イトイト

February 19 [Tue], 2013, 3:55
現代社会で生活する我らには、体の内側には人体に悪影響を及ぼすという化学物質が溜まり、更には自らの体内でも活性酸素が生産されていると言われている。
気になる目の下の弛みの解消策で最も効果が高いのは、顔のストレッチ体操でしょう。顔の表情筋は特に意識していないのに凝り固まったり、その時の精神状態に関わっていることがよくあるのです。
加齢印象を与えてしまう主な要因の一つが、歯の”蓄積クスミ”です。歯の表層には、目には見えないデコボコがあり、毎日の生活の中で黄ばんだ着色や煙草の脂などの汚れが蓄積しやすくなっています。
唇の両端、すなわち口角が下がっていると、お肌の弛みはじわじわとひどくなります。ニコニコと唇の両端を上げて笑顔になれば、弛みの予防にもなるし、何より見た目が素敵だと思います。
ドライ肌の因子である角質細胞間脂質と皮脂の量の衰えは、アトピー性皮膚炎などの遺伝子レベルの要素によるものと、老化現象や基礎化粧品や洗浄料による後天性の要素によるものに大別できます。
スカルプケアの主だった役目は健やかな髪を維持することだといえます。髪の毛に水分がなくまとまらなかったり抜け毛が目立ち始めるなど、多くの人が毛髪の悩みを持っているようです。
内臓矯正(軟部組織マニプレーション)とは周辺の筋肉や骨格が災いして位置が不安定になった臓器を本来収まっていたであろう場所に返して内臓の機能を高めるという手段です。
大根をこうしてこう!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:DADATA
読者になる
2013年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/afaafa445/index1_0.rdf