プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:パワブロ
読者になる
このブログでは、私が昔やっていた
アフィリエイトノウハウを暴露していきます。

以下のサイトも参考になるので、ぜひ見てください。

パワーブログ

特に、以下の無料レポートは必見です。

パワブロ流:2週間で人気ブログランキングで六冠を成し遂げた戦法
2012年09月
« 前の月    |    次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
Main | 2012年08月»
アンリミテッドアフィリエイトについて / 2012年09月21日(金)
これまでお話してきたとおり、
アフィリエイトは複雑ですが
一度軌道に乗せればかなり稼ぎやすくなります。

こういうのをレバレッジ効果と言い、
最初はいくら頑張っても稼げませんが、
その内頑張らなくても稼げるようになるのです。

そのために必要な作業が仕組みづくりなのですが、
これをとても詳しく説いてくれた教材があります。

なぜ仕組みづくりが必要なのかというと、
仕組みを作らなければいつまでも
労働型収入を抜け出せないからです。

毎日ブログとメルマガを書かないと稼げない。
必至でサテライトサイトを作ってSEOをしないと上位表示されない。
コメント回りとランキング攻略をしないとアクセスが集まらない。

これは最初の内は仕方がありません。
しかし、いつまでもそのまま続けるのでは駄目です。

最初は必至で頑張って作業をして稼ぎ、
後々は働かなくても稼げる構造を作らないといけません。

それをやることで初めて安定した稼ぎを得られるのです。

そうしなければ、あなたが夢見た
自由な生活はなかなか手に入りません。

必ず、仕組み化は視野に入れた上で作業をしてください。

そのために必要な教材にアンリミテッドアフィリエイトという
ものがあるのですが、これをかなり詳しくレビューしてくれた
サイトがあります。

これを見るだけでもアンリミテッドアフィリエイトの
必要性は分かるはずなので、ぜひ読んでみてください。

アンリミテッドアフィリエイト 口コミ

このページは必見です。

 
Posted at 13:24/ この記事のURL
コメント(0)
売れる商品の探し方4 / 2012年09月12日(水)
【世間の流れから想像する】

これもなかなか難しく、以前高速道路がETCで1000円になった時、アフィリエイターはETCを紹介するサイトを作り、月に200万円以上の収入を挙げたこともあったようです。つまり、国民の多くが関心を持っているニュースを見て、そこから何かアフィリエイト出来るものはないかと考えます。

少し前ですと鳥インフルエンザの影響でマスクが馬鹿売れしました。マスクなんて1件数十円〜数百円程度にしかならない安いプログラムですが、それでも1ヶ月で10万円前後のまとまった額にはなるようです。

最近は口蹄疫が流行りましたが、アフィリエイターはこういうところにも目を付け、何か売れるものはないか探したと言います。さすがに口蹄疫に関連した商品はなく、アフィリエイトは出来なかったみたいですが。

こういった世間の流れも、稼ぐ一つの方法ですね。

【まとめ】

アフィリエイトは「とある時期だけ爆発的に売れるもの」も扱うことが望ましい。

バストアップ・ダイエット系の商品はやはり夏に売れやすくなりますが、それ以外の季節でも安定して売れ続けるため「一年中売れるもの」と言えます。花粉症対策なんかは主に春、次点で秋くらいにしか売れませんね。
夏や冬に花粉症に悩む人もいるそうですが、少数であるためまとまった報酬は期待出来ません。

まずは一年中安定して売れるものでそれなりの額を稼ぎ、安心出来るようになったら一過性の商品も取り入れていくと言った感じで運用していくと、さらに稼ぎが伸びて効率的です。

しかし、世間の流れから売れる商品を考えることには慣れが必要で、俺も実は上手く想像力が働きません。よって、専らスタッフの言いなりになって特典を貰ってますwそれでもちゃんと稼げてるのでひとまず結果オーライと言うことで。

そんなわけで、爆発的に稼ぐにはやや難しいステップにも進む必要があります。
まあ最初の内は一年中売れるものを取り上げていって問題ないと思いますけどね。

では、次回軽くまとめをやってアフィリエイト記事は終わりにします。
今回の記事を読んでアフィリエイトに興味が出た方は、ぜひやってみてください。

 
Posted at 17:00/ この記事のURL
コメント(0)
売れる商品の探し方3 / 2012年09月11日(火)
【季節柄の商品を想像する・難しい】

季節柄の商品は、もう少し掘り下げていくとさらにいろいろ発見出来ます。
しかし、水面下で売れている商品はなかなかアフィリエイターが想像しづらいものでもありますし、思いも寄らない流れで人気の商品が出てくることもあります。

例えば、夏はウォーターサーバーとバイト系のプログラムが、冬は脱毛系のプログラムが売れやすいんです。

ウォーターサーバーと言う商品自体の知名度は低いんですが、俺が作ってみたところ結構なアクセスがあって金もだいぶ稼げました。冷たい水をいつでもすぐ飲めると言うのが魅力的なんだそうです。冬になったら、すぐお湯を出せるのでガス代の節約にもなります(ガス代>ウォーターサーバーの電気代)。

バイトは無料登録系のプログラムなので普通は稼ぎづらいんですが、ここはちょっと狙うところを変えます。「サイト名 レビュー」のように、すでにサイトを知っている人を狙うのではなく「短期バイト 検索」のように、良いサイトを探している人を狙うんです。

つまり、「夏休み中にちょっとバイトしたいなー」と考えている学生が、バイトを検索出来るサイトを探し、そこにアフィリエイトサイトを潜り込ませることになります。これも結構稼げるみたいなんですが、SEOが厳しいため俺は全く成果を挙げられませんでした^q^

冬に脱毛系が売れる理由ですが、これは夏とは実は正反対です。
夏は女性がムダ毛処理のために脱毛をしますが、冬は男性が髭脱毛をすることが主になります。

これはなぜかと言うと、
(1)冬は寒いので朝は出来るだけ布団に潜っていたい
(2)しかし剛毛な男性は髭剃りに時間がかかる
(3)そのために長い時間を取られ、朝は早起きする必要がある
(4)「いっそ脱毛してみようかな」と思い立つ
と言う流れが起こるからです。

こういった例はいろいろ見られ、夏になる前は肉体改造を夢見る男性が筋トレグッズやプロテインを買うようになりますし、秋は「読書の秋」に備えて視力回復グッズを買うようになります。

しかし、こういった流れは上記の「易しいバージョン」と比べて想像が難しく、普通にやっていたらまず思いつきません。

そこで、先人達の知識を借りることが重要になります。
幸い、俺が所属している塾ではスタッフからそういう耳より情報を提供してもらえるんです。

ただし、あまり広めすぎると駄目なので、何かしらの作業をやってくれた人に対する特典のような感じで配られます。全員にはさすがに配布出来ないようです。

もしその知識が借りられないなら、片っ端からいろんなジャンルでサイトを作り、1年やってみるのも良いでしょう。「この季節はこの商品がなぜかよく売れた。なぜだろう」と考えれば良いわけです。仮に「なぜ」が分からなくても、売れる商品のデータは採取出来たわけですから、その系列でサイトを増やしていけば備えは完璧。

アフィリエイトの場合、そういった「一時期しか売れない商品」も積極的に取り入れていくことが必要です。

 
Posted at 17:00/ この記事のURL
コメント(0)
売れる商品の探し方2 / 2012年09月10日(月)
【テレビや雑誌から情報を得る】

テレビで紹介されている商品があったら、それがASPに登録されていないか見ると効率的です。最近だとプロアクティブのCMがやたらめったら流されていますね。あれもASPに登録されていて、俺のサイトからもちょこちょこ売れています。

後は雑誌を見ると、最近人気の商品が書いてあったり、これからの季節役立つものが書いてあったり、様々な広告が載せられていたりします。それらも十分役立つでしょう。

ちなみに、藤井聡と言う方が販売している犬のしつけ教材があるんですが、これがわりと有名で、普段から無難に売れていきます。
その藤井さんが、先日とあるテレビ番組で「日本一のトップブリーダー」として紹介されたことがありました。その後どうなったかと言うと、俺のサイトには一気にアクセス数が増え、その月は通常の4倍もの売上を達成したんです。

これがテレビの威力で、本当に侮れないものがあります。
「犬がなつかない」「夜中に吼える」と言ったことも、深い悩みの一種なわけですね。
余裕があれば、こういった流れを把握しておいても良いでしょう。

【季節柄の商品を想像する・易しい】

春と言えば花粉症、よって花粉症対策の健康食品が売れやすいと言えます。花粉症対策用の商品はわりと売られており、サプリメントやケフィアなどは特に人気を集めています。

夏はダイエット・脱毛関係の商品がよく売れます。夏はどうしても肥満が目立ちますし、薄着をするのでムダ毛処理も大変なようです。あとは海やプールで水着を着る機会も出てきますからね。この辺りは女性専用の悩みなので俺にはよく分かりませんが、まあムダ毛処理も大変なんでしょう。

あとは日焼け対策の化粧品も売れますし、汗をかきやすいことから多汗症対策グッズや体臭対策グッズも売れます。

秋は育毛剤が売れやすくなります。
夏の間に受けた髪のダメージを癒すことが目的ですね。単純な発毛剤はもちろん、育毛シャンプーやヘアケア製品、白髪染めも売れやすいそうです。これからの季節は狙い目ですね。

冬は冷え性対策や乾燥肌対策など。
寒くて乾燥する季節ですから、その2つは非常に売れやすいと思います。

加えて、街中の広告やWeb広告なんかもチェックしておくと、ある程度季節柄の商品が分かるかもしれませんね。

 
Posted at 05:00/ この記事のURL
コメント(0)
売れる商品の探し方1 / 2012年09月09日(日)
今日と明日でアフィリエイト記事は終わりになります。

昨日まででアフィリエイトノウハウはほとんど紹介してしまいました。
俺がやっているのは、
(1)商品を選ぶ
(2)サイトを作る
(3)SEOをかける
(α)中古ドメインを探す
だけであり、他のことは基本的にやっていません。

つまり、この3ステップ+αだけで十分な収入を得られるんです。

今回は最初に戻り、
(1)商品を選ぶ
に改めて焦点を当ててみたいと思います。

マイミクさんからもコメントもらいましたが、商品を選ぶなら世の中の流れをある程度把握しておくことも必要です。何が売れているのか、何が人気なのかですね。

しかしこれは最初から完璧に把握することは不可能ですので、誰かの力を借りる必要があります。
これを一つずつ紹介していきましょう。

【商品の販売ページを参考にする】

まず「悩み系」を前提として、どんどん販売ページを見ていきます。大体は健康・美容系の商品になりますね。
例えば化粧品のサイトをどんどん見ていくと、「雑誌で紹介されました」「テレビで紹介されました」「楽天で1位になりました」「○○個売れました」「有名人の○○さんも愛用」など、いろんな権威付けがされています。

それらは商品を売る上でメリットになりますから、ほとんどの企業は販売ページにそう記載するはずです。そういったことが書かれていれば、少なくともその商品はある程度有名であり、売れていると言うことになります。そういったものをまずは優先的に選びましょう。

あるいは「やずや」「小林製薬」「サントリー」「ニッスイ」など、とにかく有名な企業の商品を片っ端から選ぶのも手です。

 
Posted at 17:00/ この記事のURL
コメント(0)
中古ドメインのメリットとは / 2012年09月09日(日)
中古ドメインのメリットは…

・すぐ上位表示される
・検索エンジンにクロールされるのが早い
・リンクの効果が高い

この3つに尽きます。
新規ドメインでは難しかった問題点を見事に克服しているんです。

ただし、中古ドメインを使っても全部のサイトが上位に表示されるわけではなく、中にはまるで稼げないサイトも出てきます。それがたとえ当たりドメインであったとしてもです。
が、その場合でも、他のサイトにリンクを送る、いわゆる「リンク専用サイト」として使うことが出来ます。

運用歴が高く、ある程度被リンクが集まっているサイトからのリンクは効果が高いので、他のサイトにリンクをしてあげれば、そのサイトが上位に上がりやすくなります。つまり、中古ドメインで作ったサイトは、無駄なく使っていけるんです。

アフィリエイトで稼ぐなら、この中古ドメインは必要と言えます。
デメリットは外れた時は金の無駄になることと、当たり外れに関わらずある程度の初期費用が必要になることです。
最終的には取り戻せるようになると思いますが。

 
Posted at 05:00/ この記事のURL
コメント(0)
中古ドメインが必要な理由 / 2012年09月08日(土)
中古ドメインと言うのは、簡単に言えば前に誰かが使っていたが、サイトを閉鎖させたり移転させたりして使わなくなったドメインのことです。要は、一度使って捨てられたドメインを言います。

一度閉鎖させられたサイトでも、どこかのサイトからリンクされていたり、登録型検索エンジンに登録されたままだったりと言うことはよくあります。
相互リンクであれば、リンク先に閉鎖をお知らせする人もいると思いますが、一方的なリンクだとそうはいきませんからね。そこを狙って閉鎖されたサイトを探していき、中古ドメインを取得します。

手動でやっていてはとてもじゃないですが中古ドメインなんて見つけられないので、塾ではそれを探すためのツールを提供しています。それを使って、すでに無効となったドメインを探していくんです。

この中古ドメインは、すでに運営歴があるので新規ドメインと違ってフィルタがかからず、すぐに上位表示されます。「長く運用されている」と言う条件も満たしていますし、何よりそのドメインに、すでに他のサイトからのリンクが入っているんです。
上手くいけば、Yahoo!やdmozに登録されているサイトからのリンクも張られているかもしれません。

こうして取得した中古ドメインは、上手くいけばサイトを作った数日後、一気に上位表示を達成出来ます。運用歴も被リンクも申し分ないわけですからね。後は継続的にリンクを増やしていけば、順位を下げられることもありません。

ただし、中古ドメインにも欠点があります。それは、当たり外れが大きいと言うこと。

前にも言った通り、検索エンジンにはサイトを採点する項目が200種類以上あり、中古ドメインで元々運営されていたサイトにも、点数は付けられています。その点数が低いと、中古ドメインは全く役に立ちません。最悪、インデックスすらされませんw

しかも、それが当たりか外れかは実際使ってみないと分からず、外れだったらお金を払って買った中古ドメインをそのまま捨てるハメになります。
当たりのドメインは感覚的には3〜4割程度です。当たりとも外れとも言えない微妙なドメインがさらに4割、残りの2〜3割が外れです。

この当たりのドメインにどんどんサイトを作っていき、微妙なドメインには当たりのドメインからリンクを入れていきます。そうすると微妙なドメインに被リンクが集まることでパワーが上がり、当たりドメインのように使えるようになります。

こうして稼いでいくのが、塾のノウハウです。

 
Posted at 17:00/ この記事のURL
コメント(0)
SEOの注意点 / 2012年09月07日(金)
しかし、場合によってはこの自作自演がバレて、一気にペナルティを科せられて圏外へと飛ばされてしまうこともあります。大抵は、少ないドメインの中に大量のサイトを作った場合に起こります。

少量のサイト同士がたくさんのリンクを貼り合っていると、自作自演が見破られやすいんです。よって、それがバレないよう、リンクを送る数には制限をつけて、ドメインも一つ二つじゃなく大量に取っていきます。俺は現在50個ほど取得済みです。

また、リンクを送るのはHTMLサイトばかりではなく、ブログや掲示板、登録型検索エンジン、ソーシャルブックマークなども交えていくと効果的です。塾ではこれらの中からブログと登録型検索エンジンを採用しています。

ブログも自分で何十個と作っていき、作ったサイトへとリンクを送ります。登録型検索エンジンは、自動でそれらに登録してくれるツールが塾から配られます。それらも、外的SEOを満たす上では重要です。

つまり、塾のノウハウ通りに実践していけば、内的SEOも外的SEOもほぼ自動的に満たせてしまうんです。

ところが、一つだけ致命的な問題が残ります。
それは、独自ドメインは最初の方は全く上位に表示されないと言うこと。

どうやら検索エンジン側で(GoogleもYahoo!も)独自のフィルタがかけられているらしく、新規で取得したドメインは短くて半年、長くて1年以上は上位に表示されません。

これでアフィリエイトサイトを作っていたのでは、上位に表示されるまで半年以上もかかり、それまでは全くの報酬無しになります。
また、新規で取得したドメインでは「長く運用されている」「Yahoo!やdmozに登録されているサイトからの被リンクがある」と言う条件もなかなか満たせませんし、被リンクが0の状態から始まるので、それを集めるのにも長い時間がかかります。

そこで、塾ではその新規ドメインの取得は採用せず、代わりに中古ドメインと言うものを使っています。
これはオールドドメインとも呼ばれているもので、最初から上位表示されて、長い運用歴があって、場合によってはYahoo!やdmoz登録サイトからのリンクも貰えると言う魔法のドメインです。

これについては説明すると長くなるため、また次回説明したいと思います。

 
Posted at 17:00/ この記事のURL
コメント(0)
自作自演リンクとは / 2012年09月07日(金)
さて、こんなところですが、正直に言ってアフィリエイトサイトが外的SEOを満たすのはほぼ不可能です。
商品を売る金稼ぎ目的のサイトに対し、たくさんの人が、一方的に、どんどんとリンクを送ってくれるわけがありません。

そこで、塾のノウハウではその外部からのリンクを全部自作自演でやります。
そのため、最初の時点で独自ドメインと有料サーバが必要になるんです。

塾でおすすめしているXREAでは、格安で合計999個のドメインを登録出来るサーバが借りられます。
ここでドメインを大量に取得していくんです。

http://www.abc.com/
http://www.def.com/
http://www.ghi.com/
http://www.jkl.com/
http://www.mno.com/
http://www.pqr.com/
http://www.stu.com/

と、いろんなドメインを一人で取って、それぞれのドメインから違うドメインへとリンクを送ります。ドメインが違えば、検索エンジンはそれを「別人が運営しているサイト」と思い込むので、外的SEOの手助けになるんです。

 
Posted at 05:00/ この記事のURL
コメント(0)
SEOのやり方 / 2012年09月06日(木)
まず内的SEOについて。
俺の入っている塾ではサイトを作るツールが提供されており、「正しいHTMLで作られている」「サイトが軽い」は自然と満たされます。サイトのボリュームの大きさについても、基本的に1つの独自ドメインの中にいくつかサイトを作っていくため、自然と満たされます。

更新頻度はなかなか満たすのが難しい項目です。何十何百と作っていくわけですから、いちいち更新してはいられません。

内部リンクと言うのは、例えばA、B、Cの3つのページがあった場合、AからBCに、BからACに、CからABにリンクが入っている状態です。
一つのページから他のページに自由に飛べれば、それだけ利用者にとっては使いやすくなるわけです。そこを検索エンジンは評価します。ここも、塾で提供しているツールを使えばすぐに満たせます。

外的SEOですが、ここは普通にやっていたら満たせません。
何しろ商品を売るためだけのアフィリエイトサイトですから、自分以外の誰かからリンクを貰おうとしても、リンクしたがる人はいないでしょう。
ちゃんと個人が運営しているサイトであれば、同じジャンルのサイトに相互リンクを申し込んだりも出来るのですが、アフィリエイトでそれをやるのは難しいと思います。

さらに、良いサイトはいろんな人の目に留まり、リンクされると言う理論から「定期的にリンクが増え続けている」と言うのも大きく評価されます。
これはかなり強い要素で、一度上位表示を達成したサイトでも、その後リンクが増えていかないと徐々に順位を落とされます。

「様々なサイトから被リンクを集めている」と言うのはそのままで、1つのサイトから100回リンクされても意味ないと言うことです。GoogleもYahoo!も、同じドメインからのリンクは2件までしか評価しません。
上位表示を狙うなら、たくさんの違うドメインから2件ずつリンクを貰っていくのが理想的です。

また、相互リンクよりは一方的にリンクされている方が良いし、リンクしてくれるサイトは長期間運営している方が良いとされています。
相互リンクは基本的にどちらかが申し込んでやるものですが、一方的なリンクは、本当に「管理人が良いと思ったサイト」に対して行われるものです。それを検索エンジンは評価します。

 
Posted at 17:00/ この記事のURL
コメント(0)
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ

| 前へ
 
Powered by yaplog!