約10分程度歩くと二重目へ

June 26 [Sun], 2016, 18:58
コース例1
    北ゲートから入山 → 北側登山道へ(スタートから350段ほどの階段なのでゆっくりと進む)
    → 木立の中を歩く(少しなだらかな「七曲り」) →  約15分前後で一重目へ。東大寺、
    興福寺五重塔などが眼下に映え、南側の春日山原始林は豊かな緑がひろがっています。
    (売店不定休) → 約10分程度歩くと二重目へ、高度40m程度上がるだけで東大寺が小さく、
    そして吉野連山や生駒山などが見えます。 → さらに10分程度歩くと山頂展望台へ到着です。
    (大和三山や葛城山、二上山なども案内図(銅製)で確認するのも良いでしょう)
    山頂には鶯塚古墳もあります。 → 下山は同コースを戻るか一重目少し上から南側登山道を下る。
    (イメージマップのカメラマークはお勧めのビューポイントです)

 コース例2(若草山+春日山遊歩道北コース) 
    春日山遊歩道(北部)をコース1の下山コースにする。(木陰なので気温が高い時はお勧めコース)
    常緑で年輪を重ねた巨木、老木が古を感じさます。また、紅葉の季節の彩りは格別です。
    小休憩には中水谷、月日亭休憩舎が春日山遊歩道北コース上にあります。
    山頂から山麓の南ゲートまで約45分前後です。

 コース例(山麓)
    時間に余裕が無い時や体力的に不安な時は、山麓(南北約300m、東西約100mの芝生の斜面)
    だけでもゆっくりした時を十分に楽しめます。
    南ゲートから上のフェンス際(100m位)まで登り、東大寺や鹿などを眺めても良いものです。

 コース例(一重目)
    南北ゲートから約10分〜15分(約600m)ほど上れば緑豊かな公園全景や周辺も一望。
    ベンチから眺める東大寺大仏殿も素晴らしいものです。
    また、五重塔や平城旧跡なども目に入ります。神山の御蓋山や春日山原始林は直ぐ横です。

 山頂展望台(三重目)   
    三つの笠(他の一重目、二重目)の一つである山頂からの眺望は遠く金剛山系や京都方向なども見え
    て低い山ながらも雄大な景色が拡がります。もちろん鹿たち(40〜50頭)の好む場所でもあります。
    史跡の「鶯塚古墳」の北東側にはレンゲツツジが季節になれば咲き誇ります。
    (お車での山頂展望台を見学された方は二重目(入山料必要)の眺望もお勧めです)

 二重目
    山頂から約7〜8分ほど下った二重目は三重目と違い東大寺大仏殿全景が明瞭になります。
    御蓋山や春日山原始林も泰然と常緑の顔を見せてくれています。
    ここは、東大寺大仏殿をバックに婚礼写真利用やロケのワンシーンの撮影場所でもあります。

 夜 景   
    山頂は新日本三大夜景のひとつです。お車で新若草山ドライブウェイ(有料)を通り山頂駐車場へ。
    展望台は駐車場からフットライトの灯りをもとに徒歩3〜4分です。
    古都奈良の素晴らしい夜景がお待ちしております。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:若草山
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/afrise20160619/index1_0.rdf