09
今までは脱毛するときは自宅で自分でやってたんです。変な格好とかしながら試行錯誤しながらですよ。でもこの前はじめて脱毛サロン 口コミで見つけた脱毛サロンへ行きはじめたんです。衝撃!やっぱり専門家は違いますね。すごく短い時間で施術をしてもらえるし、私の通おうかと思っている脱毛サロンは勧誘なんてしてきません。なんというか、快適な脱毛生活が始まった感じがします。今までなんでしなかったのかなって思えるくらい充実。イメージだったんでしょうかね。サロンに通おうと思って口コミを調べているうちに不安になってきて結局やめてしまうことが多かった気がします。次の予約も取りやすいし、かなり自分的には満足している感じがします。1回目だったのでワキの脱毛からしてもらいましたが、効果も自分でしたいたときに比べて全然違いますね。これって体験とかなら安いし試してみないとわからない感覚だと思います。考えているうちに体験脱毛!って感じですね。

働くと言う事の厳しさと喜びを考えています。

April 05 [Sat], 2014, 14:08
働く事とは不思議なものですね。生活の為に仕事をすると言うのもそうですし、しかし生活の為だけで割り切れるものでもありません。
働くことを生きがいにできたら幸せだと思います。しかし時には仕事をつらいと思うときもあるでしょう。やめたいと思うときもあるかもしれません。
さぼりたいと思う事もありました。だれでもそうだとは思います。仕事ってなんだろうって、ふと変な気持ちになってしまいます。
やりたことが仕事だったらいいかもしれませんが、殆どの人はやりたい事を仕事にできてはいない事でしょう。
私は、一度やりたいことを仕事にしてみたことがありましたが、やりたいことは仕事にしないほうがいいなと思いやめました。
そして、仕事は仕事と割り切って働き、やりたいことは仕事抜きで続けています。
これはあくまでも私の考え方ですから人によって答えは違ってくると思います。この頃ずっと考え続けてきた問題に一つの結論を見出すようになりました。
それとは、単純な考えですが、「つづける事に仕事の意味がある」という事です。なぜ?かは実際にはたらき続けて自分で発見するしかないと
思うので、言葉で細かく説明できません。続けるという事の神髄を極めた人だけが得られる悟りのようなものが必ずあるのではないかと思う様になりました。

ガンダムというアムロレイ

April 05 [Sat], 2014, 14:08
ガンダムの最初の作品にアムロレイという男が出てくるのだが皆さんよく知っているのだろうかどうか私は気になっている。アムロレイといえばアムロ行きまーすというセリフが一般ではよく知られていると思うがこれは作品では一回試合っていないのである。少し意外だっただろうが本当のことなのである。
そしてガンダムにはシャアアズなぶるという男も出てくる。こいつもまた有名なキャラクターなのであり、本当に憎い女たらしでマザコンでロリコンで変態で仮面をつけて素性を最後まで隠すという変態仮面なのである。
この二人どちらが有名なのか駅に出てアンケートを取りたいと思っているので、アンケート用紙を今作っているのだが、アムロとシャアのどの写真を使おうかと迷っている最中であり、どれを使えば一番いいのかを考えている。条件を平等にするにはまず画僧探しからとはよく言ったものではあるが皆さんはいかがお考えだろうか。
今からアンケートが楽しみである。

経済学の本を読んで感じたこと

March 30 [Sun], 2014, 14:38
少子化の要因を経済学から捉えようとする研究がおこなわれており、ライベンスタインの著「経済後進性と経済成長」では子供の効用を労働効用、年金効用、消費効用の3つあると考えた。この中で労働効用は経済発展で不要になり、社会保障制度の充実などから年金効用は不要となった。消費効用しか子供を持つ理由がなくなり少子化が生じると考えた。また経済学者のイースタリンは夫婦が子供を持つための条件として所得相対仮説を唱えている。これは過去の消費水準を要因として考える仮説である。よって人々は所得が減少しても消費を維持しようとする。これをラチェット効果 という。また人々は自分の所属してきた階層にふさわしい消費水準を維持しようという心理をもち、これをデモンストレーション効果 という。

外国人が日本での夢をつかむ

March 27 [Thu], 2014, 14:36
労働力人口を外国から輸入するということであろう。なかなか日本は踏み切れずにいるが海外には熱心な学生や働きたいと思っている人がいる。そのひとたちをゆうこうにかつようできれば、がいこくとにほんでwin-winの関係を気付くことができるであろう。これはこれからの日本の未来にとって考える必要がある。今現在では、諸外国から看護師の仕事を求めて日本に来ているが、評判がかなり良いといわれて言えるし、非常に熱心な若者が多いといわれて入れている。外国人を有効に扱うということはこれからの世界外交を見ていくうえでも非常に重要であるしなんといっても今後の日本の手目になってくれると信じています。がいこくじんよにほんへもっときてはたらこう!
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/ag7gy796w1/index1_0.rdf