腸壁の粘膜と有害物質の接触も長くな

October 11 [Sat], 2014, 18:11
俗にお年寄りは便秘がち、といいますが、これはウエルシュ菌のために腸の老化がおこっ
ていることが原因です。
 しかし最近では、年齢が若くても食生活のバランスがわるかったりストレスが多いと、腸
内細菌のバランスがわるくなり、ウエルシュ菌がふえることがわかっています。
便秘になると、腹の中に有害物質が貯留する時間が長くなります。腸内に有害な物質が存
在すると、それを吸収することになり、また腸壁の粘膜と有害物質の接触も長くなり、発ガ
ン率が高くなるのです。アテニアの評判
 有害物質を吸収することにより肌あれをおこし、腸内に老廃物がたまることにより、やせ
ていてもおなかが出てみえたり、ガスがたまってウエストサイズがふえてしまったり、と便
秘は様々な症状をおこします。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:アテニアの評判
読者になる
2014年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/afrise20141011/index1_0.rdf