「阿闍梨餅」の満月

December 30 [Tue], 2014, 6:13
「阿闍梨餅」は、もちもちっとした食感が魅力でクセになりそうなお菓子です。

江戸末期の安政三年に創業されましたが、大正期に二代目当主が開発した「阿闍梨餅」で人気が出たそうです。
そして、明治時代には旧九條公爵御用達にもなった程の銘菓だったそうですが、実は戦後三十年近く生産が途絶えたそうです。
しかし、現在では、若主人が苦労の末に復元したそうで、曜日を限定して本店だけで販売しているそうです。
また「阿闍梨餅」という名前の由来は、高僧を意味した梵語を語源としていて、日本では、天台や真言などの僧位を表しているそうです。アテニアの評判

「阿闍梨餅」は、生地はもち米をベースにし氷砂糖や卵などの素材を練り合わせ、丹波大納言小豆の粒餡を包んで、焼いてある半生菓子です。
しっとりとした皮にあっさり風味の餡が調和した人気の一品です。
形は、中央部が盛り上がったており、比叡山で峰修業を行っている阿闍梨がかぶる網代笠を象った物で、阿闍梨が修行中に餅を食べて飢えに絶えたという話から考案されたそうです。
また、「阿闍梨餅」をそのまま食べても美味しいですが、阿闍梨餅を電子レンジで20・30秒程チンして食べると別のおいしさを味わえるそうです。

「阿闍梨餅」を開発した「満月」さんは、材料の味の質などは全く落とさずに、値段は上げないよう努めるというモットーがあるそうです。
その為「満月」さんは、現在は、阿闍梨餅、満月、棹物の京納言、最中だけしか製造しておらず、他にも生産の途絶えている菓子を1つずつ復活させる為に頑張っているそうです。
これが「阿闍梨餅」のような人気商品を出す秘訣かもしれませんね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:アテニアの評判
読者になる
2014年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/afrise20141223/index1_0.rdf