インプラント治療の成否を決めること

June 17 [Fri], 2016, 23:25
どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、他の治療が難しい患者さんに最適な治療方法になります。
周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラント治療を選択するという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。
インプラントは入れ歯に比べ、歯根がある分だけ噛み心地は自然で、食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。
一口にインプラント治療といっても、3つの段階に分けられます。
まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。
あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというプロセスをたどります。
人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、もちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。
インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。
ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントではしっかりと噛むことができ、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはインプラントにして良かった点の一つです。
隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。
人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほどしっかりした構造になっています。
たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。
最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に前よりも口臭が気になるといった変化がままあるようです。
義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。
これには、インプラントと隣の歯の間などに溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症しているという可能性もあるのです。
そのようなケースでは、放っておかずに診察を受けてください。
入れ歯では噛んだ感じがしない方や、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方に選択肢としてインプラント治療があります。
人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上に上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが周囲にもそれと気づかれにくく、自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。
何よりも見た目の自然さや快適な使用感を求められるなら、何といってもインプラントです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Ayane
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/af0de5tecnte5p/index1_0.rdf