笹谷で加瀬竜哉

February 04 [Thu], 2016, 17:09
自分の配偶者を調査してもらったところ浮気が発覚したならば、別れるべきか否か決めかねますよね。それを避けるために、先に探偵事務所に依頼の電話をかけてしまわずに、よく考えておくことが賢明です。夫婦である以上、不貞行為がないというのが当然のことですから、不貞を働いたその相手に対して慰謝料を請求して結婚生活の解消をするのも一つの選択肢です。
探偵による浮気調査の結果、疑いようもない明確な証拠が手に入れば、慰謝料は配偶者と不倫相手双方に請求することもできます。心から信用のできない人間と一生を共にするのは精神的な負担は計り知れないものになるでしょうから、慰謝料を請求し、離婚する決断もありでしょう。それに、配偶者の浮気相手に慰謝料を請求したならば確実に別れさせることもできるはずです。
浮気の証拠を探偵による浮気調査で得ることができたとしても必ずしも「離婚した方がいい!」とは言い切れないのです。特にお子さんがいらっしゃる場合、旦那、妻の浮気が発覚したからといって離婚とは、そう簡単にすることができないものです。養育費を請求できたところで貰える額は少ないですし、支払わずに音信不通、なんてこともありますから、女手一つで子育てをするのはそう簡単なことではありません。それは男性の場合であっても同様で仕事を両立させることは簡単では無いでしょう。
浮気の確証を手に入れるには探偵に浮気調査をしてもらうことが最も確実な方法です。しかし、探偵に依頼するのは費用がかさむので、誰もが容易に依頼することのできるものではないでしょう。探偵に浮気調査を頼んだとしたら、必要となるお金はどのくらいになるのでしょう?探偵事務所ごとにも料金はまちまちなので、依頼する前には見積もりをお願いするのがよいでしょう。
探偵の浮気調査に支払う費用は「実費」と「時間給」の2つに分けることができます。実費には移動にかかる費用、証拠となる写真のフィルムや現像費などですが、張り込み時の食事代が加算される場合も少なくありません。時間給というのは、調査をした人数×調査をした時間で、費用を算出します。調査にかかる時間が短いほど支払い額も安くなります。
夫婦関係にある人の浮気を調べるのを探偵や調査員のようなプロに依頼する際は、普通は、調べる人が何人で、どのくらいの期間に渡って調査を行っていくのかを前もって相談します。探偵の時給の相場は、1万円以上ですから、浮気調査を行った期間が長期にわたれば支払う費用も高くなるのです。探偵事務所によっても、使う機器や調べていく人の才能には差があるため、口コミなども調査した方が良いかと思います。
探偵をお願いすると高くなるので、単純に、「じゃあ自分で尾行しよう」とする人がいるでしょう。テレビのドラマでは何気なく尾行してますけど、いざ、自分がしてみると相手に勘付かれずにつけるのは想像以上に難しいはずです。こちらの行動がバレてしまうと、相手は手を打つので、浮気の決定打を見逃してしまう可能性もあります。相手の行動を見逃さないためには、プロに浮気調査をお願いするべきです。
相手に気づかれないで浮気しているという客観的な証拠を掴むためには、必要となる機材や技術があります。浮気現場をせっかくカメラで撮影しても、顔が見分けられないような露出不足だと残念ながら証拠とは言えません。探偵なら浮気調査をする場合、非常にコンパクトなカメラを使って相手が知らない間にはっきり判別できる写真を撮ります。
ご主人の浮気相手の家などに乗り込んで行ってとんでもない修羅場になってしまうのは、小説やドラマでしばしば目にします。妻とその浮気相手がいるところへ夫が乗りこんだら、殺傷沙汰にまでなってしまう脚本もしばしば書かれます。浮気しているところを捕まえて問い詰めるのもやり方の1つでしょう。別れるつもりがあるならば、試してもいいと思います。
離婚を覚悟の上で、もらえる慰謝料が多い方が良いと考えるなら、思い切って浮気現場に踏み込むのも良いでしょう。その場合でも、自分だけで乗り込むというのは揉め事を大きくする可能性があるので、避けたいところです。信頼している人を連れて行けば、感情的に喧嘩になってしまう心配もないでしょう。心から信頼する人が一緒に行く都合が付かない場合には、探偵等に頼むことをお勧めします。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Saki
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/afreineno60cgr/index1_0.rdf